千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2015年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

三浦綾子記念集会

11月6日(金)7日(土)の2日間、
三浦綾子読書会全国大会(東京)が行われ、
私も手話通訳として参加した。

6日(金)は、
10:30~1200 分科会
①文学講座体験 森下辰衛(読書会代表) 「『氷点』は聖書をどのように書いたか」
②朗読部門体験 中村啓子(読書会朗読部門講師) 「『氷点』の朗読」
③美術部門体験 青木記代美(読書会美術部門講師) 「『受胎告知』の聖画を解く」
13:30~15:30 三浦光世記念集会

 7日(土)は、
10:30~12:30 三浦綾子記念集会
14:00~16:00 演劇「したきりすずめのクリスマス」劇団ぶどうの木

 今回は、自分が手話通訳を担当した以外でも、
いろいろ興味深い内容のものがあり、有意義な時を持てた。
 三浦綾子読書会にも、また機会があったら、
参加して見たいと思った。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2015-11-16 09:21 | 手話 | Trackback | Comments(0)

CBCフェスタ2015

11月3日(火)文化の日、第1回CBC(中央聖書神学校)フェスタに行って来た。
私たちの教会からも、H姉妹が献身して、今年4月から学んでいる神学校だ。
ここが昨年、天に召されたI牧師先生やM子先生が学び、
息子さんのN先生もここを卒業して、今は授業で教えている
あの「駒込山の・・・・・」神学校なのだと思った。

オープンキャンパス形式から、今年は文化祭的なものも加えて、
「みんなの神学校」という形で関心をもってほしいという願いだと、
北野耕一校長のごあいさつにあった。

午前中は、4科目の授業があり
①キリスト教と文学 荻野倫夫先生
②クリスチャンの献身とは 藤井敬朗先生
③歴史から見る聖書 小泉智先生
④ゴスペル・ワークショップ 塩谷美和姉

11時~2時まで、フード&物販コーナーがあり、神学生達が売っていた。
外に設営されたテントで、焼き鳥・やきそば・フランクフルト・
たこ焼き・カレー・韓国風のり巻きのキンパや、
デザートにはトルコ風アイス等もあって、とても楽しかった。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2015-11-13 10:45 | 教会 | Trackback | Comments(0)
 著者:渡辺和子
 発行所:(株)幻冬社
 初版:2012年4月
 定価:952円+税

 先日10月30日に放送された“金スマスペシャル”と言うテレビ番組に、
ノートルダム清心女子大学の理事長である渡辺和子さんが出演されていた。

 1927年生まれで、88才になる渡辺和子さん。
お父さまは、二・二六事件で亡くなられた渡辺錠太郎氏。
 渡辺和子さんは、18才で受洗。
 29才でナミュール・ノートルダム修道女会に入会。

 アメリカへ留学ししたのち、
36才の若さでノートルダム清心女子大学の学長に就任。
 その後、50才の時にはうつ病を患う。
 マザー・テレサが来日した際には通訳を務めるなど多方面で活躍。
 著書も多数。

 100万部を超えるベストセラーとなった
この『置かれた場所で咲きなさい』と言う本は、
だいぶ前に読んで、感想を書こうと思いつつ、何となく書きそびれていた。

 聖書に基づいたお話が多く、確かに良いことが書かれているのだが、
個人的には、あまり心に残ることがなかったからだ。

 むしろ、ミーハーな私は、今回テレビに出演した渡辺和子さんが
金スマのMCを務めるスマップの中居正広くんを知らないと言っていたのが、
おもしろくて何だか印象に残った。
 
 あと、最初に渡辺和子さんの手を引いて入場してきた大竹しのぶさんの
お母さまがエステルさんというクリスチャンだったとかいう事を思い出した。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2015-11-11 10:53 | 読書 | Trackback | Comments(0)