千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 著者:やなせたかし
 発行所:(株) 白泉社
 初版:2007年9月
 定価:1,300円+税

 アンパンマンの作者として知られる作家やなせたかしさんが、
10月13日、94才で亡くなった。
 聖公会のクリスチャンだったそうだ。

 今年の夏の旅行で、私たちが家族で浜松に行った時に、
ちょうど、浜松美術館で開催されていた
「~忘れないで夢を~やなせたかしとアンパンマンのキセキ展」
というのを見たのを思い出した。

 画業60年、絵本「あんぱんまん」の出版から40年、
アニメ放映25年を記念して、
「アンパンマン」の絵本原画やアクリル画の大作など
たくさんの作品が展示されていた。

 展示を見て最後に、上の子が、お土産に本を1冊と絵はがきを買った。

 本の題名は、『人生いつしかたそがれて わずかに残るうすあかり』

 その本の中に、こんな詩があった。


   “願い”

  傷ついた人でなければ

  傷の痛さは解らない

  不幸でなければ

  幸福のことが解らない

  ぼくは骨身にしみて

  よく解ったから

  神様もうこのへんで

  かんべんです

e0123206_11543037.jpge0123206_11545970.jpg
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2013-10-29 11:58 | 読書 | Trackback | Comments(2)

第二礼拝

 このごろ教会では、毎月1回、午後に第二礼拝が開かれている。

 10月6日の日曜日、私は用事があって、
午前の礼拝に出席できなかった。
 それで、この第二礼拝というのに出てみた。

 ちょうど、上の子の職場の知り合いのS先生も参加された。
 若者の多い集会だったので、まず軽いアイスブレイクのゲームがあった。
 それから、讃美の歌を何曲か歌い、N先生のメッセージや、
A姉妹の献金のおすすめ、R姉妹の新曲披露などがあった。

 私は、礼拝の最初に話されたI君の証が心に残った。
 I君は、母子家庭で苦労して育った。
 お母さんは、いろいろな新興宗教に行っては、大変な思いをしていた。
 そんな中で気持ちの荒れていたI君は、中学の時に、
同級生のS君に誘われて教会に来てクリスチャンになった。

 そのI君が、まだ教会に来る前、何も知らない小学生の頃の出来事だった。
 いつものように、さびしい気持ちで歩いていると、ある教会の入口の所で、
「わたしの目には、あなたは高価で尊い。」(イザヤ書 43:4)
という聖句が目に入った。
 その意味は、よく分からなかったが、自分は尊いという言葉に、感動した。

 それから、小学校6年生になって、卒業式で“仰げば尊し♪”という歌を歌った。
 「あおげば~とうとし~・・・・・♪」と歌っている時、
ふと、「ん・・・・・?!・・・・・『とうとし~・・・?!』
この『尊し・・・・・』っていう言葉、知っているぞ!!」と思ったそうだ。

 この式典の、いつもとは違う、厳かな雰囲気、
何か敬うような感じ…これが尊いなんだ!!
 その時、まだキリスト教のことは何も知らなかったけれど、
すでに、神さまに出会っていたような気がするとのこと。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2013-10-09 10:25 | 教会 | Trackback | Comments(0)

初めての交通事故

 9月最初の日曜日、教会で朝いつものように、お昼に食べるカレーを温めていると、
上の子から携帯に電話があって「事故った・・・!!!」とのこと。
 突然のことで、初めての交通事故の経験だったし、頭がサーッとなった。 

 このごろ教会に来ている、中学生のAちゃんを迎えに行って、
駅の向こう側で、乗用車とぶつかったらしい。
 幸いに、双方とも、ケガはないようだ。

 とりあえず、上の子は、警察を呼んで現場検証をしてもらい、
 主人は会社で加入している自動車保険会社に連絡を取り、
私は教会のU姉妹に、代わりにAちゃんを迎えに行ってもらうように頼んだ。

 その日は、ちょうど浜松から下の子が大学に用事があって、車で帰って来る日で、
私が「事故った!」と言ったら、何人かの人が下の子かと思ったらしい。
 この日は、午後からの第二礼拝に、上の子の友人が来たりして、
いろいろとバタバタした一日だった。

 その2日ほど前に、教会のO姉妹も交通事故にあっていたそうだ。
 心配をかけるからと、知らせなかったらしいが、
自転車に乗っていて、通りに出て来た車にひかれたそうで、
骨折とかはなかったものの、打撲がひどく、日曜日には足を引きずって来られた。

 お仕事も休まざるを得ないので、水曜日の祈祷会にも出席されたが、
「このことを通して、主は私に何を示そうとしておられるのかと思う。」と
静かに語り、祈っておられた。

 あれから約一か月が過ぎた。
 これを機会に、我が家は、車を買い替えることになり、
17万km乗ったエスティマに代わって、
10月5日から、新しい車が来た。
 O姉妹も、だいぶお元気そうになられた。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2013-10-08 10:26 | 教会 | Trackback | Comments(0)

I先生の再入院

 今日から10月になった。

 台風が近づいているらしく、昨日までの秋晴れとは違い、
朝から雨模様のお天気だ。

 最近、教会の牧師I先生は、あまり体調が良くなくて、
何度か入・退院を繰り返されている。

 はじめは、いつも毎週3回通っている、
腎臓の人工透析が上手く行かなかったという話だったが、
実際は心臓の方に問題があったようだ。

 心臓の稼働率が悪いということで、
カテーテルの処置を行うことになった。
 前回は、9月2日~21日の入院だった。

 今週も、再び入院されて、10月3日に、
もう少し大きなカテーテルの処置を行う予定とのこと。

 その処置が無事に守られて、
また、お元気になられるようにお祈りしたい。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2013-10-01 11:32 | 教会 | Trackback | Comments(2)