千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2013年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『レインツリーの国』

 著者:有川 浩
 発行所:(株)新潮社
 初版:1999年7月
 定価:400円+税

 この本は、以前、F市でやっていた手話講座の応用課程で、
一緒に手話を勉強していたSさんが良い本だよと、
紹介してくれたので、読んでみた。


 「『中途失聴及び難聴の方を主人公に据えた恋愛物が書きたい』
という思いが形になったのが本書です。」
                    ・・・・・・・『レインツリーの国』の‘あとがき’より


 こういう小説をライトノベルと言うのかと思ったけど、
軽い感じの小説で、一気にサラッと読み終えた。

 読んでみて、若い聴覚障害者の女性の気持ちが、
少しだけ分かったような気がした。

 でも、分かったような気がしただけで、
実際のところ、本当は理解できてないのだろうナァ・・・・・とも思う。


 「でも人間というものは悲しいもので、こんなお話を書いたにも拘わらず、
書くためにいろんなことを調べて知ったにも拘わらず、
 それでも私は自転車のベルに気がついてくれない人に
苛立ってしまうことがあるのです。
 余裕がないと結局自分の都合を優先してしまうのです。

 分かったつもりで分かっていない、分かった振りしかできていない。
後からそんな自分を振り返るときの自己嫌悪といったらありません。
 しかし、何度でも自己嫌悪するしかないのだと思うようになりました。

 常に適切な振る舞いができないとしても、
 その度にそんな自分を思い知ることは無意味じゃない。
 そう信じるしかない。次から気をつけよう。
 何度でもそう思うしかない。」
                    ・・・・・・・『レインツリーの国』の‘あとがき’より
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2013-08-29 10:56 | 読書

浜松旅行

 8月8日(木)~11日(日)の3泊4日、主人と上の子の3人で、
この春、大学を卒業し、静岡県の浜松市に就職した下の子を訪問した。

 8月8日(木)朝9時・自宅出発→京葉道路→首都高→新東名→
(途中のPAで3回休憩。お盆の渋滞もあり、首都高を抜けるのに、
3時間位かかり、結局、合計9時間もかかった。)夕方6時到着ホテル・チェックイン→
浜松キリスト教会の祈祷会出席→喜多の湯で下の子と再会

 8月9日(金)10:00“うなぎパイファクトリー”見学ツアーに参加→
“浜松美術館”(やなせたかしとアンパンマンのキセキ展開催中)→“浜松城”見学→
“ホロホロ カフェ”(holoholo café)で昼食→“中田島砂丘”を散策→
“うな炭亭”でうな重と白焼き→和合の湯
e0123206_1674646.jpg
e0123206_1663156.jpg



















 8月10日(土)浜名湖遊覧船→三ヶ日駅の“グラニーズ”で昼食→“ぬくもりの森”→
下の子の自宅と勤務先・I先生の母校の浜松北高校を見学→餃子の“むつぎく”→
喜多の湯(甲子園の高校野球3日目・第4試合の仙台育英高校x浦和学院 
11-10の試合を見る)
e0123206_1683573.jpg
 8月11日(日)ホテル・チェックアウト→浜松キリスト教会の礼拝出席→
1時半出発→新東名→首都高→レインボーブリッジ(夜景がきれいだった)→
湾岸道路→夜7時半・自宅到着


 晴天が続き、土曜日には最高気温が40℃を超える暑い日々だったが、
久しぶりに家族が再会でき、良い旅行だった。

 I先生が小さい頃に、日曜学校に通っていたという、浜松キリスト教会も訪問できた。

 創立80年の教会だということで、
歴史を感じさせる、落ち着いた雰囲気の素敵な教会だった。
 新しい賛美も歌われていたが、聖歌も2~3曲あり、なつかしかった。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2013-08-16 16:30 | 家族

“ 晴れる家カフェ”

 先週の金曜日、たまたま上の子の仕事がお休みだったので、
松戸にある“晴れる家カフェ”という所に行って来た。
http://www.hareruya-café.com/

 オーガニックの玄米菜食カフェで、
クリスチャンのご夫婦が経営している。
 カフェにある窯で、陶器を作ったりもするそうだ。

 とっても健康によさそうな、ランチをいただいた。
 デザートに注文した豆腐のプリンも、
チーズケーキみたいでおいしかった。

 帰りがけに、私達もクリスチャンだと言うと、
「祝福がありますように・・・・・」と言って送り出してくれた。
 豊かな主の祝福がありそうな、うれしい気持ちになれた。

HARERUYA CAFE
晴れる家カフェ
千葉県松戸市松戸新田24-3-17
047-362-9159
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2013-08-01 09:05 | 家族