千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

M子先生のお見舞い

 昨年末に、J病院から千葉のがんセンターに転院されて、
緩和ケア病棟におられる牧師夫人のM子先生を、
昨日、教会のU姉妹と一緒にお見舞いに行った。

 広い病院内の一角にある緩和ケア病棟は、
とても静かで落ち着いた雰囲気だった。
 個室の窓からは、ちょっとした庭も見える。
 数日前に降った雪が、まだ少し白く残っていた。

 しばらくすると、病棟内にフルートの音が聞こえて来た。
談話室に、ボランティアの方が来て、演奏して下さるそうだ。
 もう、話をされるのも、苦しそうなM子先生だけれど、
それでも私達を見ると、うれしそうな顔をして下さった。

 ベットの脇で、ひと時を共に過ごし、お祈りして帰った。
 別れ際に、こちらをジッと見ておられた。
 たぶん、いつものM子先生のように、
「お祈りしていますよ。」と言っておられるようだった。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2012-01-28 14:58 | 教会

誕生日の通院

 先週の金曜日は、私の誕生日だった。
 多くの方々から、心あたたまるメールでのお祝いをいただき、
本当に感謝だった。

 この日は、ちょうど新年に入って、初めての通院日だったので、
東京の病院に行って、帰って一段落してからパソコンを開いたので、
お返事するのが、少し遅くなってしまった。

 中には、結婚する前に行っていた教会の姉妹が、
たまたま覚えていて携帯にメールを下さって、
病院へ向かう地下鉄の車内でお返事を打ったりした。

 病院での検査は、特に変化なく、いつも通り経過観察となった。
 今年のお正月に、久しぶりに会った、主人の二番目の兄が、
昨年60才になり還暦を迎えたと言っていたが、
私も、どちらかというと、それに近い年齢になってしまった。

 年々、喪中のはがきも増えるようになり、
昨年は、高校の同級生が、ご主人を亡くされた通知があった。
 また、私がK書店に採用される際にお世話になったY常務も、
先日奥様から、きれいな絵はがきをいただき、
実は、ご本人が、昨年の3・11の日に倒れて亡くなられたとのこと。
 何となく時の流れと、無常を感じる年の初めだった。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2012-01-14 12:39 | 家族

アウトレットパーク

 1月3日は、主人が予約してくれたレストランで、
お正月恒例の家族での食事会をした。

 12月の私達の25回目の結婚記念日と、上の子の誕生日と、
1月の私の誕生日を、同時にお祝いした。

 場所は、幕張にあるしゃぶしゃぶのお店。
 主人から、私と上の子にプレゼントがあった。

 その食事会の後、まだ行ったことがなかった
近くのアウトレットパークにちょっと寄って見た。
e0123206_16212470.jpg

 お正月のセールということもあってか、
どのお店も、たくさんの人で混雑していた。
e0123206_16215475.jpg

 何と、教会のN先生ご夫妻も、ちょうど同じ日に、
このアウトレットパークに来ていたそうだ。

 I兄弟、Oさん母子などと一緒に来られて、
奥様のY先生の京都のお父様へ、
誕生日のプレゼントを買われたとのこと。
e0123206_16221269.jpg

[PR]
by suzuran-no-nikki | 2012-01-05 16:24 | 家族

三が日もアッという間

 あけましておめでとうございます。
 
 昨年の大みそかは、夜の7時から教会で祈祷会があり、
一年を振り返って、祈りをささげた。

 元旦は、ちょうど日曜日だったので、教会で元旦礼拝。
その後、私の母に新年の挨拶をし、夜は家族で義母の家に行って、
久しぶりに、兄夫婦等と一緒にすき焼きを作って食べた。
 
 三が日もアッという間に終わり、今日から仕事始め。
 本年も、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2012-01-04 13:08 | 家族