千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2011年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

野田新首相

  「えっ?野田さん・・・・・?」
 街頭インタビューでは、そんな反応が多かった。
 私も、ちょっと驚いたが、以前から
わりと近くで見てきた人だったので、少しうれしかった。

 新首相になった野田さんは、千葉県出身で、
うちの子供達と同じ、N中学校の卒業生だ。
 N中→県立船橋高校→早稲田大学・政経学部→松下政経塾の1期生。

 毎日、JRの津田沼の駅前に立って、街頭演説をしていた。
 うちの主人も、その姿を通勤の途中で目にして、感心していた。

 29日に行われた民主党代表選の両院議員総会での演説が印象に残った。

 まず、「貧しい農家の末っ子同士の間に生まれた子どもが、私です。
選挙区が都市部なのにシティーボーイに見えないのは、
そのせいかも知れません。」といった生い立ちから始めた。

 初めて政治を意識したのは、昭和35年、
日本社会党の浅沼稲次郎委員長が日比谷公会堂で刺殺された時。
 母に理由を尋ねると「政治家って、命がけなのよ。」と言われたそうだ。
 その後、保育園に通っているときに、
アメリカのJ・Fケネディ大統領の暗殺のニュースもあった。

 学生時代は柔道部。
 読書家でもあり、時代小説が好きで、そこから政治の素養を学んだ。
 司馬遼太郎から「夢と志」を、
藤沢周平から下級武士の凛としたたたずまい「矜持」を、
山本周五郎から「人情」を学んだとのこと。血の通った政治。
 今の政治は、これらが足りない。

 
 相田みつをの言葉が好きだそうだ。
 「どじょうが、金魚のまねをしてもしょうがねえじゃん。」
 自分は、見ても分かるように、ルックスからしても、金魚にはなれない。
金魚ではなく、どじょうとして泥臭く、汗をかいて政治をする。
どじょうの政治をする。・・・・・と言っていた。

 私は、政治のことはよく分からないし、
いろいろな批判的な意見や、短命で終わるといった予測もある。
 でも今回、地元F市から初めて誕生した首相なので、
しばらくの間、できたら頑張ってもらいたいなあと思う。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-08-31 11:16 | 家族 | Trackback | Comments(2)

NYチームの帰国

 先日の日曜日の礼拝は、翌日NYへ帰る直前で、
D先生 が“Live in Victory”というタイトルで、
マタイ28章からメッセージをされた。

 昼食は1階会堂で、お別れの食事会が持たれた。
いつもながら、婦人会のおいしいご馳走や、
各種のケーキやフルーツなど盛りだくさんだった。

 途中、D先生のアフリカのケニヤでの宣教のようすなどを、
写真でいろいろ紹介して頂いた。

 また、やはり教会で支援活動をしている、
中米のハイチの写真では、もう地震から1年半以上たつのに、
被災者の多くが地面に直接のテントで、
食物も無く、不自由な生活をしている様子も見た。

 それと比べると、日本では、被災地をボランティアで訪れたが、
りっぱな仮設住宅がスピーディーに建設されていて、
とてもビックリしたと言う。

 深夜、羽田からNYへ帰国する予定だったが、
ハリケーンの影響で、出発が朝に伸びた。
 しかし、心配していたハリケーンは、
夜の間にNYを通過したようで、
みんな無事にNYに着いたとのこと。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-08-30 13:16 | 教会 | Trackback | Comments(0)
 ユース達のキラキラ・キャンプが終わって、
一日あけて、昨日から、うちの教会としては6回目の
被災地ボランティアのチームが、岩手に行っている。

 今回は、N先生とNYチームの5人と
教会からユースのY君、S君、Nちゃんと
あと途中からK先生をお乗せして、合計10人。

 NYチームは、ユース・キャンプの講師だったD先生のほか、
3度目の来日のM君、NYの教会のユース・リーダーのS君、
とても高校生には見えない大人っぽいJちゃんと、
ギターと歌の上手なAちゃん。

 今回の滞在は、短めで、
今日と明日の午前中にボランティアをして、
明日の夜には、帰って来る予定。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-08-25 10:10 | 教会 | Trackback | Comments(0)

新しいパソコン

 今週から、パソコンが新しくなった。
 前に、急にパソコンが動かなくなって、買い替えてから4年程たった。

 あの時は、バックアップも取っていなくて、
たまたまSさんがデータを救出して下さったが、
本当に慌ててしまった。

 今回は、少し早いかもしれないけれど、
このごろ突然固まったり、変な音がしたりしていたので、
大事をとって早めに新しいものに買い替えた。

 主人が新しいパソコンにデータを移してくれて、
さっそく使えるようになった。
 接続のスピードが速くなって、うれしい。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-08-24 11:39 | パソコン | Trackback | Comments(0)
 昨日行った美容院の美容師さんは、仲間と一緒に、
もう4回も自費で美容院の自分の休みを利用して、
被災地ボランティアに行っているそうだ。

 東日本大震災から5ヵ月が過ぎて、
テレビなどで名が知れているような場所は、
徐々に復興が進んでいるが、付近の小さな町や村は、まだ全然だと言う。

 避難所によっても、ずいぶん差があり、
プライベートな仕切りが設けられている所もあれば、
まったく仕切りが無いような所もあり、
無い所では円形脱毛症の人が多いそうだ。

 被災地での自殺者も増えていて、
特にローンをかかえた40代の人が多いとのこと。

 教会でも、キャンプが終わったあと、一日あけて、
24日~26日に、N先生達がNYチームと共に、
6回目の被災地ボランティアに行く予定だ。

 今回は、被災地の方々の心のケアが、少しでも出来たらと思う。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-08-20 10:57 | 教会 | Trackback | Comments(0)

キラキラ・キャンプ

 今年の夏の学生キャンプは、
8月19日(金)~22日(月)に長野で行われる。
 題して、キラキラ・キャンプ!

 いつもは、春夏の年2回ある学生キャンプが、
今年の春は、東日本大震災のため中止になり、
約一年ぶりのキャンプとなった。

 今年は、うちの教会が担当になっており、
何ヵ月も前から、祈りつつ、
みんなでテーマとみ言葉を選び、
準備を重ねて来た。

 今年のみ言葉は、以下の二つ:

   「起きよ。光を放て。
   あなたの光が来て、主の栄光があなたの上に輝いているからだ。
   見よ。やみが地をおおい、暗やみが諸国の民をおおっている。
   しかし、あなたの上には主が輝き、その栄光があなたの上に現われる。
   国々はあなたの光のうちに歩み、
   王たちはあなたの輝きに照らされて歩む。」 (イザヤ60:1~3)

   「イエスはまた彼らに語って言われた。
   『わたしは、世の光です。
   わたしに従う者は、決してやみの中を歩むことがなく、
   いのちの光を持つのです。』」       (ヨハネ8:12)

 このみ言葉に合った、テーマソングを作るのに1~2ヶ月。
e0123206_1545436.jpg

 チラシやしおりの作成も、なかなか手間のかかる作業だ。

パソコンで見ると、とってもキラキラした素敵なチラシの原稿も、
印刷するとなると、なかなかイメージどおりにならないらしく、
いろいろ大変だったようだ。
e0123206_1692121.jpg

 キャンプのしおりは、いつもは縦型だったが、
Nくんの発案で画期的な横型になった。

 事前に現地へ行って下見したり、打ち合わせをしたり、
参加教会への連絡や、横断幕の作成、バスの手配や会計帳の作成、
申込書の取りまとめ、部屋割り、タイムスケジュールの作成、
必要な物のリストアップや買出し等々・・・・・
 やらなければならないことは、数限りなくある。

 これらをN先生やリーダーのY君を中心に、
スタッフの一人一人が力を合わせて、作り上げた。

 夏の学生キャンプは、いよいよ明日から。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-08-18 15:41 | 教会 | Trackback | Comments(0)
 昨日は、夏の甲子園の高校野球で、地元の千葉県代表の習志野高校が
石川県の金沢高校に勝ち、24年ぶりのベスト8進出を決めた。

 この市立習志野高校は、うちの子ども達が通っていた
ミッション系の幼稚園の近くにある高校だ 。

 下の子が幼稚園の時に同級生だったTくんのお母さんは、
この習高の出身で、高校時代からお付き合いしていた人と結婚したと言っていた。
 いつも同じバス停から幼稚園バスに乗っていたRちゃんは、
大きくなって、この習高に進学し、吹奏楽部でがんばっていた。

 朝、テレビをつけると、ちょうど習高の試合をやっていた。

 しばらく見ていたが、部員が90人以上もいるという伝統のある習高は、
かなり余裕で勝てそうな雰囲気だったので、
何となく家事をしながら、気を抜いて見ていた。

 けれども、何があるか分からないのが、高校野球の面白いところで、
ふと目をやると、いつの間にか1-1の同点になっている。

 ちょっと心配しながら、用事があって出掛けて、
家に帰って来たら、2-1で競り勝って、
何とかベスト8に勝ち進んでいた 。

 準々決勝は、明日の第2試合で、
相手は西東京代表の日大三高の予定。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-08-17 09:20 | 子育て | Trackback | Comments(0)

D先生の5回目の来日

 8月5日に、D先生が、NYから5回目の来日をされた。
 8月19日~22日に行われる予定の、
教団のユース・キャンプの講師としての来日だ。

 8月5日~9日まで、湘南の教会に滞在され、
その後、10日~12日までが千葉 。
 先日の水曜日の祈祷会では、メッセージをして下さった。
 タイトルは“Devine Interruption”(神の介入)。

 今回のユース・キャンプに参加する、若者達ひとりひとりに、
神さまからの介入があるようにと祈っているとのこと。

 聖書の箇所は、ルカの1章から、
ザカリヤとエリサベツに子どもが与えられる場面。

 神さまの介入は、ある時は突然で、その内容も思いがけなく、
ビックリするようなことの場合がある。

 この高齢の夫婦にとっても、子どもが与えられることは、
もう不可能と思われ、とても信じられなかった。
 そのため、ザカリヤは子どもが生まれるまで口が利けなくなった。

 同じルカの1章に出てくる、ヨセフとマリアの場合も、
クリスマスで有名なイエス・キリストの受胎告知をされた時、
たいへん驚いた。

 しかし、ふたりとも、神さまの介入に立ち止まって、その心を備えた。
突然の介入によって、私達の人格が現されることがある。

 私達も、ひとりひとりが立ち止まり、神さまのみこころを知り、
それに従って行けるものでありたいと思わされた。

 D先生は、この後、S教会とT教会を訪れ、
8月19日から、ユースキャンプに参加される予定だ。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-08-16 14:00 | 教会 | Trackback | Comments(0)

上高地

 3日目は、上高地へ行った。
 マイカー規制のため、沢渡(さわんど)の駐車場で車を降りた。

 沢渡から上高地まで、バスで約1時間。
 片道なんと一人1,200円もする(!)

 終点の上高地で下車。
 河童橋近くの河童食堂で、昼食に岩魚そばを食べた。

 北アルプスの雄大な景色と、梓川の澄んだ冷たい水の流れ。
 多くの人達が、記念撮影をしている。
e0123206_1124834.jpg

 そこから、15分ほど歩いた所のウェストン碑は、上高地を愛した
イギリス人宣教師のW.ウェストン氏をかたどったものだそうだ。
e0123206_1135113.jpg

 河童橋から、大正池まで1時間半ほどをかけて
遊歩道の林間コースを散策する。
 山の天気は変わりやすく、途中でザァーッと雨にも降られた。
e0123206_1142389.jpg

 けれども、緑の木々に囲まれて、すがすがしい空気と
大自然の中で心がいやされる旅だった。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-08-10 11:06 | 家族 | Trackback | Comments(2)

犀川でのラフティング

 2日目は、北アルプスに源を発する犀川でのラフティング。
 ライフジャケットを付けてボートに乗り込む。
 リーダーは自称32才(実は19才!)のGくん。
 みんなで力を合わせて、ボートをこぐ。
 途中の岩場からジャンプしたりもした。

 川の流れは、意外に速い。
 ゴールの手前でボートが転覆!!
 みんな川に投げ出され、なぜか私だけ、ボートの下に閉じ込められる。
 子供達に助けられながら、何とか転覆したボートの下から脱出して、
ボートに戻ってホット一息ついた。
e0123206_925221.jpg

 午後は、朝のNHK連続テレビ小説“おひさま”の舞台になっている
安曇野に行き、大王わさび農場を見学した。
 水がきれいな所でしか育たないというわさびの農場が、大規模に広がっている。
 ここで昼食をとり、わさび丼やわさび蕎麦を食べた。
 食後のわさびソフトクリームは、ほんのりわさびの香りがして、
あまりからくはなかった。
e0123206_9255064.jpg

 そのあと、松本城を散策した。
 国宝に指定されている、黒いお城だ。
 最上階の6階の天守閣までの階段が、とても混んでいた。
e0123206_9261846.jpg

 お城の下で、主人の会社の同僚のMさんご一家とバッタリ出会った。
 Mさんご一家は、日曜日まで滞在されるそうだ。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-08-09 09:30 | 家族 | Trackback | Comments(0)