千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2011年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 日曜日に東京の教会に行った帰りに、若者達と4人で、
東船橋にあるラーメンの“かいざん”というお店に行って見た。

 ラーメンWalkerの全国アクセスランキングで第1位と
お店の前のポスターに書いてあり、
近くを通るたびに、気になっていたお店だった。

 夜7時前だったが、お店の前には長い行列が出来ている。
 駐車場は第1・第2合わせて10台分以上あったが、
そこも満車でしばらく待った。

 最初に食券を買って、30分ほど並んで待つと、
混んでいるのに、カウンター席をちゃんと4人分空けてくれた。

 注文した‘かいざんラーメン’は、とんこつなのに後味がスッキリしていて、
確かに美味しい。
 ラーメンの上にのった分厚いチャーシュウは、隣の席のお客さんが、
それだけをお土産に買って行くほど。

 ふと店の奥の方に、“奈良たまご”の段ボール箱があるのが目に入った。
 そして、目の前には「1個50円」で“奈良たまご”が販売されている。
 “奈良たまご”は、船取線沿いの馬込という所にあり、
無添加・高品質で有名なこだわりのたまごだ。

 手話の以前のコースでご一緒したSさんの実家でもある。
 思わず、4人分追加で注文した。
 お店の人が、「これは、東武デパートで1個70円で売ってるんですよ。」
とうれしそうに話してくれた。

 また、いつか機会があったら、食べに行きたいと思う。
e0123206_1165435.jpg

[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-06-22 11:08 | 手話

ルーマニア宣教

 先日の日曜日は、イースター(復活祭)から50日目の
ペンテコステ(聖霊降臨祭)の礼拝の日だった。

 はじめに、グレイス・シンガーズ(旧:聖歌隊)の特別賛美があった後、
ルーマニアの宣教師のK先生をお迎えして、お話を聞いた。

 冒頭で、「ルーマニアがどこにあるか分かる人は?」と尋ねられて、
手をあげたのは、ほんのチラホラだった。

 ハンガリー・ブルガリア・ウクライナなどと国境を接する
東ヨーロッパの国だ。
 その遠く寒い国での宣教の様子や、聖書からのお話を伺った。

 お昼は、会堂でカレーやケーキを食べながら、なごやかに歓談した。

 そして、写真で、ルーマニアの教会や、孤児院の働き、
書道や日本の歌などを通して日本文化を伝える様子などを紹介して頂いた。

 最後に、みんなが帰ってから、
残っていたユースと共に祈っても下さった。

 また、その時にさりげなく、
素晴らしいピアノ演奏と歌を披露された。

 N先生が、朝の礼拝の時に歌って頂けば良かったと、
とても残念がっていた。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-06-17 13:23 | 教会

母の退院

 おかげさまで、母が昨日やっと退院した。

 先月の、母の日の翌日に入院してから、ほぼ一ヶ月だった。

 最初は、2週間程度とのお話だったが、
実際に退院するには、このくらいかかるのは良くあることらしい。

 比較的リハビリを重点的にやってくれる病院なのだが、
だいぶ足腰が弱ってしまった感じがする。

 6月5日の90才の誕生日も、結局病院で過ごしてしまった。

 昨日、手話の講座に行ったら、同じように高齢の母が入院中だった、
他の二人のお友達も、先週と来週と相次いで退院とのこと。

 それぞれ、親の心配をしながら、何とか頑張って手話の勉強をしている。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-06-08 09:06 | 家族
 先週の金曜日は、3ヶ月毎の東京の病院での検診の日だった。

 ちょうど、前回の検診が、あの東日本大震災の日だった。

 帰り道、ここで電車が大きく揺れたとか、
この駅で8時間も停車して待ったとか、
この駅で降ろされ、徒歩で3時間も歩いて帰宅したとか、
その時のことを思い出した。

 今回は帰り道の途中で、以前に聞いたことのある、
東京駅にある聴覚障害者が働くお店の
“ラポート”というところに立ち寄って見た。

 イチゴを生クリームとお餅でくるんだ「雪苺娘(ユキイチゴ)」
というお菓子を販売している。

 耳の聞こえないスタッフが販売をしているので、
タッチパネルでの注文も出来る。

 抹茶味や桃味もあり、1個¥250で少し高いかな
とも思ったが、冷やして食べておいしかった。

e0123206_14162824.jpg

e0123206_14165816.jpg

e0123206_14172054.jpg

[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-06-07 14:19 | 手話
 N先生は、5月のゴールデンウィークに
教会の若者達を連れて岩手県の被災地に
ボランティア行ったのが3回目だった。

 そして、先週は教団の他教会の牧師先生や
兄弟姉妹達などを連れて、
4回目のボランティアに行って来た。

 また、来週は外国からカウンセラーの兄弟姉妹が来られるのを案内して、
これで5回目の被災地ボランティアに行くことになる。

 あの東日本大震災から、もうじき3ヶ月が過ぎようとしている。
 今度は、瓦礫の撤去といった作業より、
炊き出しなどを中心に行う予定とのこと。

 今回は、初めてI君も参加するとのことで、
もう何年かぶりになる 釜石のおじいちゃんとの
対面も実現しそうだ。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-06-02 09:19 | 教会
 5月17日から、平成23年度F市の手話通訳者養成講座がスタートし、
昨日はその3回目だった。

 2月21日に中級コースを終了し、4月23日に次ぎのコースの面接試験があり、
ドキドキしながら結果を待っていたが、何とか全員無事に合格。

 これから2年間の講座となるが、私達は第7期目になるそうだ。

 新しく入った人も含めて、合計で22名での開講となった。

 2年前の入門講座の時からずっと一緒に学んでいる仲間は、
いろいろな事情で、次ぎのコースには進まなかった人もあり、今は5人だけ。

 そのうちの二人の友達が、たまたま同じように、
現在いずれも高齢の母が入院している。
 
 3月には東日本大震災があったり、
それぞれに母の入院などもあって、正直言って、
手話どころではないという気持ちもあった。

 けれども、毎週火曜日だけは、何とか頑張って、
以前どおりに、手話の勉強を続けて行きたいと思っている。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-06-01 10:37 | 手話