千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー

<   2011年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 先日、教会に来ていたトム君が、下北沢に行ったと聞いて、
「私も、このごろ下北沢行くんだ。
マジックスパイシーっていうお店があるよね?」と言うと、
「マジックスパイスじゃないですか?
うちの近くにもあるんで・・・・・」と言われてしまった。

 調べてみたら、確かに“マジックスパイス”だった。
 そして、なるほど、トム君の実家の近くの札幌に本店がある。
 かなり有名な、スープカレーの専門店らしい。

 今日も、その近くに用事があったので、
“マジックスパイス”がどこだかチョッと見に行った。

 小田急線の下北沢駅を降りて、線路沿いに商店街の中を、
本多劇場のわきを通って、北沢タウンホールの方へ歩いて行く。
 やや広い道路を渡って、ちょっとした路地を入った所に、
真っ赤な“マジックスパイス”のお店があった。

 今日は、すごい行列だったので、また今度にすることにした。
 店内から、おいしそうなカレーの香りが漂っていた。

e0123206_20505862.jpg


e0123206_2052416.jpg
 

e0123206_9243089.jpg

[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-02-26 20:53 | 手話 | Trackback | Comments(2)
 今回のニューヨークの教会訪問で、N先生はユースの集会も含めると、
全部で5回ほど、英語でメッセージをされたとこと。

 どんなメッセージをされたのだろうと思っていたが、
2月6日(日)の日曜日の礼拝の様子を、ネットで聞くことができた。

 初めての英語でのメッセージだということだったが、
英語の上手なK姉妹も一緒に行っていたものの、結局それには頼らず、
メッセージすべてを自分の英語で話されたようだ。

 説教のタイトルは、“Let’s Play Good Background Music to the World”
(良いBGM=バック・グラウンド・ミュージックを奏でよう)だった。
 こちらの教会でも話されたことのあるメッセージだった。

 たとえば、同じ高速道路を車で走っていたとしてという例で、
N先生お得意のパワーポイントの映像が流れる。
 そのBGMによって、回りの風景の印象もずいぶん違って見える。

 流れる曲が、危機感のあるバック・トゥー・ザ・フューチャーであるか、
スターウォーズの暗い感じのダースベーダーのテーマ曲であるか、
あるいはディズニーランドの楽しい音楽であるか・・・・・などなど。

 私達の日々のBGMも、楽しく明るいものであるようにとのお話だった。

 たとえ、暗く困難な状況にあったとしても、ダビデ王が歌った詩篇のように、
私達は神さまを見上げて、良いBGMを奏でるものでありたい。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-02-23 08:45 | 教会 | Trackback | Comments(0)

手話の中級コース終了

 昨日は、手話の中級コースの最終回だった。
 昨年5月から始まったコース、全35回が無事終了した。
 長いと思った1年も、過ぎ去ってしまえばあっという間。

 一人一人、この1年間の感想や抱負を手話で語り、
後半は閉講式があった。
 市役所等からの来賓のご挨拶の後、修了証書の授与、
そして、受講生のうち3名の手話による発表もあった。

 この後、手話通訳者養成講座に進む人・ 手話サークルで活動する人・
また別の道に進む人などあって、 今後はいろいろだけど、
この手話講座で知り合った仲間は 大切にしたいと思った。

 最後に、お世話になった講師の先生方に、花束の贈呈をし、
みんな名残を惜しみながら帰った。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-02-22 13:39 | 手話 | Trackback | Comments(0)

ニューヨークの帰国報告

 昨日は、N先生が帰国されてから最初の日曜日だった。
 先に帰国したY君とI君は、
先週ニューヨークの報告をしてくれた。
 昨日は、上の子とH姉妹が、最初に立ち寄った
ハワイの教会の話等をした。

 その後、N先生がいろいろな写真と共に、
ニューヨークでの様子を紹介して下さった。
 ハワイの教会では、本番直前の舞台裏も案内してもらったそうで、
牧師のC先生と一緒のにこやかな写真もあった。

 ニューヨークでは、Y君の英語のショートメッセージ、
I君のオリジナルの歌と証し、
上の子と、H姉妹のサインダンスや証し、
これらを通訳してくれた、流暢な英語を話すK姉妹。

 このチームメンバーならではの、
素晴らしいミッション・トリップになったようだ。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-02-21 08:47 | 教会 | Trackback | Comments(0)

“手話旅ツアー”

 今通っている手話の中級コースも、月曜日で最終回ということで、
手話の自主勉強会のお友達と、昼食会をした。
 いつもの勉強のあと、近くのポトフというお店に行った。

 スープとサラダ、メインディッシュとデザート・コーヒーまで付いて
ランチは千円ほどでうれしい価格。
 中級コース終了のあと、みんなどうしようか等、
いろいろな話に花が咲いた中で、ある旅行社の企画した
“手話旅ツアー”というものの話題が出た。

 海外旅行を手話の出来る添乗員さんが案内してくれて、
参加者もろう者が多いようだ。
 その旅行社で、ご自分もろう者である社員さんが、
この“手話旅ツアー”を担当しているようなのだが、
お客様の人気も高く、評判も良いらしい。

 私達も、この旅行の添乗員をやろうとか、
みんなで旅行社を立ち上げようとか冗談を言って笑った。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-02-18 13:41 | 手話 | Trackback | Comments(0)
 昨日の祈祷会は、北海道の函館から、
N先生の神学校時代の1学年後輩にあたるという、
F先生ご夫妻が教会を訪問して下さった。

 F先生ご夫妻は、2月17日(木)~2月25日(金)の9日間、
中川健一先生の第50回記念“ハーベスト聖地旅行”の、
2011年春のイスラエル旅行に参加されるそうだ。

 成田空港からの出発に先立って、
比較的近くにある私達の教会を訪問して下さり、
水曜日の祈祷会でお話をして下さった。

 この“ハーベスト聖地旅行”は、
以前に“ハーベストタイム”というテレビ番組で見たことがあり、
いつか行ってみたいと思っていたが、もう50回目になるそうだ。

 2007年に私達夫婦も、イスラエル旅行に行くことが出来た。
 その時は、9月で、猛暑の中を見学して歩くのは大変だったが、
今頃はちょうど良い季節なのかもしれないと思う。

 ちなみに、F先生のお父さん牧師先生ご夫妻は、
N先生のお父さん牧師のI先生と神学校の同窓生だそうだ。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-02-17 13:05 | 教会 | Trackback | Comments(0)
 下の子が大学で参加しているKGK(キリスト者学生会)の
関東地区の責任主事をされている大嶋重徳さんが、
2月5日(土)と2月12日(土)の2回(各25分間)、
キリスト教放送局FEBCのラジオに出演された。

 FEBCの“コーヒーブレイク・インタビュー”というコーナー。
 お話は、まず一般的なKGKの活動紹介から始まり、
その後、ご自分がクリスチャンになったきかっけのお話もあった。

 中学1年生の時に、キャンプでクリスチャンになる信仰の決心をし、
はじめて家で父親に話をした時の心の葛藤。
 高校受験の頃の、母への反抗的な態度。

 大学で不思議に次々と道が開かれた祈り会や聖書研究会。
 その後、KGKの主事に導かれるまでのお話など。
 とても感動的で、また興味深いお話だった。

 FEBCのサイトはこちらから ↓
FEBC“コーヒーブレイク・インタビュー” 

 大嶋重徳主事のブログはこちらから ↓
KGK大嶋重徳主事の巡回日記    
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-02-16 13:06 | 教会 | Trackback | Comments(0)

NYから無事に帰国

 昨日の夕方、NYの教会を訪問していたユース達5人が無事に帰国した。
 N先生は用事があり、、あと数日間アメリカに滞在する予定。

  成田空港第一ターミナル
  国際線到着ロビー
  ニューヨーク発
  成田17:00
 ほぼ予定どおりの到着だった。

 すごく寒いと聞いていたNYから日本に帰って来て、
彼らの第一声は、「ニューヨークより寒い!!!」だった。

 この日は、関東地方でも、かなりの積雪があると天気予報が出されていて、
路面が滑りそうだったら、空港へ車で迎えに行くのも止めようか
と思っていたくらいだった。

 さいわい、みぞれ交じりで、それほど積もらなかったので、
何とか車で迎えに行くことが出来た。

 行きは3人だったけど、帰りは5人でスーツケースも大きいし、
荷物が乗るかどうかチョッと心配だったが、
Kちゃんのお父さんも迎えに来て下さったので、
車2台に分けて乗れたので助かった。

 みんな元気で、いろいろな思い出が出来たようだった。
 明日の日曜日から、お土産話を聞かせてもらうのが楽しみだ。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-02-12 14:18 | 教会 | Trackback | Comments(0)
 先日の日曜日の午後に、 『マザー・テレサ』のミニ上映会があった。
 なつかしいオリビア・ハッセーが主演。

 いつもは、ユース向けのイベントがある時間だが、
N先生やユースのリーダー達がNYに行っていて不在だったため、
ミニ映画上映をした。

 一人のシスターとしてインドの修道院にいたマザー・テレサが、
路上で看取る人もなく死んで行く人々を見て、そのために献身して行く姿。

 1979年にノーベル平和賞を受賞し、
 1997年に87歳で天に召されるまでの生涯を描いたもの。

 本格的な映画とは違う、小さなスクリーンだったけど、結構楽しめた。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-02-09 13:12 | 教会 | Trackback | Comments(0)
 今日から、ハワイに行っていたN先生達もNYに移動し、
先に到着しているI君やY君と合流する。

 最初は、NYに遊びに行くつもりだったみんなだけど、
教会でたくさんのイベントが用意されていた。

 金・土・日曜日と、いよいよ3日間連日での集会が始まる。

 今日は、ユースの集会で、I君がオリジナルの賛美を歌い、
Y君が英語で(!?)ショート・メッセージをする予定。

 明日は、ゲームやスポーツなどを含めた、ユースの特別集会。
 上の子とH姉妹が、素敵な衣裳を着て、歌やサインダンスを披露する。

 そして、日曜日は礼拝で、N先生が英語でメッセージをする予定だ。
 日本語でのメッセージは、毎週やっていて慣れているが、
英語でのメッセージはちょっと心配だと言っておられた。

 来週も、水曜日はユースのバイブル・スタディで、
金曜日は、ユースの集会で、N先生が英語でメッセージする。

 これらのスケジュールが、すべて守られ祝福されるように、
日本の地からお祈りしたい。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-02-04 07:56 | 教会 | Trackback | Comments(0)