千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

種蒔きと刈り入れ

 今朝、たまたま上の子が通りかかった時に、
もうずっと前から使っている祈りのカードを見られてしまった。

 以前、N先生が作って下さった祈りのリストに、名前を書き加えて、
もう古くてボロボロになって来てしまった。

 そこに2006年のクリスマス・ゴスペル・コンサートに来てくれた、
下の子の高校の友達3人の名前がある。

 先日、下の子が久しぶりに連絡をしたら、
そのうちの1人が、何とクリスチャンになっていたそうだ。

 今まで、祈り続けきたリストの中の1人だったので、うれしかった。
 大学1年の時に洗礼を受け、今は松戸の方の教会に通っていると言う。

 最近、ユース達は、千葉駅前の伝道とか、Grace Fastivalとか、
いろいろな種蒔きの活動をがんばっている。

 そうやってがんばっていると、何故だか分からないが、
種蒔きをした所とは違った別の所で、導かれて来る人がいたり、
信仰を持つ人が出て来たりする。
 前から思っていたことなのだが、不思議なことだ。

  「朝のうちにあなたの種を蒔け。夕方も手を放してはいけない。
  あなたは、あれか、これか、どこで成功するのか、知らないからだ。
  二つとも同じようにうまくいくかもわからない。」
                                   (伝道者の書 11:6)
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2010-09-30 10:23 | 教会 | Trackback | Comments(0)
『ローマ人の物語 文庫本 38・39・40』として

 著者:塩野七生
 発行所:(株)新潮社
 発行:2010年9月1日
 定価:上・中・下 各¥362.-(税別)

 先日の日曜日の朝の祈祷会は、MJ兄が司会の当番だった。
 以前は、こうした壮年の兄弟もよく司会に立ったのだが、
最近では久しぶりだった。

 いつもの賛美に入る前に、この発行されたばかりの
塩野七生著『ローマ人の物語 文庫本 38・39・40』の話があった。
 
 ずっと発行を待っていたのが、ついに出た。
 その名も、なんと『キリストの勝利』 !!!
 すぐに購入したが、仕事が忙しくて、いつ読めるか分からないとのこと。

 それを、聞いたうちの主人も、早速この3巻本を買って読んでいた。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2010-09-29 16:11 | 読書 | Trackback | Comments(0)
  しばらく前に、教会のシュシュ(ChouChou) という手話賛美のグループが、
“イエスが愛したように”いう曲を賛美した。

 この曲を礼拝で発表した日に、賛美を聞きに来てくれた近所の
Sちゃんと Rちゃんという2~3才の可愛いふたりの姉妹がいる。

 このふたりが、最後のところの「イエスの愛の中~♪」という部分を、
お家に帰ってから、仲良く並んで手話付きで歌ってくれていると言う。

 こんな風に、賛美が幼い心に響いてくれたことがうれしい。


  “イエスが愛したように”   作詞・作曲 長沢崇史

 イエスが愛したように 私たちも愛し合う
 その愛の中で 枝となる時 多くの実を結ぶ

 イエスが愛したように 私たちも愛し合う
 人が友のため 命を捨てるほどの 愛は無い

 共に支え合い 共に助け合う
 イエスの愛で

 共に祈り合い 共に笑い合う
 イエスの愛の中
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2010-09-22 06:30 | 教会 | Trackback | Comments(0)

マネとモネ

 下の子が2週間の農業インターンシップを終えて、昨晩無事に帰宅した。
 最初の1週間は、35度を越える猛暑と日照りで大変だったらしい。
 それでも、先日の台風以来やっと少し涼しくなったとのこと。

 逆に、雨の中の収穫作業もきつかったらしい。
 クーラーも無い部屋で、ゴキブリと戦いながら多くのことを学んで来たようだ。
 遠くは大分県など日本各地から集まった研修生たち、
中にはアメリカやシンガポールから来た人もいたそうだ。

 参加者の年令も20代~60代と幅広く、下の子は最年少だったらしいが、
 いろいろな人生経験の豊富な人達から話を聞けて、良い勉強になったようだ。
 何人かのクリスチャンの人にも出会えたとのことだった。

 その農場に飼われている山羊やニワトリ、犬や猫などがいて、
それぞれ名前が付いているそうだ。
 まだらの猫の名前がピカソで、その子猫達がマネとモネ。
 そこの社長さんが、もともと美術系の出身だからだとか・・・・・

 印象派の父マネと有名な睡蓮の絵を描いたモネ。
 そういえば、上の子が勉強している公務員試験の一般教養の問題の中には、
西洋の絵画についての、こんな問題もあったなあ・・・・・
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2010-09-18 10:44 | 家族 | Trackback | Comments(0)

公務員試験

 上の子が、ある公務員試験を受けるということで、
このところ毎日がんばって勉強をしている。

 今、我が家のトイレの壁には、
付和雷同・金科玉条・明鏡止水・暗中模索といった
いろいろな四字熟語を書いた紙が貼ってある。

 高校・短大と推薦で入学してしまって
受験勉強らしいものをして来なかったので、
合格出来るかはともかく、良い勉強の機会だと思う。

 一般教養では、西洋音楽や絵画の問題もあり、
その中には、聖書に関連があるものも数多い。

 たとえば、音楽ならヘンデルの『メサイア』、
ハイドンの『天地創造』、バッハの『マタイ受難曲』など。

 絵画なら、ミレーの『落穂拾い』など、
西洋文化にはキリスト教の影響があるのだなあと思う。

 そういえば、我が家には、何故か以前から、ミレーの『落穂拾い』の
大皿があって、サラダを盛ったりするのに使っている。
 
e0123206_13173475.jpg

[PR]
by suzuran-no-nikki | 2010-09-15 13:24 | 家族 | Trackback | Comments(0)

秋の恵み

10月2日(土)-3日(日) ユース主催で、
Grace Festival -秋の恵み- と題して、
2日間にわたって教会の秋のBIGイベントがある。

10月2日(土)14:00- Wiiパーティー
 超BIGスクリーンでWiiで遊ぶ。お菓子や賞品あり。

10月3日(日)
 11:00- ミュージック&ワーシップ
 12:30- オープン・サンドで昼食
 15:30- チバリーグ
 某人気TV番組○○リーグが体験できる、おもしろクイズ。


  昨日の雷雨はすごかった。
 ちょうど、手話の講習会が終わって、外に出たら稲光と大きな雷鳴が聞こえた。
 何とか急いで帰って、雨が降り出す前に家に着いた。

 でも、農家では、今年は雨が少なくて大変だったようなので、
この雨はよかったと思う。
 下の子が働かせてもらっている畑でも、秋の恵みを収穫する季節だ。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2010-09-14 10:18 | 教会 | Trackback | Comments(0)

指揮者の小澤征爾さん

 先日、久しぶりにTVで小澤征爾さんが指揮をする姿を拝見した。

 以前、母の入居しているホームに、時々ショートステイに来られる
90才を少し過ぎたO姉妹という品の良い老婦人がおられた。

 熱心なクリスチャンで、よく回りの方々に伝道していらした。
 
 その昔、中国に住んでおられたということで、
そこで教会の日曜学校の先生をしていたとのこと。
 その時に、小澤征爾さんを教えられたこともあったそうだ。         

 小さいころから、割り箸を持って指揮をしていたとか・・・・・
 そんな話をして下さったO姉妹も、もうすでに天に召された。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2010-09-11 11:25 | 家族 | Trackback | Comments(0)

手話の交流会

 先日の月曜日は、手話の講習会で初めての交流会だった。
 ろうあ者のゲスト4人をお迎えした。

 まず、その内のお二人から、手話による講演があった。
 その後、4つのグループに分かれて、ゲストを囲んで会話をした。

 ろうあ者のお話される手話表現には、その人その人の個性やくせがあり、
スピードも速くて、なかなか読み取るのが難しかった。

 いわば、手話のネイティブ・スピーカーなわけで、
英語を習っていて、初めて外人としゃべった時のような気分だった。

 私も言いたい事はあるのだが、知っている語彙が少なく表現できない。
 でも、ろうあ者の方々は、一生懸命こちらの言うことを理解しようとして下さる。

 交流会の終了後に挨拶をされた、いつも習っている先生の手話が、
何だかとてもハッキリして分かりやすく感じられた。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2010-09-10 09:25 | 手話 | Trackback | Comments(2)

嵐の中の祈祷会

 昨日の水曜祈祷会は、台風9号の影響で大雨の中だった。

 ちょうど千葉付近に最も近づいていた時間で、ザーザー降り。
祈祷会に行こうかどうしようか迷うくらいだったが、
その前のお掃除当番にも当たっていたので出かけることにした。

 駐車場を出た公園の所から、もうすでに水がたまっている。
 近所のおじさんが、心配そうにこっちを見ていた。

 途中は、なるべく裏道を避けて、大きい道路を通っていったが、
それでも低い所はかなり水が出ていて、車もソロソロと徐行運転だ。
 
 H姉妹がいた本千葉あたりでは、ひざ上まで水が来てしまって、
はいていた防水の素敵なブーツも役に立たなかったそうだ。

 電車も成田方面で、一部運休が出ていた。

 最近ではめずらしく、少ない人数での祈祷会になった。
N先生も言われたが、初期の2,3人だけだった祈祷会を思い出した。

 帰る頃には、雨もほとんど上がり、涼しい夜だった。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2010-09-09 06:59 | 教会 | Trackback | Comments(0)

農業インターンシップ

 先週の金曜日から、下の子が農業インターンシップということで、
千葉の田舎のある農家で働かせてもらっている。

 2週間ほどの間、住み込みで畑仕事をし、洗濯や料理も自分でやる。
 家では何もしていなかった子なので、ちゃんと出来るか心配だ。
 
 でも、いつか一人暮らしをしたいと言っていたから、
ちょうど良い経験をする機会かもしれない。

 自然が相手なので、雨が降らないと仕事が休みにならない。
 今年は、113年ぶりとかの記録的な猛暑続きで、
炎天下の農作業で、熱中症にならないかも不安だ。
 
 下の子の言葉を借りると、晴耕雨読だということで、
今日あたりは、台風9号の影響で、ようやく雨になったので、
たぶん久しぶりに仕事がお休みだと思う。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2010-09-08 10:35 | 家族 | Trackback | Comments(0)