千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 昨日は、久しぶりに教会で、すぐ裏に住んでいるYくんとRちゃんの姿を見かけた。

 すると、I牧師先生が、「アッ、あの子だったと思うんだけど、
このあいだ孫のIが階段から落ちて、頭を打ちそうになったんだ。

その時、サッとその下に手を入れて頭がぶつからないようにしてくれたんだよ。
あの時は、僕も上にいて、間に合わなかったし、ほんとうに助かったよ。」
というような事を言われた。

 そして、そのほかの時にも、何か感じておられたらしくて、
なかなか見どころのある子だと言った目で、Yくんを見ておられた。

 めったに人をほめないI先生だが、見るところは見ている。

 小学4年生のYくんの将来が楽しみだ。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2010-05-31 10:35 | 教会 | Trackback | Comments(0)
 昨日は、午後からフォローアップ・セミナーがあった。

 講師は東京にあるT教会のE牧師先生。
 ペンテコステ礼拝のこの日、多忙な中を都合して来て下さった。

 大学で心理学を勉強されたというE先生のお話もためになったが、
その後の質疑応答や、そのE先生ご自身の人柄が印象に残った。

 E先生は、みんなのことを良く覚えておられる。
 ご自分の教会の人々だけでも相当数おられるのに、
年に1~2回会うだけの他教会の人達のことも記憶している。

 お話の途中、E先生からの質問に、後ろの方から答えたU兄弟に、
「はい、そうですね。今のU兄弟は高校の先生ですね。」とひとこと。
 
 「子どもと言うものは、汚すものです。」と言ったら、
前方のR姉妹が大きくうなずいた。
 すると、「はい、幼稚園の先生、
フォローをありがとうございます。」とひとこと。

 I君があてられた時にも、「将来は、N先生のようになりますね。」
と嬉しいひとこと。

 最後の質問に婦人代表で立たれたM先生は、こんな思い出を話された。
 「以前、肝臓の手術をして、九死に一生を得たことがあった。
けれども、その時は精神的にもかなり落ち込んでいた。

 そんな時に、久しぶりにお会いしたE先生から、
『お会い出来てうれしいです。
そこにいて下さるだけで良いんです。』と言われ、
ああ、自分は生きていて良いんだと思った。」と。

 一人一人を気遣い、愛のある言葉をかけることの出来る
先生なのだなあと思った。

 最後の祈りをされたI先生も、教団の次世代指導者である
E先生を頼もしく見つめていたような気がする。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2010-05-24 23:26 | 教会 | Trackback | Comments(0)

“God Bless You”

 先日の母の日の礼拝の時に、CD付きのトラクト
“God Bless You”というのが配布された。
 それから、礼拝でも、この曲を歌うようになった。
 聞いている人達に、神さまの祝福が流れて来るような素敵な曲だ。

 “God Bless You”
  関根一夫・作詞    岩渕まこと・作曲
God bless you
神のみ恵みが 豊かにあなたの上に 注がれますように
あなたの心と体と すべてのいとなみが 守られささえられ
喜びあふれるように 私は祈ります
God bless you(x4)

God be with you
神のみ守りが いつでもあなたの上に 注がれますように
あなたがどこにいるとしても 何をするとしても
いつでも神様が 共におられますように 私は祈ります
God be with you (x4)

God bless you (x4)
e0123206_957671.jpg











e0123206_2121459.jpg

















 この曲は、作曲された岩渕まことさんが、ご自身の娘さんを
8歳で脳腫瘍で先に天に送っているため、CD、DVDの売上の一部は、
「財団法人 がんの子供を守る会」へ寄付するとのこと。

e0123206_21213816.jpg
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2010-05-22 21:35 | 教会 | Trackback | Comments(2)

風が優しい

 事情があって、近くのマンションに引っ越して、2週間が過ぎた。

 あっという間の引越しで、何だかいまだに実感が湧かないのだが、
生活は徐々に安定して来た。

 ここのマンションは2階に住んでいる。

 ベランダに干してある、洗濯物に当たる風が優しい。

 以前の家は、風が強くて、洗濯バサミでシッカリ留めておいても、
たまに風に飛ばされて、落ちてしまうことがあった。

 ここは何もしなくても、洗濯物が飛ばされることはない。

 おだやかな暖かい日差しの中で、風に心地良く揺れている。

 一戸建てよりも、かえって周囲も静かだし、
落ち着いた暮らしが出来そうな気がする。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2010-05-21 09:33 | 家族 | Trackback | Comments(2)
 ドキドキしながら待っていた手話の面接試験の結果が、
4月末に送られて来て、うれしいことに合格だった。

 入門・基礎コースを終了して、一緒に受験したみんなも合格。

 5月の第二月曜日の夜から、新しい中級コースがスタートした。

 メンバーの半分以上が、基礎コースからの持ち上がりなので、
顔なじみが多くて、気心が知れていてやりやすい。

 手話の学習のレベルはかなりアップして難しくなったが、
これから、来年の2月までの約1年間、
みんなと一緒に、楽しく勉強して行きたいと思う。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2010-05-17 18:58 | 手話 | Trackback | Comments(0)
 今年の5月9日(日)の母の日は、
いつも婦人達が順番で作っている昼食を、教会のユース達が作ってくれた。
e0123206_14144039.jpg
 
 だいぶ前に、I君から「母の日に何をもらったら、うれしいですか?」と質問されて、
「私だったら、いつも作っているお昼のカレーをユースたちに作ってもらったら、
うれしいなあ。」と答えたことがあった。

 でも、こんなに豪華なメニューになるとは、思ってもいなかった。

e0123206_1493266.jpg
 キーマカレー・から揚げ・親子丼・麻婆豆腐・ポテトチップのサラダの5種類、
さらにデザートには、手作りの抹茶のムースとコーヒーゼリーまであった。

 教会内の装飾も素晴らしく、一人一人にランチョンマットも敷かれていた。

 始めは「ユースなんかの作った料理が食えるのか!?
俺はカップ・ラーメンが良い!!」と言っていたU兄弟が、
ランチ終了後は、「来年も頼む!!」とユースたちに言っていたそうだ。

e0123206_14102174.jpg

[PR]
by suzuran-no-nikki | 2010-05-11 14:26 | 教会 | Trackback | Comments(0)

K兄弟の召天

 5月5日の夕方、先日の聖会をした教会のK兄弟が天に召された。

 2007年9月のイスラエル聖地旅行に参加した際に、
このK兄弟ご夫妻とは同じグループだった。

 その頃、すでに癌の宣告を受けていたK兄弟は班長で、
他のメンバーの誰よりも熱く、皆を引っ張って行ってくれた。

 真夏の炎天下のクムランやマサダも、先頭に立って歩き、
K兄弟が病気であることなど、少しも感じられなかった。
 
 7日に前夜式、8日に召天式が行われた。

 うちは主人が前夜式に出席した。
 イスラエル聖地旅行でご夫妻ふたりで仲良く写っている
写真も紹介されていたとのこと。

 K兄弟は、ご家庭の事情で祖母に育てられ、荒れた心が、
16才でクリスチャンになって変えられて、
それから結婚もして、良き夫、良き父として、
その54年の生涯を過ごされた。

 最後に、ご長男がご挨拶された中で、
「父は以前、『自分は、本当の親の愛を知らずに育ったので、
お前たちをどう愛せば良いかわからないんだ。』と言っていた。

でも、もし僕が将来いつか結婚して、子供を持ったとしたら、
父のような愛で子供達を育てたい。」
といった話をされていたそうだ。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2010-05-10 10:24 | 教会 | Trackback | Comments(2)
 今回の聖会のテーマは、『My Mission 輝きます!!』だった。

 そして、テーマソングのようにして歌われたのが
“This Little Light Of Mine (わたしは小さい灯)”。

 最初に、私はこの歌詞を見て、
「ああ、知ってる。知ってる。」と思った。

 だけど、私が知っていたのは、
ゴスペル・バージョンの“This Little Light Of Mine ”の方だった。

 歌詞は同じなのだが、何だかリズムが違う。

 でも、日本語の歌詞は、子供の賛美歌でも聞いたことがあり、すぐに一緒に歌えた。

 このテーマソングが、今でも私の心の中で響いている。


 “This Little Light Of Mine”
 
This little light of mine 
I‘m gonna let it shine. (x2)

Let it shine. (x3)


 “わたしは小さい灯”

1.わたしは小さい灯 光りましょう (x2)
光れ 光れ 光れ
2.悪魔が吹いても 光りましょう (x2)
光れ 光れ 光れ
3.かくれはしない 光りましょう (x2)
光れ 光れ 光れ
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2010-05-07 05:03 | ゴスペル | Trackback | Comments(0)

M姉妹の任職式

 五月の連休中の二日間、東京の教会で毎年恒例の聖会がある。

 今年は、その一日目に、M姉妹の任職式があった。

 M姉妹は、千葉グレイス・ゴスペル・クワイアーが、2004年5月に
第1回練習をスタートした時の初代ディレクターだった。

 いつもパワフルで、魂のこもったゴスペルを歌い、私達に熱心に指導してくれた。

 しばらく前に神学校を卒業され、このたび正式に、
教団の伝道師として任職された。

 誓約をして、他の牧師先生達からお祈りしてもらったあとで、
本人から一言ご挨拶があった。

 「このような所に立つ者ではない私が、こうして立たされている。・・・・・」と、
いつになく、静かに言葉をかみしめながら、話される姿に胸が熱くなった。

 後ろで、所属教会のN牧師先生が、うれしそうに微笑んでおられた。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2010-05-05 20:54 | 教会 | Trackback | Comments(0)
 今日、たまたま洗車で寄ったガソリンスタンドで、
待っている間に見ると、『ラーメンWalker』という雑誌が置いてあった。

 そういえば、2~3日前に、下の子が千葉中央駅近くの
“幸福軒” というラーメン屋さんに行って来たと言っていた。
 そして、そのお店は、『ラーメンWalker』にも載ったとのこと。

 この雑誌ではないかも知れないと思いつつ、
ページを開いてみると、ちょうどその“幸福軒”が載っている。

 九州とんこつラーメンで有名らしい。
 下の子の話では、クリスチャンの方がやっているお店だそうだ。
 今度、いつか行ってみたい。

店名:九州とんこつラーメン “幸福軒”
住所:千葉市中央区中央3-13-15
電話:043-225-5029
交通アクセス:   (京成)千葉中央駅より徒歩5分
営業時間:11:30~14:30、17:30~20:30、(土)11:30~14:30 ※スープがなくなり次第終了
休日:(日)(祝)
駐車場:なし(近隣にコインPあり)
平均予算:[昼]750円 [夜]750円
総席数:11席(カウンターのみ)
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2010-05-01 22:15 | 教会 | Trackback | Comments(2)