千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー

<   2009年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

鈴木留蔵兄の召天

  ギデオン協会に多額の献金をされるなど、大きな働きをされた
鈴木留蔵兄が1月26日に天に召されたそうだ。 98才だった。
 葬儀は、1月28日に近親者のみで行われたとのこと。

 うちの主人は、四国の単身赴任時代に通っていた高松の教会で、
このギデオン協会の働きに熱心な方がおられて、
誘われてギデオン協会に入会した。

 主人は今では、ほとんど名前だけの会員だが、
四国から千葉に戻ってきてすぐの頃に、
ギデオン協会のこちらの支部の集まりで、
鈴木留蔵兄のお宅に伺ったことがある。

 私は中に入ったことはなく、外から見ただけだが、
ご自宅はうちから車で10分位の所。
 JR津田沼駅の近くで、一見ごく普通の建設会社。
 うっかりすると通り過ぎてしまうような感じのお家だった。

 その時は、主人は確かサンドイッチか何かをご馳走になって帰って来た。
 私も、いつか天国でお会いできる日を、楽しみにしたい。

  「自分の宝は、天にたくわえなさい。
 そこでは、虫もさびもつかず、盗人が穴をあけて盗むこともありません。
 あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。」
                      (マタイ6:20~21)



 クリックしていただけると感謝です
      ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2009-01-31 09:45 | 教会 | Trackback | Comments(0)

F姉妹がホームを訪問

  教会のF姉妹が、月曜日に母のホームを訪問して下さった。
 母は、自分では電話することが出来ないので、
昨日ホームの母の所に行った時に、そのことを知った。

 F姉妹がホームを訪問して下さったのは、2年ぶり位だろうか?
 昨年の秋に、胆石の手術で入院されたりしたせいか、
「だいぶ、やせたねぇ・・・・・。」と母が言っていた。

 F姉妹は、教会が昔あった近くのクリーニング屋さんだ。
 以前は、多くの従業員さんの食事を一手に引き受けて、
お料理の腕を振るったりされて活躍しておられたそうだ。
 今は、家業のクリ―ニング屋さんは、もうご長男夫婦に任せて、
かわいい孫も生まれ、悠々自適の生活のようだ。

 教会が近くにあった頃には、自転車でサーッと来られたものだった。
 10年ほど前に、教会が千葉の方へ移転してからは、なかなか来られない。

 F姉妹の家で飼っている犬は、「イサク」という名前。
 教会で飼っていた「モコ」という犬の子供で、
 今の教会の飼い犬の「ココ」の兄弟。
 かなりのお年寄りの犬だ。


 クリックしていただけると感謝です
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2009-01-30 16:21 | 家族 | Trackback | Comments(0)

高校の卒業テスト終了

 今日で、下の子の高校の卒業テストが終了した。
 3年生の生徒は、この後は授業がなく、自宅学習になる。
 だから、もう3月の卒業式前日までは、高校に行くこともない。

 振り返って見ると、3年間の高校生活は、アッと言う間だった。
 高校の入学式で、10数年ぶりで、下の子の幼なじみのお母さんに出会って、
こんな所で再会するなんてとビックリした。

 昔、子ども達が同じ幼稚園に通っていて、家も近所だった。
 毎日同じバス停から幼稚園バスに乗っていたし、よく遊んでもらった。
 けれども、高校は親が行く機会も少なく、
その後は、1回も会わないで卒業式を迎えることになりそうだ。

 1年生の部活でやっていたバレーボールや、2年生の韓国への修学旅行、
3年生の文化祭でやった『座頭市』の劇などが、なつかしい思い出だ。

 3年間、学校の最寄り駅から、高校までは自転車で通っていた。
 その駐輪場も今月末までの契約ということで、
今日は学校から家まで、自転車に乗って帰って来た。 

 大きなトラックも走っている道路を、50分ほど飛ばして来たらしい。



クリックしていただけると感謝です
      ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2009-01-29 17:19 | 家族 | Trackback | Comments(0)

私のブログを本に

 ブログを本にしてくれるサービスがあるということで、
まず、日記を書き始めた2007年の記事を本にして見た。
 
 全部で140ページ余り。
 白黒の写真入りで、送料込み約¥2、500.-。

 こんなものでも、本になるとチョットうれしい。
  
 ブログの製本サービス
       ↓
 http://mybooks.jp/
e0123206_1114979.jpg

















 
e0123206_1114281.jpg


e0123206_11144648.jpg


 

クリックしていただけると感謝です
   ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2009-01-28 11:22 | 読書 | Trackback | Comments(0)
生声CD付き [対訳] オバマ演説集
CNN English Express編
価格:¥ 1,050 (税込)
朝日出版社     2008年11月  
  
現在、Amazonの本のベストセラー・ランキング第1位
http://www.asahipress.com/bookdetail_lang/9784255004518/

 ある方から、まだ出版されたばかりの『オバマ演説集』
(The Speeches of Barack Obama)という本を プレゼントしていただいた。
 今、ベストセラー・ランキングのトップだそうだ。

 [収録内容]
●CNNが伝えたバラク・オバマの半生
●2004年民主党大会基調演説「大いなる希望」(全文)
●ヒラリーとの激しい指名争いの中で(抄録)
●指名受諾演説「アメリカの約束」(抄録)
●勝利演説「アメリカに変化が訪れた」(抄録)

 英語と日本語の対訳付きなので分かりやすい。
 CDには、オバマ大統領の生の音声も収録されている。

 オバマ大統領の演説は、分かりやすく、
自分の生い立ちなどの、身近な体験や話題も含め感動的だ。
 その英語の口調も、リズミカルで力強い。

 まだ無名だったオバマ大統領を、一躍有名にしたという
2004年の民主党大会の基調演説が、特に良かった。

2004年民主党大会基調演説「大いなる希望」より:
「Well, I say to them tonight, there's not a liberal America
and a conservative America -
there's the United States of America.」

「リベラルなアメリカと保守なアメリカがあるのではない。
あるのは各州が一致団結したアメリカ(United States of America)、アメリカ合衆国だ。」



クリックしていただけると感謝です
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2009-01-25 22:45 | 読書 | Trackback | Comments(0)
 昨夜の祈祷会で、20日のアメリカ大統領就任式の時に、
リック・ウォレン師(RICK WARREN)が、お祈りをしたという話題が出た。

リック・ウォレン師は、サドルバック教会の牧師であり、
『人生を導く5つの目的』 (THE PURPOSE DRIVEN LIFE)の著者でもある。

こうした公式の席で、主への祈りがささげられ、
立てられた一国の指導者の上に、
主の導きを祈ることが出来るのは幸いだと思う。

Rick Warren Prayer At Inauguration

 


就任式の日、夜中の1時まで起きていたが、
結局寝てしまったという主人のために、
オバマ大統領の就任演説もYou Tube で検索して見た。

オバマ大統領 就任式 就任演説 





クリックしていただけると感謝です
      ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2009-01-22 10:43 | 教会 | Trackback | Comments(0)
Grace Singers (旧聖歌隊)が次に練習する曲が、この間の日曜日に発表された。
Casting Crowns の “WHO AM I”という曲だ。

いつも新しい曲の練習に入る前には、まずCDでその曲を聴いてみる。

「どこかで聴いたことのある曲だなぁ・・・・・」と、ずっと考えていた。

曲が終わって、リーダーのU兄弟から、
「この曲は、どこで歌ったものでしょう?」との質問があった。
そうだ!!クリスマス・コンサートの時にI君が歌った曲だった!!
後ろのほうのソファに座っていたI君が、ニヤッとして見ていた。

各自CDを持って帰って練習するのだが、
改めてジックリ聴いてみると、すごく心に響く良い曲だ。





“WHO AM I”
(Psalm 139/ Psalm 52/ Ephesians 2)
(Lyrics: Mark Hall/ Music: Casting Crowns)

歌詞:
Who am I, that the Lord of all the earth
Would care to know my name
Would care to feel my hurt
Who am I, that the Bright and Morning Star
Would choose to light the way
For my ever wandering heart

Not because of who I am
But because of what You’ve done
Not because of what I've done
But because of who You are

I am a flower quickly fading
Here today and gone tomorrow
A wave tossed in the ocean
A vapor in the wind
Still you hear me when I’m calling
Lord, You catch me when I’m falling
And You’ve told me who I am
I am Yours, I am Yours

Who am I, that the eyes that see my sin
Would look on me with love and watch me rise again
Who am I, that the voice that calmed the sea
Would call out through the rain
And calm the storm in me

I am Yours
Whom shall I fear,  Whom shall I fear
‘Cause I am Yours,  I am Yours


クリックしていただけると感謝です

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2009-01-21 17:30 | 教会 | Trackback | Comments(0)
 そろそろ、インフルエンザの流行する季節になった。

 上の子が勤めている幼稚園でも、
何人かインフルエンザで休んでいるとのこと。

 東京のある病院では、職員や患者さんの100人以上が感染して、
お年寄りが3人亡くなられたそうだ。

 我が家は、今年は家族4人とも、一応インフルエンザの
予防接種を受けたが、それでも、かかる人もいるらしい
ので、気を付けたい。

 上の子は、幼稚園児たちの卒園前の最後の発表会が控えているし、
下の子は、これから大学受験の本番試験がいくつかあるので、
みんな何とか元気で乗り切ってほしいと思う。

  「神はわれらの避け所、また力。
 苦しむとき、そこにある助け。」(詩篇46:1)
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2009-01-20 09:40 | 家族 | Trackback | Comments(0)
  昨日、センター試験の2日目が無事終了した。
 下の子が帰って来て、インターネットの速報で問題と回答が
出ているのを見て、自己採点をしていた。
 結果は、まあまあ、それなりに・・・・・

 そのわきに、一昨日、1日目の英語のリスニング試験で使用した
ICプレーヤーが家に持ち帰って置いてあったので、チョット聞いて見た。
 30分間のリスニング問題で、大体は二人の会話を聞いて、
4択の中から一つ回答を選ぶという形式だった。

 問題の中には、表になっているアメリカで人気があった
女の子の名前の10年毎のランキングを穴埋めする問題
などもあって、おもしろかった。
 うちの上の子の名前は、60年代のランキングのトップだった。

 TOEICのリスニング試験に似たような感じだなという印象を持った。
 チョット悔しかったけど、2~3問間違ってしまった。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2009-01-19 22:49 | 家族 | Trackback | Comments(0)
 いよいよ昨日、今日は、下の子のセンター試験の本番だ。
 幸い、千葉のあたりでは雪も降らず、まずまずのお天気。

 試験会場は、家から1時間以上かかる、チョット遠い大学だ。
 大学の200名くらい入る教室に、離れて座ったので100名くらい。

 あいうえお順で、我が家の名字は、日本にとても多い名字なので、
10人以上同じ名前の子が、並んで座っていたらしい。

 今朝の新聞に、センター試験の1日目の問題と回答が載っていたが、
見てみたら、結構難しそうだ。
 英語のリスニングテスト用のICプレーヤーも持ち帰って来たので、
後で聞いて見たい。

 今年、下の子の友達から来た年賀状に、
「ささえてくれた人への感謝を忘れずに・・・・・」と書いてあった。
 そんな気持ちで、これからも過ごしてほしいと願う。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2009-01-18 08:31 | 家族 | Trackback | Comments(2)