千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー

<   2008年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 10月28日(火)に放送された日本テレビの
“誰も知らない泣ける歌”に、ゴスペル歌手の
小坂忠さんが出演し、自らの「勝利者」という歌を歌っていた
という話が、この間の水曜日の祈祷会の時に出た。

 この「勝利者」という曲は、1984年のロサンゼルス・オリンピックの
女子マラソンで、アンデルセンという選手が、熱射病になって
真っ直ぐに走れなくなっても、走ることをあきらめなかったことに、
インスピレーションを受けて、1996年に出来たものだとのこと。

 小坂忠さんは、私が洗礼を受けてクリスチャンになった翌年位に、
お嬢さんのやけどという事故を通して、教会に導かれた。
 私の母教会と小坂さんの教会とは親交があったので、
ときどき一緒に聖会などにも参加させて頂いた。

 私の母教会の牧師だった、今は亡きA先生は、
最初の頃、ひげ面で一見怖そうだった小坂さんを、
「ああ見えても、心優しい男なんだよ。」という
ような事を言っておられた。
 小坂さんが、通われていた教会の牧師先生の後を継いで、
牧師になるなんて考えても見なかった。

 2000年のミレニアム記念のゴスペルクワイヤー
コンテストでは、ゲストと審査員で出演され、
やはりゲストとして壇上に上った亀渕友香さんと、
お互いに以前芸能界で顔見知りだったものの、
こうしてクリスチャンになって、芸能界でない場所で
再会したことを感激されていた。
 私の当時のゴスペルの先生だったY姉妹も、そのとき同じ壇上にいた。

 私が結婚してから通っている千葉の教会のほうにも、
伝道コンサートやワーシップ・セミナーなどで
何回か来て頂いたことがある。
 アットホームな教会で、なかなか帰りたくないナァと
いったことを言っておられた。

 そんな小坂さんも今年は還暦を迎えられ、
今や二人の可愛いお孫さんのおじいちゃんだ。

 でも、まだまだ人生のゴールに向けての最終章を
主にある新しい力を受けて、力強く走りつづけて頂きたいと思う。

You Tube “誰も知らない泣ける歌”
        ↓




クリックしていただけると感謝です

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-10-31 11:00 | 教会 | Trackback | Comments(4)

小学生の教会訪問

 先週、教会の裏に住んでいる小学生のY君が、
お友達を何人か連れて教会にやって来たそうだ。
 するとその後から、何とY君の小学校の先生も来られた!!

 授業の一環として、このH町探検というのをする予定で、
この付近にあるお店などを訪問するというもの。
 近く、教会を何グループかに分けて訪問し、
いろいろ質問などをしたいとのことだった。

 Y君は、小学校で「教会って楽しいんだよ!」
といつも言っているそうだ。
 また、賛美の歌なども歌っているようで、
何気に良い証しになっている感じだ。

 うちの近くの小学校でも、近所の神社を訪問したりするから、
そういうこともあっても良いのかもしれない。
 だが、日本の場合、お寺や神社には行っても、教会を訪問する
というのは、今まで、あまり無かったことのように思う。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-10-29 12:09 | 教会 | Trackback | Comments(0)
 昨日から、“Grace Singers”(旧:聖歌隊)でも、
クリスマスの練習が始まった。

 聖歌隊は、もともとは聖歌を歌っていたのだが、
何年か前に、指導者が変わって、
現代風の賛美の歌や、ロック調の曲も歌うようになって、
名称を“Grace Singers”と変更した。

  ☆今年のクリスマスには、以下の4曲を歌う予定☆
 ①みつばさの陰の中に(Still)
 ②In You We’re Living
 ③聖いお方
 ④うるわしい主イエスの御名

 昨日は、指導者のU兄弟が、勤務先の高校の修学旅行の引率で、
6日間オーストラリアへ行くということで、礼拝の途中から、
成田空港に向かわれた。
 そのため、代わりにN兄弟が、練習を導いてくれた。

 ひととおり、前にやった、これらの4曲を復習したのだが、
だいぶ前のもあって、なかなか思い出せない曲もあった。

 これから2ヶ月の間、クリスマスに向けて練習がんばろう!!
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-10-27 08:29 | 教会 | Trackback | Comments(2)
  私は、よく口ぐせで「すみません」といってしまうのだが、
うちの子に「そこを、『ありがとう』と言いかえた方がイイよ。」
と注意されたことがある。

 「すみません」は、どちらかというと、ネガティブな感覚のイメージ。
 「ありがとう」は、どちらかというと、ポジティブな感覚のイメージ。

 「すみません」という言葉には、何だか本当は自分でやりたいのだけど、
出来ないので、あなたの手を煩わせて申し訳ないという感じがする。
 どちらかいうと、自分に無いことを見ている。

 「ありがとう」という言葉は、相手がしてくれたことに対して、
その好意に対して、感謝する思いが感じられる。
 どちらかというと、相手に有ることを見ている。

 自分も、何かしてあげた時には、「すみません」と言われるよりは、
「ありがとう」と言われた方が、うれしいような気がする。

 ついつい、「すみません」と言ってしまうのだが、なるべく感謝なことを探して、
ポジティブな思考で、「ありがとう」を多く口に出来るようにしたいナァ。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-10-25 10:38 | その他 | Trackback | Comments(2)

F姉妹のお見舞い

  今日は、10月の初めから入院している、
教会のF姉妹のお見舞いに行って来た。
 胆石で、先週無事に手術も終わり、
明日には退院できるとのこと。

 F姉妹は、以前に教会があった場所の近くのクリーニング屋さん。
 20年近く前に、義母のところで一緒に華道を習っていたことがある。
 先日は、少し秋らしい色合いの花かごを持って行った。
 その花かごの中で、「この吾亦紅(われもこう)が好きなのよ。」と言われた。

 F姉妹は、今回の入院を通して、自分はいろいろな人に支えられて、
神さまに生かされている存在なのだということが分かったとのこと。
 また、病気の人や、弱い立場にある人達の気持ちも
よく分かるようになったと言っておられた。

 教会が引っ越して遠くなってから、なかなか教会に来られていないが、
またお元気になって教会に来られるといいな。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-10-23 18:12 | 教会 | Trackback | Comments(3)
 10月13日(月)に、世界17ヶ国を回る、若者向けの伝道イベント
の日本での大会“Passion World Tour Tokyo 2008”が、
渋谷公会堂(C.C.Lemon ホール)にて開催された。

 うちの教会からも、N先生とユース数名が参加した。
 開演1時間前の開場時間の、さらに30分前に、会場に到着したが、
すでに多勢の人が会場に集まっていたそうだ。
 頑張って、2階の最前列の席を確保。

 ルイ・ギグリオ(Louie Giglio)師の熱いメッセージと、
マット・レッドマン(Matt Redman)、クリス・トムリン(Chris Tomlin) などの素晴らしい賛美。
 夕方の5時の開演から夜の9時まで、 約4時間があっという間だったとのこと。

 しばらくたって、ネットでこの“Passion World Tour”に
ついて見ていたI君が、自分が立ち上がって賛美している写真を発見!!

 2階の最前列で、N先生と並んで、胸に手を当てて、心から主を賛美する姿。
 さすがプロのカメラマンが撮ったらしく、ちょっと感動的な写真だ。

 I君は、N先生にこの写真をパソコンでプリントアウトしてもらって、
「家宝にします!!」と言って、大事に家へ持って帰った。

 “Passion World Tour”は、日本の次は、16日に香港を経由して、
今日21日には、H姉妹の滞在しているオーストラリアのシドニーで開催の予定。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-10-21 10:44 | 教会 | Trackback | Comments(0)
 昨日は、クリスマスに向けて、ゴスペルの自主練習があった。

 先月、ゴスペルのスタッフで決めたクリスマス・コンサートの
計6曲のうち、最初から5曲を順番に練習した。

      ☆12月23日(火)予定のプログラム☆
  ①荒野の果てに
  ②O Come O Come Immanuel (久しく待ちにし)
  ③O Come All Ye Faithful (いざもろとも主を拝せよ)
         ・・・・・ワークショップ&メッセージ・・・・・
  ④When I Think About The Lord
  ⑤Silent Night
  ⑥Joy To The World

 それぞれの曲を、クワイア・メンバーで分担してディレクションをした。
 ディレクションの担当は、以下のとおり:
  ①ソプラノのY・K姉妹
  ②・③ソプラノのK・K姉妹
  ④アルトのK・T姉妹
  ⑤アルトのM・S姉妹
 なかなか自分達でやるのは難しいが、頑張ってやって行こう !!

 次回の練習は、11月22日(土)14:00~15:30の予定。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-10-20 07:52 | ゴスペル | Trackback | Comments(0)

ゴルフの中島常幸プロ

  昨日、病院での待ち時間が長くて、待合室のテレビを見ていたら、
ゴルフの“日本オープン”という試合をやっていた。

 その時は、石川遼くんがトップに立っていて、
普段あまりゴルフとか見ない私は、
「ああ、これが‘ハニカミ王子’か・・・・・」とか思った。
 なかなか、さわやかな好青年だった。

 そういえば、私がまだ若かった頃、中島常幸というゴルフプレイヤーがいた。
 試合が終わった後、コースに残って、その日の自分のミスした所などを、
何度も繰り返してチェックしている若い青年プレイヤーだった。
 ずいぶんと努力をする人なんだなぁ・・・という印象を持った。

 後になって、中島常幸プロが数々の試合で優勝し、
活躍するようになって、ああやっぱりと思った。

 その中島常幸プロが、ギャラリーの一人だった律子夫人と結婚されて、
クリスチャンになったと聞いた時には、とてもうれしかった。

 その後、洗礼を受けられ、ゴルフも一時期の不調を脱して、
2002年に7年ぶりの優勝をすることができた経緯は、
夫人の著書『ロープ』・・・中嶋常幸復活の軌跡・・・“隔て”から“絆”へ
(マナブックス)に詳しい。


  「闘技をする者は、あらゆることについて自制します。
 彼らは朽ちる冠を受けるためにそうするのですが、
 私たちは朽ちない冠を受けるためにそうするのです。」
                                (コリントⅠ 9:25)



クリックしていただけると感謝です

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-10-17 07:39 | 読書 | Trackback | Comments(0)

義母の各種の検査終了

 8月はじめに、義母のかかりつけの病院から、
少し大きな病院に紹介された。

 それから、数日後にその病院でCT検査、
一週間後に造影剤を入れてレントゲン検査。
翌月に、結果を聞きに行き、たぶん大丈夫でしょうとのこと。

 ただ、CT検査で見ると、別のある内臓の管がはれているというので、
今度は、9月はじめに、また別の科を紹介され、そこで血液検査。
翌週には、超音波検査。たぶん大丈夫でしょうとのこと。

 最後に、9月末にMRI検査。

 そして今日の通院で、その結果を聞いて、
最終的に、まず問題ないでしょうとのこと。

 暑い8月の真夏の通院に始まって、今はもう10月で、
だいぶ秋も深まった。

 結局、2ヶ月以上に渡って検査つづきで、
ちょっと疲れてしまったが、
最終的に問題なかったから、感謝だった。

  「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。
 すべての事について、感謝しなさい。」
                (テサロニケⅠ 5:16~18)
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-10-16 20:36 | 家族 | Trackback | Comments(0)
 我が家では毎年、年賀状は家族写真をとっている。

 今年は、それぞれが忙しくて、なかなか全員が揃うのが難しく、
いっそ皆で教会の前でとろうかとも思った。

 三連休最後の日の早朝に、何とか皆で時間の都合をつけて、
車で幕張方面に写真撮影に行った。

 休日とはいえ、高層ビルが立ち並ぶオフィス街には、
出勤するらしいサラリーマンの姿がちらほら見える。

 ちょっと曇り空ながら、無事に写真撮影を終了し、
久しぶりに家族そろって、朝マックした。

 朝食をしながら、「たまには家族で旅行でもしたいね・・・・」
といった話も出たけれども、
次に行けるとしたら、下の子の受験が終ってからかな・・・・・?

  「一切れのかわいたパンがあって、平和であるのは、
 ごちそうと争いに満ちた家にまさる。」 
                               (箴言17:1)
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-10-15 13:02 | 家族 | Trackback | Comments(4)