千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー

<   2008年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

  教会のすぐ裏に住んでいる、小学校2年生のYくんは、
実は、心ひそかにI君のことを尊敬しているらしい。
 ギターの上手なI君のまねをして、段ボールを切り抜いて、
自分のギターを作って弾いたりしていた。

 今回は、夏休みの自由研究ということで、
「楽しい夏休み」の曲を作詞作曲したそうだ。
 I君が、キャンプのテーマ・ソングなどを作詞作曲したのを、
まねしたのかもしれない。

 お母さんも手伝ってくれたらしいが、ちゃんと音符も書いてあり、
挿絵も入っていて、きれいに装丁されている。
 素直な曲で、夏休みの楽しさが伝わってくる。

 Yくんは、しっかり者で優しい男の子だ。
 以前、青葉の森公園に教会の皆でお花見に行った時も、
自ら片腕を骨折しているにもかかわらず、もう片方の大丈夫な方の手で
教会のマドンナのCちゃんのバックを持ってあげたりしていた。

 先日、NYからA姉妹達が来日した時にも、
近所の方々と餃子パーティーをしたのだが、
その時の英語の発音がめちゃめちゃ良かったという。

 将来、かっこいい青年になりそうだ。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-07-31 18:18 | 教会

幼なじみの思い出

  先日、ある方から、ピンクや緑の色鮮やかな、
ゼリーのお菓子を頂いた。
 可愛い象さんの形をしていて、よく見ると英語で
“Thailand”と書いてある。
 タイの国のお菓子なのだと分かった。

e0123206_10254362.jpg


 この象の形のゼリーのお菓子を食べながら、昔々のことを思い出した。

 まだ小学生だったころ、近所にA君という男の子がいた。

 私は転校生で、あまり友達もいなかったせいもあり、
近所だったその子とは良く遊んでいた。
 優しい男の子で、ふつうに女の子同士のような友達だった。

 中学生くらいになって、ある男の子から
「好きな子がいるのか?」と聞かれて、
とっさに思い浮かばなかったので、A君の名前をあげたら、
「そのAって、どんなやつだ!!」とマジで切れられて、
チョットあせったことがある。

 大きくなってからは、A君とはもうずっと会っていない。

A君は、その後、とある裕福なタイの宝石商の娘さんと結婚したと、
風の便りに聞いた。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-07-30 10:33 | 家族

夕焼けとカミナリ

 昨日の日曜日は、夕方6時半頃に教会を出た。

 スタッフの皆は、キャンプの打ち合わせがあって、
東京のT教会に出掛けてしまったので、
少し早めにユース達と帰途についた。

 いつもより早いので、まだ空が微妙に明るい。

 でも、すぐ近くに、黒い雲が立ち込めている。
 車でしばらく走って行くと、大粒の雨が降り出した。
 遠くで、雷鳴もした。

 また、しばらくすると、雨が止み、遠くの地平線の近くが、
まるで、火事みたいに燃えるようだ。

 赤い夕日の残像が、嵐の雲間に見え隠れする。

 風に乗って、飛ぶように流れていく黒い雲と、
だんだんと消えて行く、真っ赤な夕映えが、
コントラストになって美しい!!

 時おり、黒い雲を引き裂くように、ピカッと大きな稲光が走る。

 「天地創造の時みたいだね・・・・・。」と、誰かがつぶやいた。

 何だか、しばし壮大な自然のドラマを、鑑賞しているようだった。

 「初めに、神が天と地を創造した。」
                 (創世記1:1)
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-07-28 09:58 | 教会
 先日、ようやく出来上がった、夏のキャンプのテーマ・ソングについて、
I君が、以前アドバイスをくれたT教会のH君と話をした時のこと。

 H君から「その曲は出来上がった時点で、自らの手を離れ、主のものだ。
それからは、その向こうにあるものを見ていく。」のだと言われたそうだ。

 なるほど、曲が出来ると、どうしても、自分の作品と思いがちだが、
これは主から与えられた曲、主の作品だ。

 私達の人生もそうかもしれない。
 私の人生と思いがちだが、私達は主の作品であって、私達の人生も主のものだ。

「私たちは神の作品であって、良い行ないをするために
キリスト・イエスにあって造られたのです。
 神は、私たちが良い行ないに歩むように、
その良い行ないをもあらかじめ備えてくださったのです。」
               (エペソ2:10)
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-07-26 16:00 | 教会

教会対抗サッカー大会

  先日の月曜日、3連休最後の海の日の祝日に、
教会対抗サッカー大会が開催された。

 場所は、先週の土曜日にプレ・キャンプが行われたS教会から、
比較的近いグラウンド。

 強豪のT教会から1チーム・地元のS教会から1チーム。
 そして、新顔のうちの教会からも1チーム11名が参加した。
 結果は、意外にも3勝1引き分けの好成績!

 Kちゃんが連れて来た、大学のサッカー部のメンバー達が、
ものすごくうまかったらしい。
 みんな本格的にバリバリうまくて、
中には、「教会でサッカーをやる。」と言って誘われて、
てっきり「サッカー協会でやる試合だ。」
と勘違いして来た人もいたらしい。

 昨晩の祈祷会の時の、N先生のご報告によると、
S教会のチョット怖いK姉妹から、感謝のお電話をいただき、
うちの教会の兄弟達が素晴らしかったと、ほめられた由。

 川に落ちたボールを、自ら拾いに行ったY兄弟やK兄弟など、
みんな熱いスピリットの持ち主で、S教会のユース達にも
共にいるだけで、良い影響を与えてくれたと言われたとのこと。

 また、8月に行われる、熱いユース・キャンプも楽しみだ。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-07-24 16:40 | 教会

真夏のアイロンかけ

 東京地方では、昨日までで連続10日間の真夏日とのことで、猛暑が続いている。
 今日も、最高気温は30℃を超える予報で、記録はまだまだ続きそうだ。
 暑さに弱い私は、もうすでにチョット夏ばて気味だ。

 夏の苦手な家事にアイロンかけがある。
 主人の会社のワイシャツと、下の子の高校のワイシャツ、
それから上の子が幼稚園で勤務する時のエプロン等々、
毎日何枚かアイロンかけをする。

 朝早く、涼しいうちにやってしまわないと、もう暑くて出来なくなる。
 それでも、どうしてもやる必要があるときは、
クーラーでもかけてやらないと、 汗びしょになってしまう。
 今朝も、朝一番でアイロンかけは済ませた。

 この猛暑の中、少し涼しい気分にさせてくれる、
今、私がお気に入りの曲がある。

 “You Raise Me Up” (ユー・レイズ・ミー・アップ)という
荒川静香さんが、2006年トリノオリンピックのフィギュアスケートで、
金メダルを受賞した時の、エキシビションで採用された曲だ♪

 銀盤を舞う、荒川静香さんの爽やかな舞いと共に、
流れる感動的な曲。

 そのスケート・リンクから、涼やかな一陣の風が
吹き抜けるような思いにさせてくれる。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-07-22 11:33 | 家族

裏磐梯の保養所

 関東地方も昨日、梅雨明けしたということで、連日暑い日が続いている。
 こう暑い日が続くと、涼しかった福島の裏磐梯の保養所を思い出す。

 主人の会社には、何ヶ所か保養所があって、
箱根や裏磐梯は、夏は涼しいだけでもご馳走だった。
 その上、食事も豪華で、チョット食べ切れない位のお料理が出る。
何回か、家族旅行で夏休みに利用した。

 ハイキングをしたり、自転車を借りてサイクリングをしたり、
近くの湖でボ-トに乗って魚釣りをしたり、
夜はレンゲ沼という所に蛍を見に行ったりもした。

 悲しかった思い出もある。
 5年ほど前の夏、五色沼という所を散策していた時に、
教会の長老の一人だったK兄弟が、
突然、天に召されたとの知らせが入った。
 その時は、旅行の最終日を繰り上げて帰宅して、
前夜式と葬儀に参列した。

 一昨年は上の子が短大、下の子が高校に入学が決まって、
春休みに、初めて雪の裏磐梯を訪れ、家族でスキーにも行った。

 今年は、下の子が大学受験だし、
残念ながら、しばらく家族旅行は無理そうだ。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-07-20 23:12 | 家族

プレ・キャンプ

  明日の土曜日には、横浜のS教会で“プレ・キャンプ”というのがある。

 いつも、夏の学生キャンプの1カ月くらい前に開催されるイベントだ。
 今回は、キャンプのテーマにちなんで“Step Out Live”と題されている。

 一般のバンドも出演O.K.ということなので、
I君は、高校の文化祭に一緒に出る予定の
M君と一緒に出演するそうだ。
 I君の大好きな“ゆず”の曲を歌うとのこと。

 こうしたイベントの時は、私も時々車出しをするのだが、
今回は、この春から大学生になったK君が、
車を運転してくれるというので助かる。

 明日11時に教会集合で出発の予定だ。
 初心者マークのK君、どうか気をつけて行って来てね。

 そして、みんなキャンプに向けて、
いっぱい恵みを受けて帰って来てね。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-07-18 20:59 | 教会
  今年の夏の学生キャンプのテーマ・ソングがようやく完成し、
先日の日曜日、その曲がみんなの前で披露された。

 “Step Out”という、キャンプのテーマにちなんだ歌だ♪

 ユースのY君とI君が担当で、4月頃から取り組んでいたものだ。
 祈りつつ求めていたが、なかなか出来なかった。

 I君は、以前に、T教会のH君から、曲作りについて
「妥協はするな。」とアドバイスをされた由。

 どんな曲でも良いなら、10分もあれば出来る。
 でも、それではダメだ。
 本当に主から与えられ、熱い思いを伝えられる曲にしたい!!
 そして、やっと出来上がった曲だ。

 I君の作る曲は、いつも主への思いが、素直に表現されていて良い。

 この曲が、多くの人々をキリストへ導き、
 さらにキリストへの思いを熱くするものとなるよう祈る。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-07-16 23:40 | 教会
  昨日は、NYに帰るA姉妹達のお別れに、礼拝とユースのイベントの後、
夕食を兼ねて、皆でお好み焼きパーティーをした。

 ホットプレートを2台使って、キャベツやねぎ、 豚肉やイカ・たこ等のシーフードを
たっぷり入れたお好み焼きを、ワイワイ言いながら作って食べた。
 最後に記念写真を取り、輪になってお祈りをした。

 これが、最後の晩だと思うと、なごりは尽きず、 とうとう夜10時近くなってしまった。
 翌日、学校や会社があるので、 一人一人お別れを告げて、泣く泣く帰った。

 振り返って見ると、この一週間はあっと言う間だった。
 A姉妹達は、いろいろな集会で証をしてくれたり、
ダンスをしてくれたり、水曜日の夜の祈祷会にも出席してくれた。

 その祈祷会では、ユース達がたくさん参加しているのがうれしい
(たった6~7人だが・・・・・)と言って感動してくれた。

 A姉妹達の帰途の守りと、その人生への主の祝福と導きをお祈りした。

 今日、夕方6時過ぎの飛行機でNYに発つ予定。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-07-14 09:51 | 教会