千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2008年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

春の訪れ

 義母の病院に通う途中の道端に、梅林がある。
2月の初めに入院した当時は、三分咲き位だったのが、
今では、白い梅がほとんど満開になって、見ごろを迎えている。

 私自身の母の入居しているホームの中庭でも、
沈丁花がいっぱいに咲いて、良い香りを漂わせている。
あちらこちらで、春の訪れを感じる季節になった。

 義母は、手術後、痛みもだいぶ落ち着いたのか、
久しぶりに、いろいろな話が出来るようになった。
このまま、順調に回復してくれると良いのだが・・・・・
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-02-28 23:10 | 家族

義母の緊急手術

  昨日の午後、義母が入院しているF中央病院から電話があり、
外科の先生からお話があるので至急来院を願いたいとのこと。

 病院へ行ってみたら、いきなり緊急手術だと言う!!

 まず、整形外科の先生から、今まで入院中だったにもかかわらず、
この症状に気付かなかったお詫びと、病状の説明があった。

 病名は“右大腿ヘルニヤ嵌頓“(=いわゆる脱腸と言われるもの)で、
内臓の一部が、外に飛び出して、元に戻らない状態。
 このために、炎症反応の数値(CRP)も高かったらしい。

 緊急で手術をしないと、命に関わる危険性もあると言うことだった。
義母の所へ行くと、もうすでに麻酔など着々と手術の準備が進められている。
 あとは同意書に署名するのみだった。

 手術は1時間程度で順調に終わった。
ただ、今回は緊急の処置のみで、
再手術が必要な可能性もあるとのこと。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-02-26 05:39 | 家族

主治医の診断と介護保険

  先週、義母の主治医の先生から、お話があった。

 ひざの関節炎は、だいたい良くなったのだが、少し発熱があって、
炎症反応の数値(CRP)が下がらないとのこと。

 身体のどこか他の所に、炎症が起きている可能性があるとのこと。
たぶん、義母が以前にもかかったことのある、尿路感染症と思われる。

 リハビリも頑張っているが、ようやく自力でなんとか、車椅子に移れる程度だ。
 加齢と共に、身体は弱って行くので、入院前と比べると、
徐々に動けなくなって行く場合が多いとのお話だ。

 一応、介護保険の認定度も変わるかもしれないと言うことで、
先週は市役所にも行って、介護保険の変更の申請をして来た。

 今週中に、聞き取り調査に来る予定。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-02-24 08:02 | 家族

入院中の義母の病状

 義母がF中央病院に入院してから、10日間ほどたった。

 当初の主治医の先生の診断では、右ひざの関節炎で、
たまった水を抜いてリハビリをすれば、10日間位で退院できる
というお話だった。
 
 おかげさまで、入院した当初と比べれば、膝の腫れもひいて、
痛みも少なくなったし、今はだいぶ顔色も良くなった。
今週の月曜から、ベッドを下りて、歩く練習なども開始した。

 ただ、もう86歳になるせいか、なかなかリハビリが進まず、
さらに2月末位まで入院することになりそうだ。

 義母には、神様に与えられた休息の時間として、少しゆっくり
身体を休ませてほしい。

 ちなみに義母も、義父が召天した後、洗礼を受けクリスチャンです。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-02-16 00:35 | 家族

義父の病床洗礼のこと

 義母の入院しているF中央病院は、 義父が入院していて召された病院でもある。
 だから、ほんとうは義母も、F中央病院には入院したくなかったようだ。
 今回、近くの病院がどこも満員だったため、 やむなくこの病院に入院した。

 義父は、私たちが結婚して間も無く、心筋梗塞で倒れ入院した。
 もともとは、気管支鏡の検査を受けにF中央病院へ行ったのだが、
検査中に心筋梗塞の発作を起こした。
 そのまま入院となり、半年間ほどして、天に召された。

 主人は兄弟3人ともクリスチャンだったので、
みんなで心をひとつにして、毎日お祈りしていた。
 そして、何とか意識のある時に、義父の意思を確認して、
次兄が通っている教会の牧師先生から洗礼を授けて頂いた。

 今から20年ほど前のことだった。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-02-14 21:14 | 家族

キリ番 1000番

 ブログのカウント数が、1000番を超えました\(^o^)/

 足跡が付かないので、どなたかは分かりませんが、
昨晩11:30過ぎに、こちらのブログを訪問して下さった方です。

 よろしかったら、何かコメントでも残して頂けたら嬉しいです。

 昨年の6月から、このブログを始めて、おかげさまで約8ヶ月がたちました。

 つたないブログではありますが、今後とも、
何卒よろしくお願い申し上げます (^_-)-☆
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-02-12 14:20 | パソコン
  昨日の日曜日は、心配された前日からの雪も、今回は積もらず、
無事に新会堂の献堂10周年記念礼拝がもたれた。

 礼拝の最初には、N副牧師先生の作られたパワーポイントによる
30数年間の教会の歴史のスライドショーが流された。

 津田沼での開拓時代から、船橋の旧会堂時代、そして今の千葉の新会堂
に至るまでの、なつかしい写真を見ることが出来た。

 牧師先生からは、無から有を生み出す信仰についてのメッセージと、
当時を振り返るいろいろなお話を伺うことが出来た。

 最後に、全員で記念撮影をして終了。

 古くからの長老さん達からも、それぞれ貴重な思い出話が語られた。
新会堂の設計に携わったM兄弟からも、照明や音響などに関わる、
興味深いお話が聞けた。

 お昼の愛餐会は、オープンサンドだった。

 これまでの教会の上にあった、主の守りに感謝し、
今後の新たな歩みへの祝福を祈った。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-02-11 22:40 | 教会
 今日は、今年初めてのゴスペル練習がある予定だったが、
大雪の恐れがあるということで、残念ながら中止になった♪

 この日、私は用事で東京の武蔵小金井という所へ行った。
行く道は、曇ってはいたものの、傘もささずに歩けたが、
帰る頃には、かなり激しい雪となり、道路にも相当降り積もっていた。
タクシーもスタッドレス・タイヤを付けて走っている。

 これだと、明日の日曜日も、雪の中を礼拝に行くことになるのか
と心配していたら、電車が千葉に近づくにつれて、徐々に雪が少なくなり
家のほうまで来たら雨だった!!
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-02-09 23:56 | ゴスペル

主人の母の入院

  悪いことは重なるもので、主人の母が入院した。
火曜日の夕方、救急車でF中央病院に運ばれたとのこと。

 一昨年にも、一度救急車で運ばれたことがある。
その時は不明熱とかで、約1ヶ月の入院だった。

 今回は、足の不具合で、歩けなくなったということだが、
意識はしっかりしているので、10日間くらいで退院できそうだ。

 F中央病院というのは、実家から車で40分ほどかかる。
以前は、実家の近くのH病院だった。

 今回は、先日の大雪で、転倒した人が入院していたりして、
近くの病院はどこも満員で入れなかったとのこと。

 実際、義母の隣りのベッドの方も、雪のため転倒して骨折されたらしい。

 今夜もまた、みぞれ混じりの雪が降っているが、
積もらなければ良いが・・・・・
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-02-07 00:29 | 家族

いとこのM君の死去

 2月2日の夜に、東京のいとこのM君が亡くなった。
母の一番下の妹の子なので、まだ私より10歳以上も若かったと思う。

 高校生の時に、父親が急逝したが、頑張って大学も出た。
神奈川の栄光学園から、東京のT大学を卒業し、H製作所で働いていた。

 優秀な人材だった。
結婚して、まもなく白血病を発病した。
T大付属病院に入院して治療を受け、その後
何とか回復して、H製作所の中央研究所に勤務していた。

 今週末に葬儀の予定。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-02-05 11:09 | 家族