千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー

<   2007年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 ちょっと前のクリスチャン新聞の記事から(=神津喜代子さんの『クリスチャンでない夫をもつ妻たちへ』⑤ “夫と散歩に行くようになった妻”から)

 「ある時、ひとりの女性が、講演後にこんな話をしてくれたという。

『私は長い間、ほとんどの時間を心配するためだけに使ってきました。
そして心配が主人への不満になって、いつまでたっても救われない夫をうらむようになっていました。
 今日お話を聞いて、息子が私に言った言葉を思い起こしました。“お母さんは、ボクがどんな人間になるか心配ばっかり。今のボクは嫌いなの?”
 あの時、目の前に息子がいる幸せや、成長していく喜びより、‘早く大きくなって安心させて、立派な大人になって・・・’そんなことばかり考えていました。はっとして、息子を抱きしめた時、息子が何ともいえないうれしそうな照れくさそうな笑顔をしたのを思い出しました』」

 私も、自分の子供達について、よく心配ばかりしていています。ありのままに受け入れ、感謝しなくちゃと思うのですが、また、すぐに心配しちゃうんですけどね・・・ (^^ゞ
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2007-06-29 06:55 | 子育て | Trackback | Comments(0)
 昨日は、オーストラリアへ出発するH姉妹の
お見送りをするために成田空港に行って来た。
 「21:15発 JAL771便 シドニー行き」
 空港にはもう何度も来て慣れているN先生やK姉妹もいれば、
成田空港を見るのが、これが初めてという高校生達もいて、
みんなで十数名のにぎやかなお見送りとなった。
 ギリギリで間に合ったディズニーランドのお友達ふたりも
見守るなかで、H姉妹の乗った飛行機は夜空の中に消えて行った。
 今ごろ、機内では何をしているのだろうか・・・・・
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2007-06-27 00:06 | 教会 | Trackback | Comments(0)

新宿「紀伊国屋書店」

 私が以前、勤めていたK書店の、
常務さんだったY氏からお葉書を頂いた。
 今でも、年賀状のやり取りだけは、させて頂いているのだが、
今年は、3月までご病気をされていたとのこと 。
 当時、私は洋書仕入部という所で、特殊な書籍
(=海外の中国や韓国の図書や、日本を含めた古書、
まだ少数だったビデオ等)の仕入れを担当していた。
さすがに書店ということで、社員には本好きの方々が多く、
私にとっては、働きやすい職場だった。
 創業80周年になるそうだ。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2007-06-25 10:04 | 読書 | Trackback | Comments(0)

ボーリング大会

あすは、教会のユース主催のボーリング大会がある予定。

日時:6月24日(日)14:30~16:30
   教会から皆で行く場合は出発 14:00だが、
    現地集合でもO.K.
場所:“ファミリーボーリング BOWLEX千葉”
    千葉ポートスクエア内ポートタウン4F 
    (千葉市中央区問屋町1-50) 
    京成線 千葉中央駅下車 徒歩8分
参加費:高校生以下¥500、学生¥1,000、
    一般¥1,500(2ゲーム+靴代込み)

 ちなみに、あすはH姉妹がオーストラリアに出発する前に、
教会に来られる最後の日曜日です(^^)/~~~
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2007-06-23 00:56 | 教会 | Trackback | Comments(0)
  このあいだの礼拝で、トルストイの小説『靴屋のマルチン』のお話が取り上げられた。
 いつか、教会学校の紙芝居でも、見た記憶がある。

 ・・・・・靴屋をしていたマルチンが、ある夜、夢を見ます。
「明日はお前の家にいくから。」と神様が言われました。

 次の日、マルチンは仕事をしながら窓の外を見ていると、寒そうに雪かきをしているおじいさんがいます。マルチンはそのおじいさんを家に迎え入れてお茶をご馳走します。

 それからマルチンが外を見ていると、赤ちゃんを抱いた貧しい母親が外を歩いていました。それを見て、マルチンは可哀想になり、出て行って、その母子を家に迎え、ショールをあげました。

 しかし、なかなか神様は来られません。
こんどは、おばあさんの籠から一人の少年がリンゴを奪っていくのが見えました。マルチンは少年のためにとりなしをして、いっしょに謝りました 。

 そうして、一日が終りましたが、とうとうマルチンが期待していた神様は来られませんでした。「やっぱり、あれは夢だったのか」とがっかりしているマルチンに、神様が現れて言いました。 

 「マルチン、今日はお前の家に行ったよ。」
 すると、雪かきのおじいさんや貧しい母子やリンゴを盗んだ少年の姿が次々と現れました。 

 「あなたがたが、これらのわたしの兄弟たち、しかも最も小さい者たちのひとりにしたのは、わたしにしたのです。」(マタイ25:40)



クリックしていただけると感謝です

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2007-06-21 11:24 | 読書 | Trackback | Comments(2)
 昨日は第三日曜だったが、16:30~
第2回目のゴスペルの自主練習があった♪
(来週が第四日曜だが、来週6月25日は
ボーリング大会が予定されているため変更になった。)

 前回6月9日(土)にやった曲の復習が中心
“Lord I Lift Your Name On High”,
“High And Lift It Up”,“みことばに生きる”など 。
 前半をアルトのK姉妹、後半をソプラノのK姉妹が
ディレクションしてくれた(*^^)v

 6月23日(土)~7月4日(水)アメリカに
ゴスペルのワークショップに出かけるK姉妹と、
6月26日(火)~約1年間オーストラリアに
ワーキングホリデーに行くH姉妹が、
しばらくお別れなので、熱いハグをしていた。
 二人とも、気をつけて、行ってらっしゃ~い (^^)/~~~
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2007-06-18 16:14 | ゴスペル | Trackback | Comments(0)

ザリガニ釣り

 昨日の6月15日は、千葉の「県民の日」で、
近くの小学校がお休みだった 。
 うちの近所の公園の池で、ザリガニが取れるらしく、
このごろ毎週末になると、小学生の親子連れでにぎわう 。
昨日も、たくさん来ていた。
 私も小さい頃、よく父に連れられて、
ザリガニ釣りに行った思い出がある。
 吉祥寺の‘井の頭公園’あたりだったと思う。
さきいかを餌にして釣るのだが、楽しかった (*^_^*)
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2007-06-16 11:14 | 子育て | Trackback | Comments(0)
  ー「祈り」シリーズ第4弾ー

『ケント・M・キースの祈り(逆説の十カ条)』

1. 人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。
  それでもなお、人を愛しなさい。

2. 何か良いことをすれば、
  隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。
  それでもなお、良いことをしなさい。

3. 成功すれば、うその友だちと本物の敵を得ることになる。
  それでもなお、成功しなさい。

4. 今日の善行は明日になれば忘れられてしまうだろう。
  それでもなお、良いことをしなさい。

5. 正直で率直なあり方はあなたを無防備にするだろう。
  それでもなお、正直で率直なあなたでいなさい。

6. 最大の考えをもった最も大きな男女は、
  最小の心をもった最も小さな男女によって撃ち落されるかもしれない。
  それでもなお、大きな考えをもちなさい。

7. 人は弱者をひいきにはするが、勝者の後にしかついていない。
  それでもなお、弱者のために戦いなさい。

8. 何年もかけて築いたものが一夜にして崩れ去るかもしれない。
  それでもなお、築きあげなさい。

9. 人が本当に助けを必要としていても、
  実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかもしれない。
  それでもなお、人を助けなさい。

10. 世界のために最善を尽くしても、
  その見返りにひどい仕打ちを受けるかもしれない。
  それでもなお、世界のために最善を尽くしなさい。

ケント・M・キース : 著 : 「それでもなお、人を愛しなさい」 : 早川書房

 

    “The Paradoxical Commandments”by Dr. Kent M. Keith

1. People are illogical, unreasonable, and self-centered.
   Love them anyway.

2. If you do good, people will accuse you of selfish ulterior motives.
   Do good anyway.

3. If you are successful, you will win false friends and true enemies.
   Succeed anyway.

4. The good you do today will be forgotten tomorrow.
   Do good anyway.

5. Honesty and frankness make you vulnerable.
   Be honest and frank anyway.

6. The biggest men and women with the biggest ideas can be shot down by the smallest men and women with the smallest minds.
   Think big anyway.

7. People favor underdogs but follow only top dogs.
   Fight for a few underdogs anyway.

8. What you spend years building may be destroyed overnight.
   Build anyway.

9. People really need help but may attack you if you do help them.
   Help people anyway.

10.Give the world the best you have and you'll get kicked in the teeth.
   Give the world the best you have anyway.
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2007-06-14 09:07 | 祈り | Trackback | Comments(0)
先日のゴスペルでやった“Oh,How I Love Jesus”という曲は、
私がイエス・キリストを信じて間もない頃に覚えた、
私が中国語で歌うことの出来る、数少ない賛美の曲のひとつだ ♪

(たしか中国語では・・・)
我真是愛耶蘇  我真是愛耶蘇
我真是愛耶蘇  因他先愛我

(English)
Oh,How I love Jesus  Oh,How I love Jesus
Oh,How I love Jesus  Because He first loves me

(日本語)
ああ我イエスを深く愛す  まず、この身を愛せし主を
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2007-06-12 16:44 | ゴスペル | Trackback | Comments(0)

“みことばに生きる”♪

第2回目の土曜日のゴスペル練習があった。
新しくやった曲の“みことばに生きる” は、
み言葉に、より頼んで生きたいという思いを強くする、
心が励まされるよい曲だった♪


 “みことばに生きる”(作詞・作曲:ピアノコウジ)
日々 みことばに生きる  日々 主とともに生きる
主を 喜び生きる  どんなときも
たとえ死のかげの谷を歩むときも  わたしはわざわいを恐れません
みことばは近くにある  私の口にある  私の心にある
主の力を得て私は  心から喜び踊る
みことばは近くにある

 ・・・聖書より・・・「みことばはあなたの近くにある。
あなたの口にあり、あなたの心にある。」(ローマ10:8)


 あと、今回はソプラノK姉妹が初めてディレクションに挑戦した。
これから、順番でディレクションをやってみるそうだ(^_^;)

 最後に、ディレクターのR姉妹から
新発売の“演歌ゴスペル”のCDの紹介があった!!
 ぜひうちの教会にも呼んで下さいと、教会のN先生にも、
アピールしておいた(*^^)v
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2007-06-10 00:57 | ゴスペル | Trackback | Comments(0)