千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:家族( 196 )

 年末にあたり、この一年を振り返り、
私にとっての10大ニュースをまとめてみた。

①東日本大震災  ②母の入院と手術(5月に肺炎・11月に骨折)
③手話通訳養成講座スタート  ④上の子の公務員正職員採用
⑤下の子の大学の研究室が開始  ⑥教会のSさんとMさんの洗礼式
⑦手話講師のK先生の逝去  ⑧宣教師夫人のR子先生の入院と手術
⑨船橋駅でデリチャ  ⑩全国手話検定試験3級合格

 何といっても、3月11日に起きた東日本大震災は大きい出来事だった。
 教会などを通じて、子供達が何回か東北地方にボランティアに行った。
 そして、この震災の経験を通して、今年の漢字にも選ばれた
家族や人々との“絆”ということを、改めて感じるようにもなった。

 また、今年90才になった母が、5~6月にかけて肺炎で入院。
 11~12月にかけては、大腿骨骨折で入院し、手術した。
 いろいろあったが、無事に退院できて良かった。

 私自身は、手話を学んで3年目に入り、手話通訳養成講座がスタート。
 なかなか思うように進まない、遅々とした歩みだが、
とても良い仲間に恵まれ、何とか楽しく学びを続けている。

 今年も一年、みなさまには、いろいろお世話になり、
ありがとうございました。
 来年も、どうぞ、よろしくお願いいたします。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-12-29 16:06 | 家族

はとバス

 今日は、ちょっと用事があって、東京の田町という所に行った。
 用事を済ませて帰ろうとしたが、まだお昼前だったので、
どこかへ出かけてみようと、初めて‘はとバス’というものに乗ってみた。

 東京近郊に住んでいるのに、案外まだ一度も乗ったことがなかった。
 外国のお客さんなどがいらした時にどうかと思って、
英語の解説付きのバスに乗ってみた。
 かわいいキティちゃんの絵が描いてある、2階建てのバスだった。
e0123206_19542721.jpg

 英語のほかにも、中国語や韓国語もイヤフォンで聞けるようになっている。
 東京駅の丸の内南口から、出発して、築地市場や銀座4丁目の交差点を通り、
封鎖されていないレインボーブリッジを渡って、
お台場でいったんバスを降りた。
e0123206_19545722.jpg

 1時間ほど自由時間があって、フジテレビを見学。
 その後、再びバスに乗って、東京港トンネルをくぐり、
東京タワー、六本木ヒルズ、国会議事堂、
皇居などを回って、東京駅に戻った。
e0123206_19552299.jpg

 お台場の観覧車は、日本で2番目に大きく(1番目は葛西臨海公園)、
64台ある観覧車のうち、4台はシースルーになっているとか。
 東京タワーとスカイツリーの高さや、展望台の値段の比較とか。
 バスガイドさんが、いろんな豆知識を紹介してくれた。

 英語や中国語の解説は、日本語の半分も入ってなくて、
本当のポイントだけだった。
 東京の要所だけまとめてみたい場合には便利だけれど、
やはり自分達で案内する方が良いかなと思った。

 でも、お天気も良く、楽しいひとときだった。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-12-28 19:58 | 家族

皆既月食

 一昨日の土曜日の夜は、日本全国の各地で皆既月食が見られた。
 夜の11時前後、我が家からも、三日月のような月が見えた。

 時間がたつにつれて、その光が徐々に細くなって行く。
 少し雲がかかっていたので、それに隠れたのかもしれないが、
全部見えなくなったような気がした。

 外があまりにも寒かったので、ちょっとだけ家の中に入って、
また出て見たら、何だか月の影のような、
赤っぽくて、ぼんやりした丸い月の形が浮かんでいた。

 先程までかかっていた雲もなくなって、
すっきりした空に、たくさんの星もまたたいていた。

 いつも、日々の忙しさに追われて、
こんな風にゆっくりと夜空を見ることって、
あまりなかったなあと思った。

 次に見られるのは、何十年後かと想像していたが、
翌日のニュースで見たら、3年後だそうだ。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-12-12 11:28 | 家族

母が無事に退院

 昨日、大腿骨の手術を終えて、母が無事に退院した。
 入院から、ちょうど3週間だった。

 最初は、90才という高齢でもあり、
手術するということに、不安が大きかった。
 けれども、今回初めて入院したその病院は、
整形外科が全国的にも有名な病院だそうで、手術も順調に終わり、
その後の回復も良く、比較的早く退院することができた。

 昨日は、12月に入ったと言うものの、お天気も良く、
病室には、暖かな日差しが射し込んでいた。
 母にとっても、退院する時には、
外を車いすで移動するので助かった。

 少し早めに行って、荷物を片づけたりしていたら、
若い看護婦さんやヘルパーさんが、
たくさんお別れの挨拶に、病室に来て下さった。
 かなり認知症が進んでしまった母だが、
どうやら、病院では案外、人気者だったらしい。

 以前、同じ部屋だったクリスチャンの方も、
今度は別の部屋に入院して来られたので、
ご挨拶をして帰った。
 思い出して、お祈りしますと言って下さった。

 こうして元気で退院できたこと、皆様のお祈りに感謝します。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-12-06 08:44 | 家族

母の手術が無事終了

 一昨日、おかげさまで母の手術が無事終了した。
 午後の1時頃からと聞いていた手術は、始まったのが2時半位だった。
 大腿骨の折れたところに、金具を入れる手術だった。

 手術中、控え室で待つ時間に、他の家族は何人も来ていた。
 以前、主人の母の手術の時もそうだったが、
うちはたった一人だけで、少し心細かった。

 手術は、4時ころに無事に終わり、
そのあと呼ばれて、担当の医師から説明があった。
 手術前に貧血があったが、輸血で回復し、
手術も30分程度で順調に終わったとのこと。

 特に、血栓が肺に飛ぶといった事がなければ、
大体、2週間位で退院できるそうだ。
 手術後は、少し痛がっていたが、比較的意識もハッキリしていた。
 一晩、集中治療室にいて、翌日の朝から、一般病棟に戻った。

 皆様のお祈り、ありがとうございました。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-11-24 10:51 | 家族

ラーメン“大勝軒”

 一昨日は、母の病院に行ったついでに、
以前から気になっていた駅近くの元祖つけ麺で有名な
“大勝軒”に行って見た。
e0123206_15123039.jpg

 商店街に自由の女神像がある北習志野駅からほど近いところで、
線路際で、乗っている電車からも見えるのだが、
いつも、かなりの行列が出来ているお店だ。
e0123206_15125729.jpg

 11時少し過ぎに行ったので、お店はまだすいていて、
一番奥の2人席に座った。
e0123206_15132044.jpg

 つけ麺の温かいもりそば、麺少なめで注文したが、
麺は中太で、濃厚なスープ、
大きなチャーシューやゆで卵が入っていて、
結構お腹がいっぱいになった。

 帰る時には、カウンター席を含めて、もう満席だった。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-11-18 15:14 | 家族

母の入院と手術

 今年の5月に肺炎で入院した母は、
90才の誕生日を病院で迎え、6月初めに退院した。
 その後、退院直後にホームで転んで骨折したのが、
ようやく治って、また歩けるようになった所だった。

 先週の火曜日11月8日に、またホームで転倒して、
こんどは左足を骨折してしまった。
 受診した日は、病院に非常勤の医師だけだったので、
翌週の11月14日、再度、常勤の医師に診てもらったところ、
左大腿骨頸部骨折で、手術した方が良いでしょうとのこと。

 即日入院となり、手術は予約が一杯ということで、
来週火曜日に行われることになった。
 かなり貧血があり、昨日は輸血をした。
 20日間くらい入院する見込み。

 90才の高齢でもあり、できれば手術はしたくなかった。
 だが、あとで聞いたところによると、
この病院の整形外科は、とても評判がよく有名で、
担当してくださる医師も副院長だとのこと。

 また、上の子の職場からすぐ近くなので、
仕事帰りに時々面会に来てもらえるのが感謝だ。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-11-16 15:43 | 家族

千葉大祭

 11月3日(木)~6日(日)西千葉では、千葉大祭が開催されている。
KGK (キリスト者学生会)のサークルでは、
例年通りにタコス¥150・飲み物(緑茶・ウーロン茶)¥100の販売と、
ギデオンの新約聖書の配布を行っている。
 KGKのサークルは、日曜日はお休みなので、土曜日までで終了。
 
e0123206_18382312.jpg

 それとは別に、松戸校舎では11月4日(金)~6日(日)戸定祭が行われている。
 “そさい食堂”の前で、ネギを焼きながら、味噌をつけて食べる試食があった。
 その焼きネギ¥100と根汁(根菜類の汁物)¥200とを買って食べた。
 根汁は、大根・にんじん・サツマイモ・かぶ・里芋などの
根菜類が豊富に入っていて、とてもおいしかった。
e0123206_18385731.jpg

 それを食べている時に、同じテーブルだった近所のおばあさんは、
昔から、毎年この戸定祭に来ているそうだ。
 また、ご主人の実家が松戸の農家でネギを作っているという奥さんもいた。
e0123206_18384183.jpg

 あと、“そさい食堂”でネギを焼いていた中国人留学生のK君ともちょっとお話した。
 まだ、1ヵ月前に日本に来たばかりだと言う。
 1年間だけ、日本にいるそうだ。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-11-04 18:45 | 家族

野田新首相

  「えっ?野田さん・・・・・?」
 街頭インタビューでは、そんな反応が多かった。
 私も、ちょっと驚いたが、以前から
わりと近くで見てきた人だったので、少しうれしかった。

 新首相になった野田さんは、千葉県出身で、
うちの子供達と同じ、N中学校の卒業生だ。
 N中→県立船橋高校→早稲田大学・政経学部→松下政経塾の1期生。

 毎日、JRの津田沼の駅前に立って、街頭演説をしていた。
 うちの主人も、その姿を通勤の途中で目にして、感心していた。

 29日に行われた民主党代表選の両院議員総会での演説が印象に残った。

 まず、「貧しい農家の末っ子同士の間に生まれた子どもが、私です。
選挙区が都市部なのにシティーボーイに見えないのは、
そのせいかも知れません。」といった生い立ちから始めた。

 初めて政治を意識したのは、昭和35年、
日本社会党の浅沼稲次郎委員長が日比谷公会堂で刺殺された時。
 母に理由を尋ねると「政治家って、命がけなのよ。」と言われたそうだ。
 その後、保育園に通っているときに、
アメリカのJ・Fケネディ大統領の暗殺のニュースもあった。

 学生時代は柔道部。
 読書家でもあり、時代小説が好きで、そこから政治の素養を学んだ。
 司馬遼太郎から「夢と志」を、
藤沢周平から下級武士の凛としたたたずまい「矜持」を、
山本周五郎から「人情」を学んだとのこと。血の通った政治。
 今の政治は、これらが足りない。

 
 相田みつをの言葉が好きだそうだ。
 「どじょうが、金魚のまねをしてもしょうがねえじゃん。」
 自分は、見ても分かるように、ルックスからしても、金魚にはなれない。
金魚ではなく、どじょうとして泥臭く、汗をかいて政治をする。
どじょうの政治をする。・・・・・と言っていた。

 私は、政治のことはよく分からないし、
いろいろな批判的な意見や、短命で終わるといった予測もある。
 でも今回、地元F市から初めて誕生した首相なので、
しばらくの間、できたら頑張ってもらいたいなあと思う。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-08-31 11:16 | 家族

上高地

 3日目は、上高地へ行った。
 マイカー規制のため、沢渡(さわんど)の駐車場で車を降りた。

 沢渡から上高地まで、バスで約1時間。
 片道なんと一人1,200円もする(!)

 終点の上高地で下車。
 河童橋近くの河童食堂で、昼食に岩魚そばを食べた。

 北アルプスの雄大な景色と、梓川の澄んだ冷たい水の流れ。
 多くの人達が、記念撮影をしている。
e0123206_1124834.jpg

 そこから、15分ほど歩いた所のウェストン碑は、上高地を愛した
イギリス人宣教師のW.ウェストン氏をかたどったものだそうだ。
e0123206_1135113.jpg

 河童橋から、大正池まで1時間半ほどをかけて
遊歩道の林間コースを散策する。
 山の天気は変わりやすく、途中でザァーッと雨にも降られた。
e0123206_1142389.jpg

 けれども、緑の木々に囲まれて、すがすがしい空気と
大自然の中で心がいやされる旅だった。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-08-10 11:06 | 家族