千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:家族( 196 )

“ 晴れる家カフェ”

 先週の金曜日、たまたま上の子の仕事がお休みだったので、
松戸にある“晴れる家カフェ”という所に行って来た。
http://www.hareruya-café.com/

 オーガニックの玄米菜食カフェで、
クリスチャンのご夫婦が経営している。
 カフェにある窯で、陶器を作ったりもするそうだ。

 とっても健康によさそうな、ランチをいただいた。
 デザートに注文した豆腐のプリンも、
チーズケーキみたいでおいしかった。

 帰りがけに、私達もクリスチャンだと言うと、
「祝福がありますように・・・・・」と言って送り出してくれた。
 豊かな主の祝福がありそうな、うれしい気持ちになれた。

HARERUYA CAFE
晴れる家カフェ
千葉県松戸市松戸新田24-3-17
047-362-9159
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2013-08-01 09:05 | 家族

K書店の同窓会

 結婚するまで勤務していた、新宿のK書店の2回目の同窓会が、
一昨日、新宿のレストランであった。
 とは言っても、私は残念ながら行けなかった。

 記念すべき第1回は、昨年の7月12日だった。
 同じ課だったNさんが、皆の都合を聞いてくれて、
長年の夢だった同窓会を実現させてくれた。

 昨年は、定年まで勤められたYさんは当日の朝、
突然の体調不良で来られなかった。
 それで、同じ課だったNさんとKさんと私、
となりの課だったTさん、それと私が入った時には、
もう退職されていたOさんの計5人が集まった。

 今年は、Nさんがご主人のお仕事の都合で来られなくなった。
 それでも、昨年は欠席のYさんも来られるというので、
20数年ぶりで会えると、楽しみにして待っていた。

 ところが、当日の早朝、実家から電話があり、
主人の母の具合が悪いのでと呼び出された。

 主人の母は、91才。
先日も胆管炎で2週間ほど入院して、退院したばかりだった。
 病院に連れて行き、CT・超音波・採血などいろいろ検査したが、
原因はよく分からず、ようすを見るようにとのことで、一旦帰宅となった。

 今ごろ、皆は昔話に花を咲かせている頃だろうかと、
ときどき病院の時計の針を眺めては思っていた。
 また、来年は、ぜひ参加したい。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2013-07-31 10:20 | 家族

義母の緊急入院

 6月26日の水曜日の午後、義母の家から電話があった。
 胸が痛くて、いつも飲んでいる心臓の薬を飲んでも治らないとのこと。
 本人が、救急車を希望しないので、私が車で病院まで連れて行った。
 普段かろうじて歩ける義母を、やっとの思いで車に乗せて、
T病院へ向かった。

 時間外だったので、非常勤の先生が診察して下さり、
レントゲンやCTの検査を行った。
 診断の結果は、副院長のA先生からお話があり、
急性閉塞性化膿性の胆管炎で、このままだと、
敗血症で2日後くらいには亡くなるとのこと。

 このため、緊急に胃から内視鏡を使った切開を行って、
胆管にたまっていた膿を排出した。
 原因は、総胆管結石と思われたが、石は見つからなかった。

 けれども、治療の結果、おかげさまで症状も改善し、
39度以上あった熱も下がり、本人の顔色も良くなった。

 昨日、何とか退院して、2週間ぶりに自宅に帰った。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2013-07-11 08:39 | 家族

ひまわりとポロシャツ

 先週は、6月の第3日曜日で父の日だった。

 その前日に、宅急便がの配達が来て、
何だろう・・・・・?
と思って出てみたら、
日比谷花壇から、箱に入ったひまわり等の花が届いた。

 4月から、社会人として、
静岡で一人暮らしをしている息子から、
こんどは、父の日のプレゼントだった。

 私からは、クールビズ向けのポロシャツをプレゼントした。

e0123206_20503337.jpge0123206_205183.jpg
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2013-06-23 20:55 | 家族

グリーンアスパラ

 昨年、テレビの‘ライフライン’という番組で放送された、
北海道の帯広にある、アスパラ農家をしながら、
キリスト教会の牧師をされているN先生のお話があった。
e0123206_11321252.jpg
 N先生は、農作業中の事故で、片腕をなくされたのがきっかけで、
クリスチャンになり、今は教会の牧師先生もされているそうだ。

 番組の最後にあったプレゼントに応募したら、
抽選に当たり、翌年の春にグリーンアスパラを送りますとのこと。

 先日、その取れたてのグリーンアスパラが、
クール宅急便で、1箱家に届いた。

 たくさん入っていたので、娘の家に少しおすそ分けした。

 それから、にんじんやシイタケと炒めたり、
ジャガイモとお味噌汁にしたり、サラダにしたりと
大変おいしくいただきました。

e0123206_1132503.jpg
e0123206_11331655.jpg
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2013-06-11 11:51 | 家族

カーネーションと日傘

 昨日は、5月の第二日曜日で母の日だった。

 2~3日前に、ピンポーンと玄関のベルが鳴って宅急便が届いた。
 また、息子が何か着払いで注文したのかな・・・・・?
と思って出てみたら、
大きな段ボール箱に入ったカーネーションだった。
 この4月から、社会人として、
静岡で一人暮らしを始めた息子から、
母の日のプレゼントだった。

 同じように、数日前に、主人からは、
晴雨兼用の黒い日傘を贈られた。

 3月末から、勤務先の近くで、
一人暮らしを始めた娘からは、
2週間ほど前に、主人と二人で手料理をご馳走してもらった。

 教会でも、母の日・父の日のイベントが行われた。
e0123206_18521594.jpg
e0123206_18351651.jpg
e0123206_18361028.jpg

[PR]
by suzuran-no-nikki | 2013-05-13 19:01 | 家族

大学の卒業式

 昨日は、下の子の大学の卒業式だった。
 行こうかどうしようかと迷ったが、
もうこれで最後なので出掛けることにした。

 会場は、入学式と同じ千葉のポートアリーナという所。
 今回は、車で行って、アリーナの駐車場に止めた。

 2,500人ほどの卒業生は、男の子は入学式と同じくスーツだが、
女の子は着物に袴という人が多く、明るく色とりどりだった。
 
 参列されている保護者の中には、地方から出て来られたのか、
スーツケースのような、旅行鞄を手に引いた方や、
おばあちゃんなのか車いすの方もいた。

 入学式以来4年ぶりに歌う校歌など、
式は順調に進み、 11時過ぎには無事終了した。

 今回ビックリしたのが、講壇の左右両側に、
それぞれ1名ずつ手話通訳がついていたこと。
 手話を学び始めて4年になる私は
式よりも、その手話に注目してしまった。

 10~15分位で2名ずつ交代していたが、
皆さん手話がスムーズでとても上手だった。

 卒業生なのか、着物姿で手話通訳する人もいて、
美しかったけど、黄色やピンクの着物だと、
手話が少し読みにくく、黒のスーツは良かった。

 また、スクリーンの映像にも、字幕が付いていた。

 最後に紹介のアナウンスがあって、
大学の手話サークルとノートテイク部の協力によるとのこと。
 こんなところでも、手話が普及してきているのだなと思った。

 この4年間の大学生活が、無事に守られたことに感謝したい。
会場の外では、いつになく、早く咲いた桜が満開だった。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2013-03-23 14:46 | 家族

戸定祭

 先週の土曜日は、下の子の大学の文化祭に行って来た。
 第50回戸定祭 テーマ「発展戸定祭~これが松戸だ!~」ということで、
11月2日(金)~4日(日)の3日間開催された。
e0123206_16473521.jpg

  昨年に続き、“そさい食堂”は結構にぎわっていた。
 近所の農家さんから提供していただいた新鮮な野菜を使ったメニューは、
  ・野菜のたくさん入った根汁
  ・ 大根のもちもち揚げ
  ・アジサイネギのチヂミ  等
 今年の人気店の投票で1位だったそうだ。

 午後からは、100周年記念会館の新しいホールで講演会。

 今年度退官される教授による講演会

雨宮良幹教授
タイトル「環境保全を基盤とした植物病害の防除」

三位正洋教授
タイトル「青いコチョウランとダリアの誕生秘話」

 最後に、講演の中で出てきた青いダリアの花が、
E棟3階の講義室に展示されているのを見学して帰った。

e0123206_1648476.jpg
e0123206_16482562.jpg

[PR]
by suzuran-no-nikki | 2012-11-05 17:01 | 家族

北海道旅行4日目

 4日目は、最終日。
 K先生のご案内で、旭山動物園と三浦綾子記念文学館を見学する。
 短大を定年退職後、旭川に住まれているK先生は、
旭山動物園にも、お孫さんを連れて、時々来られるそうだ。

 まず、ペンギン→あざらし→ほっきょくぐま、この人気ベスト3を見て、
あとは、オランウータンやサル山等を、自由に見て回った。
 それほど広い動物園ではなく、ほぼ午前中で見られたが、
帰る頃になると、人気館には行列が出来ていた。

 昼食後、旭川駅から、少し遠回りをして、
昨年4月に開通したという「氷点橋」を渡って、
小説『氷点』の舞台になった見本林の中の、
三浦綾子記念文学館に行く。

 ここは、前から行きたかった所で、
ちょうど「星野富弘・花の詩画&三浦綾子との絆」展もあり、
三浦綾子さんと、星野冨弘さんの交流も知ることが出来た。

 上の子は、5年前にも短大の旅行で、K先生に連れられて、
この三浦綾子記念文学館を訪れている。
 その時に書き残したノートを、K先生が探し出して下さり、
また、今回、新たに感想を書いて残して来た。

 K先生は、文学館の、あの窓際の席に座って、
本を読まれるのが好きなのだという。
 私も、また、いつか、
ゆっくりと来てみたいなあと思った。

e0123206_10212776.jpg
e0123206_1022998.jpg

e0123206_1023096.jpg
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2012-08-14 16:11 | 家族

北海道旅行3日目

 3日目は、札幌の北の方にある、
カナン・プレイズ・チャーチの礼拝に出席。
 この教会は、私達一家が、15年前の1997年に、
N先生と旅行をご一緒させていただいてから、
ずっと祈ってきた教会だった。
 当日は、先生はお仕事のため、残念ながら、ご不在だったが、
奥様先生などを中心に、若い人の多い、素敵な教会だった。

 この日は、Night de Light の平野兄弟がワーシップ・リーダーで、
次男の長沢紘宣先生がメッセージだった。
 証とパワポは、マサチャンが担当した。
 ちょうど、7日から長男の崇史先生も国内各地への宣教奉仕で、
Night de Lightも12日間の全国ツアーに出かける前ということで、
新しいCDを買ってサインしてもらった。

 いつもブログを拝見していた、にっちさんにもお会いして、
ご挨拶することが出来て、うれしかった。
 午後は、近くのモエレ沼公園へ行って、昼食をとったあと、
高速道路で約2時間かけて、旭川へ向かった。

 旭川在住の、上の子が短大の時にお世話になった、
クリスチャンのK先生と合流して、
旭川のラーメン村で一緒に夕食をとった。

e0123206_10132935.jpg

e0123206_1014689.jpg

e0123206_10152244.jpg

[PR]
by suzuran-no-nikki | 2012-08-13 08:37 | 家族