千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:家族( 196 )

宮崎旅行

 先週の金曜日、K兄弟の結婚式に招待していただいたので、
その1日前に、主人と宮崎に行って少し観光をした。

 その日の朝は、家を出発する頃には、かなり激しい雨が降っていた。

 ちょうど通勤時間で、久しぶりにギュウギュウ詰めの満員電車に乗った。


  羽田を9時40分発の飛行機で、10分遅れて出発し、
1時間半で宮崎空港に着いた。

 空港の近くでレンタカーを借り、しばらくドライブする。

 シーガイア近くの有料道路のパーキングに入り、
海を見渡せるレストランで昼食をとる。


 観光名所になっている青島や鬼の洗濯板を見た後、

道の駅フェニックスで宮崎名物のマンゴーのソフトクリームを食べ、
ちょっと早めにお土産を買った。

  K兄弟たちが通う宮崎の教会の前を通って、ホテルに向かう。


 夕方、宮崎駅の近くのホテルにチェックインして、
夜は、宮崎地鶏のお店に食事に行った。

 たまたま、千葉の船橋から、30年ぶりで
宮崎の小学校時代の同窓生に
会いに来たという方達と
隣り合わせの席だったので驚いた。


[PR]
by suzuran-no-nikki | 2016-11-18 09:46 | 家族 | Trackback | Comments(0)

故障続き

以前、家電が故障した時も、いろいろな物が次々に具合が悪くなり、
まるで伝染しているみたいだと思ったことがあるが、
今回も次々に故障が起こった。

まずは、携帯電話の故障。
1回目は、液晶画面の接触不良。これは、無料で修理してもらった。

2回目は 修理が終わって、まもなく、今度は私が携帯を落として、
地面が硬かったのでヒビが入ってしまった。
ヒビが入ったのは上の方だけだったが、やはり全部交換になった。

それぞれ、修理に1週間~10日間かかり、
その間は、代わりの携帯を貸してくれたが、
使い慣れない携帯だったので、ずいぶんと不便だった。

そして、3回目は車が故障した。
浜松旅行の頃から、エンジンがかかりにくいなぁとは思っていたが、
とうとうエンジンがかからなくなった。

主人がJAFを呼んで、ディーラーに持ち込んだが、お盆休みのため、
休み明けの18日まで待たなければならない。
車がないのも、また、なかなか不便だ。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2016-08-17 16:52 | 家族 | Trackback | Comments(0)

3回目の浜松旅行

 8月の第一週が主人の夏休みだったので、
昨年は行かなかった息子のいる浜松を、2年ぶりに訪問した。
7月30日(土)~8月2日(火)の3泊4日で、
今回は、上の子と孫も一緒だったので、スケジュールはゆったりにした。

7月30日(土)
主人の用事があって、遅めの午後2時頃に出発。
サービスエリアで何回か休憩した。
NEOPASA駿河沼津で、静岡おでんの定食で夕食をすませ、
夜9時頃、ホテルにチェックイン。

7月31日(日)
10時20分から、浜松キリスト教会で礼拝に出席した。
2年ぶりにお会いする方々がなつかしかった。
礼拝後、グループに分かれて、分かち合いをした後、
お昼は3階で、教会の皆さんとお弁当を食べた。

昼食後、教会のすぐ隣にある、浜松城を散策していると、
ゆるキャラの出世大名“家康くん”が来ているのに出会った。
ちょうど良い機会なので、家族で一緒に記念撮影をしてもらった。
午後は、浜松駅近くの楽器博物館を見学した。
夕食は、農家レストラン“とんきい”。

8月1日(月)
朝食は、近くのデニーズでモーニング。
今日は、息子は仕事なので、主人と上の子と孫で出かけた。

浜名湖パルパルに車を止めて、
ロープウェイで浜名湖を渡り、オルゴールミュージアムへ行く。
お昼は、浜名湖を一望できるかんざんじ荘のレストラン。
午後は、ニコエでおみやげを買って、
一旦ホテルに戻って休憩。
夕食は、息子も合流して、
有名人も来店しているという“石松“で餃子を食べた。

8月2日(火)
ホテルをチェックアウトした後、デニーズで息子と合流。
お招きいただいた“晴れるや工房”のAさんの家に向かう。
途中、“いっぷく処横川”でひと休み。

宮崎駿のトトロの映画に出てきそうな、
緑の豊かな山の中に、日本一きれいな川(を目指しているとか・・・)
という気田川が流れている。
カヌー遊びも出来るそうだ。
気田川の川原で、しばらく遊んだ。
一見、浅いように見えるが、実は深い所もあり、
“晴れるや工房”の横の流れは、カヌーで下る人達から、
晴れるや淵と呼ばれているそうだ。
12時過ぎまで、気田川で遊び、
お昼は、Aさん手作りの天ぷらとおそばをご馳走になる。
食後のコーヒーも、香りが良くおいしかった。

2時過ぎに帰路に着くが、ちょうど雷雨が激しく、
近くに雷が落ちたのだろうか、
途中の交差点の信号が、みな停電して消えている。
土砂降りの雨の中を、恐る恐る運転しながら、
何とか高速に乗って、帰路についた。

渋滞を避けるため、静岡サービスエリアで、
いったん休憩して夕食をとり、
9時頃に家に着いた。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2016-08-09 10:16 | 家族 | Trackback | Comments(0)

義母の胃ろうの手術

94才になる義母は、2~3年前から施設のお世話になっているが、
最近、あまり食事をとることが出来なくなってきた。
このため、診察を受けた結果、胃ろうの手術を受けることになった。

T病院に6月28日(火)に入院して、7月1日(金)に胃ろうの手術を受けた。
担当の医師によると、手術の日も決して体調は良くなかったが、
このままだと、もう1~2週間しか持たないとのことで仕方がなかった。

ただ、こういう時にも心強いのは、
主人の兄弟が3人ともクリスチャンだということ。
30年ほど前に、義父が半年ほど入院して召天した時もそうだったが、
いつも共に心を合わせて祈れることだ。

おかげさまで、義母は7月12日に無事に退院。
その後、施設に戻り、今までとは別の棟に移って、
何とか落ち着いた。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2016-07-20 10:33 | 家族 | Trackback | Comments(0)

熊本の花屋さん

 社会人になってから、毎年、母の日にカーネーションを
送ってくれる息子から、宅急便が届いた。
 今年は、ちょっと高めの胡蝶蘭の花籠だった。

 先日、帰って来た時にも、一人暮らしで、
貯金が出来ないとか言っていたのに、
こんな無駄遣いして…と、少しイライラしながら箱を開けて見ると、
中から、胡蝶蘭の紹介のパンフレット等と一緒に、
可愛い‘くまモン’のシールが出て来た。

 良く見たら、発送元は、“森水木のラン屋さん”という、
熊本県宇城市の花屋さんだった。
 売り上げの一部分が、自動的に熊本地震の支援金になるそうだ。

 なんだ、熊本の復興支援の役にも立ってるいるんだ…
と、チョットうれしかった。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2016-05-09 08:03 | 家族 | Trackback | Comments(0)
 フランスにいるT君が、イースター・エッグの他に、魚のお菓子があると言う。
 私は、てっきりイクソス(ギリシャ語でイエス・キリスト・神の子・救い主の
頭文字を並べた)の魚かと思った。

 ところが、調べてみたら、ポワソン・ダブリル(Poisson d’Avril)という
エイプリールフールの魚だそうだ。

 フランスでは4月1日をポワソン・ダブリル(Poisson d’Avril)といい、
ポアソン(Poisson)・ダブリル(d’Avril)はフランス語でそれぞれ、
「魚」「4月」を意味するとのこと。

 4月1日の頃になると、お菓子のお店では魚の形のチョコレートやパイが
店頭に並ぶそうだ。
 
 イエス・キリストの復活を祝うイースター(復活祭)は、
年によって日が違うが、今年は、こんどの日曜日の3月27日になる。
 4月1日のエイプリールフールも近いので、
両方のお菓子が並ぶことになったのか・・・・・
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2016-03-26 10:49 | 家族 | Trackback | Comments(0)

怒涛の年末年始

 今年も、怒涛の年末年始が、ようやく一段落した。

 12月13日(日) キッズクリスマスから始まった、クリスマスイベントの数々。
 12月20日(日) クリスマス礼拝と愛餐会
 12月24日(木) クリスマスイブ祈祷会
 12月27日(日) 感謝会と大掃除
 12月31日(木) 大みそか祈祷会とカウントダウン

 1月1日(金) 元旦礼拝と親戚の食事会
 1月3日(日) 新年最初の礼拝と献児式

 クリスマスや年末年始は、いつも教会に来られない方が来られたり、
初めての方が教会に足を運ぶ良い機会になっている。

 新年の親族の食事会では、何年かぶりで主人の次兄の、
末の息子が顔を見せてくれた。この春、大学を卒業する予定だ。
 93才になる義母が、5分おき位で「○○くんよね~?」と繰り返し、
別れる頃になって、ようやく認識できたようだった。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2016-01-13 07:46 | 家族 | Trackback | Comments(0)

初孫

 2015年11月25日に、初孫が生まれた。
 予定日より2日早く、2,678gの男の子だった。
 前日の夜中に入院して、翌日の夕方に誕生。
 14時間ほどかかったが、助産師さんによると、ごく普通だそうだ。

 よく孫は可愛いと言われるが、私はまだまだ、そんな余裕が無く、
特に最初の一か月は大変だった。
 慣れない育児に、退院して1週間くらいして、娘は熱を出すし、
娘婿は左手を6針縫うケガをし、私も人生で初めての交通事故にあった。

 名前の由来となる漢字は、人や物が集まるという意味がある
ということで、今までもそうだったように、多くの人に助けられ、
また多くの人や恵みが集まるようにという願いで名づけたそうだ。

 「ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、
わたしもその中にいるからです。」(マタイ18:20)
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2016-01-12 11:11 | 家族 | Trackback | Comments(0)

還暦

一昨日、還暦を迎えた。
昨年は、9月に長女が結婚式をしたり、
11月に母が、93才で天に召されたりと、
いろいろなことがあった。

年末には、アメリカからAdvent Now!のチームを迎え、
千葉市民会館を借りて、クリスマス・クラシック・コンサートを行った。
帰国前の、12月24日には、千葉城を案内できたりして、
楽しかった。

この日から、長女が胃腸炎でダウンし、
ようやく治って、無事に年を越したと思ったら、
私も風邪で4日からダウンしてしまった。

38度台だった熱が、37度台で行ったり来たりして、
今朝やっと、36台に下がった。
年々、風邪が治りにくくなって、回復に時間がかかる。

熱があって、ボーっとした感じで、
年金事務所に行くと、それなりの年齢の方々で、
混雑していて、改めて、年を重ねた事を感じる年明けとなった。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2015-01-08 10:08 | 家族 | Trackback | Comments(2)

義母の大腿骨骨折

 4月17日、義母の入所している施設から電話があった。

 前日の夜中に、義母がトイレで転倒し、その時はそうでもなかったのだが、

朝になっても痛みがひどく、これから救急車で病院に運ぶとのこと。


 病院でレントゲンを撮ってみたところ、右大腿骨骨折ということで、

すぐに手術をすることになった。

 こういう時に限って、会社の主人の電話もつながらなくて、

心細いまま、一人で手術の同意書にサインして、手術開始となる。

 おかげさまで、手術は無事に成功し、その後、主人も会社から駆け付ける。


 とても評判の良い整形外科で、病室も混み合っているらしく、

本来はすべて予約入院なので、4日後には退院してほしいとのこと。

 手術後、1日目からリハビリを始めて、4月21日には退院し、
施設に戻った。
 義母は、92才にしては、回復も早く、忍耐強いですねと言われた。

 私の母も、2年ほど前に、同じように大腿骨骨折で手術を経験したが、

その時は、別な病院で3週間ほど入院した。


[PR]
by suzuran-no-nikki | 2014-04-22 11:48 | 家族 | Trackback | Comments(0)