千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:子育て( 42 )

e0123206_14224819.jpg
おまけ 『わたしがこどもだったころ』 
“絵本を作る会”のメンバー10名の共同製作作品 
  1992年10月

“絵本を作る会”のメンバー10名が、一人一作品づつの版画を製作。




 子どもの頃にした懐かしい遊びを思い出しながら、
製作した一人一作品づつの版画を、印刷して製本したもの。

 私は“雪あそび”という作品で参加した。

 東北の生まれなので、雪だるまやかまくらを作ったり、
雪に絵の具で色をつけて遊んだ思い出を絵にした。


e0123206_1423124.jpg
e0123206_14233676.jpg
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-10-03 14:29 | 子育て
 その③ 『Sくん』   スズラン作  1992年9月 
 (製作途中)
e0123206_23265064.jpg

 下の子が生まれた時の記録。

 平成2年4月30日生まれ。

 やはり、名前の由来や、生まれた時の様子、初めての言葉や、
お姉ちゃんの様子、いろいろやったイタズラや、将来の夢など。


 (下書きまでして、色塗りが終わっていません。
いまだに製作途中です。)

e0123206_2327598.jpg
e0123206_23272338.jpg
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-10-02 23:34 | 子育て
e0123206_9145159.jpg
 その② 『Rちゃん』  スズラン作  1991年3月

 上の子が生まれた時の記録。
 昭和62年12月12日生まれ。

 名前の由来や、生まれた時の様子、初めて歩いた時のこと、
好きだった遊びや、下の子が生まれてお姉ちゃんになるまで。

e0123206_915448.jpg


e0123206_911383.jpg

 最後のページにママからの手紙付き。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-10-01 09:22 | 子育て
 子供達が小さかった頃、N公民館に“絵本を作る会”
というサークルがあり、しばらく参加していた。

 そのときに作った絵本から、少しだけご紹介。

 その① 『Rちゃんふねにのる』 スズラン作 1991年8月
e0123206_064760.jpg

 ママさん教室でお友達になった、3人のお母さんと子供達で、
初めて、水上バスという船に乗って“浜離宮“という所まで行った。

 皆でおいしいお弁当を食べて、近くにいた鳩にえさをやったりして、
しばらく遊んで帰って来た。

 家からは、かなり遠かったので、
帰り道では、上の子が疲れてしまって、
歩くのを嫌がって大変だった。

 上の子が3才、下の子がまだ1才だった頃の、楽しい思い出。
e0123206_072794.jpg
e0123206_08372.jpg
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-09-30 00:10 | 子育て

“崖の上のポニョ”

 先日、“ららぽーと”で“崖の上のポニョ”の映画を観た。
 夏休みも終わって、もうすでに見た人が多いのか、比較的すいていた。
 入口で、キャラメル・ポップコーンとドリンクのセットを買って映画館に入った。

 壮大で見る者の心を潤してくれる美しい自然。
 と同時に、恐ろしい力を持つこともある自然。
 海を舞台にした、宮崎アニメの夢のある自然描写が美しい。

 女の子と男の子が出てきて、二人の純粋な友情と愛が、
向かってくる悪者達を打ち破って勝利を収める。
 こうしたストーリーは、どこかで見たことがあるような、
宮崎駿作品に共通しているテーマのような気もする。

 しかし、殺し合いや暴力シーンの多い最近の映画の中では、
数少ない、ほのぼのとした心温まる良いお話だったと思う。

 物語の解説に・・・・・
“アンデルセンの「人魚姫」を今日の日本に舞台を移し、
キリスト教色を払拭して、幼い子供達の愛と冒険を描く。・・・・・”
とあったが、「人魚姫」の物語というのは、
キリスト教的なお話だったかしら・・・・・?
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-09-25 08:55 | 子育て
 今日は、M大学のオープンキャンパスに行って来た。
 大学めぐりも、たぶんこれで最後だと思う。

 東京に本校がある大学のためか、何となくあかぬけている気がする。
 学内を案内してくれたキャンパス・ツアーの学生さんも、感じが良かった。
 学食でお昼を食べて、しばらく見学をして帰宅した。

 帰りは、ちょっと用事で遠回りをして帰った。
 下の子が駅の改札口を入ると、ピンポーンと機械が鳴った。
 見ると切符が2枚出て来ている!!
 前に通った人が、取るのを忘れたらしい。

 でも、もう前の人は行ってしまって分からない。
 改札口の窓口の駅員さんに切符を渡して、ホームに下りた。

 電車に乗って、座席についてから、
下の子が荷物を置いて、どこかへ行ってしまった。
 見ていたら、急いで階段を駆け上がって行く。

 もうじき発車の時間なのにと、心配していたら、
そのうち戻って来て、隣の車両のおばあさんと話をしている。
 さっきの切符は、あのおばあさんが忘れたものだったらしい。

 うれしそうに、こちらに向かってお辞儀するおばあさんの姿が見えた。
 まあ、小さな親切が出来て良かったね。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-08-23 21:19 | 子育て

高校の文化祭準備

 下の子の高校では、毎年、夏休み明けに文化祭がある。

 今年は劇をやるそうだが、今が準備の真っ最中だ。

 下の子は、大道具を担当しているということで、
先日、いろいろな材料を集めて運ぶため、車出しをした。

 まず、新聞販売店で、配らなかった不要の新聞紙をもらう。
束になっていて、かなり重たい。

 次に、スーパーで、ダンボール箱の収集をする。

 どちらのお店も、高校生が文化祭準備でもらいに来るのは、
慣れているのか、わりあい親切で協力的だ。

 その後、Ⅴホ-ムで角材や板を購入して、高校まで運んだ。

 学年が上になるに連れて、学校を訪れる機会も少なくなり、
高校に普段の日に来ることはめったに無い。

 暑い中、みんながんばって、文化祭の準備をしている。
 熱心な先生は、お手伝いもして下さっているようだ。

 どんな文化祭になるのか、9月が楽しみだ。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-08-22 12:42 | 子育て
 オープン・キャンパスに行った時に、模擬授業というのがあった。
 大きな階段状の椅子席の教室だった。
 こんな教室で授業を受けるのは、何十年ぶりだろう?
 いつの間にか、気分は大学時代にタイムスリップしていた。

 あの頃は、何気なく受けていた授業が、
今はとても新鮮に感じる。
 いろいろなことを学べるって、感謝なことだったんだなぁ・・・・・

 学生達が行きかう駅までの帰り道。
 通り沿いに、一軒の古びた喫茶店があった。
 昔、こんなお店で、友人とお茶を飲みながら、
いつまでも話をしていた頃を思い出した。

 お金はなかったかもしれないが、時間と夢はたくさんあった。
 もしも・・・・・あの頃に戻れたら、
私は、今と同じ人生を歩むだろうか・・・・・?
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-08-02 19:31 | 子育て
 今日は、C大学のオープン・キャンパスに行って見た。
 C大学は、M駅から徒歩15分くらいの、
緑に囲まれた小高い丘の上にある。
 裏門を入るところに、オンボロの学生寮があって、
ある受験生は、これを見て、そのまま帰ってしまったそうだ。

 学科ごとに教室に分かれて、それぞれ先生から説明があった。
 まず学科長のご挨拶。
 そして、DVDによる学部紹介。
 在学生による学生生活の紹介や、質疑応答。
 あと、学科の先生の模擬授業と、学内の施設見学があった。

 終わると、ちょうどお昼時になったので、
学内の生協食堂で昼食を食べた。
 まあまあ値段も味も、お手頃だった。

 近くに、重要文化財にも指定されている
古い建物や歴史館のある公園があったので、
チョット立ち寄って、その森の中の庭園を散策して帰った。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-08-01 21:28 | 子育て

高校の最後の授業参観

 今日は、下の子の高校の授業参観だった。
 もう高3で、あと下の子はいないから、たぶん親として
これが最後の授業参観になると思う。

 小雨まじりの寒い中、教室の中はわりと暖かかった。
 1~5時限までの中で、いつでも都合の良い時間に行って参観出来る。
 3時限目に行くと、科目は地理だった。

 授業の内容は、たまたま今日は‘世界の宗教’についてだった。
 興味のある内容なので面白かった。

 信者の人口の多い順番に、
1位がキリスト教のカトリック・2位がイスラム教・
3位 ヒンドゥー教・4位 仏教・5位 キリスト教のプロテスタント・・・・・等々。
 それぞれについて特徴を捉えて、詳しく解説された。

 授業が終わって、そそくさと帰ろうとしたら、先生が昇降口の所まで来られて、
「今の授業で、何か間違ったことを言っていませんでしたか?」と問われた。

 わざわざ、先生の方からそんなことを保護者に聞いてくるなんて、
ずいぶんと謙虚な方だなあと思った。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-05-31 18:08 | 子育て