千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:その他( 11 )

 “タモリさんの弔辞” と言う
私が以前(2009・07・29)に書いた記事を、
時おりだが、検索して来て下さる方がある。

 それで、ちょっとタモリさんの経歴を調べて見た。
 フリー百科事典Wikipedia(ウィキペディア)によると、
タモリさんは、中学時代から4年間、
近所のバプテスト派のキリスト教会に通っていたという。

 その平尾バプテスト教会というのは、
福岡市南区平和1丁目にある教会だそうだ。

 キリスト教のプロテスタントの教会で、
タモリさんが話し方のものまねをしている宣教師は、
その教会の最初の宣教師だとのこと。

 タモリさんは、早稲田大学でも西洋哲学を学んでいたようだし、
その当時は、何かを求めていたのではないかと思う。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2010-10-30 12:57 | その他
  いろいろあって、しばらくブログはお休みしました。
 この2、3ヶ月ほどを振り返って見て、主な出来事は、
10月23日に、私の母がホームで転倒し、3週間ほど入院。
 脳挫傷と言うことでしたが、おかげさまで、なんとか以前と同程度まで回復し、
11月16日に退院して、ホームに戻りました。

 エクアドルからインターンで来日して、教会に3ヶ月間滞在し、
キャンプなども共に参加して、教会のみんなと楽しい思い出を
たくさん作ってくれたM姉妹は、11月6日に帰国。

 12月に入ると、例年のように、クリスマスのシーズンということで、
ユースのクリスマスや礼拝・映画会・キャンドルサービスなどがあり、
喜ばしくも慌しい、幸いな時を過ごしました。

 その他にも、いろいろな事がありましたが、
こうして無事に一年を終えることが出来て感謝です。
 今年も一年お世話になり、ありがとうございました。
 みなさま、どうぞよいお年をお迎え下さい。



 クリックしていただけると感謝です
       ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2009-12-31 07:39 | その他

タモリさんの弔辞

 先日の日曜日の礼拝の帰りの車の中で、
テレビの“笑っていいとも”という番組の話題が出た。
 この間、さんまさんがゲストで出演した時に、ムササビの話から始まって、
ずいぶん長い時間一人でおしゃべりをしたらしい。

 さんまさんは、実は、タモリさんよりも芸歴は長いのだとI君が言っていた。
 そういえば、タモリさんは芸能界に入る前に、
他の仕事をしていた期間が長かったと聞いたことがある。
 このタモリさんの才能を見出したのが、漫画家の赤塚不二夫さんだった。

 昨年の8月2日に、赤塚不二夫さんが逝去されてから、
もうじき一年が過ぎようとしている。
 その時、告別式で述べられたタモリさんの弔辞が忘れられない。

 後で判明したのだが、この告別式の弔辞を書いてあると思われた紙は、
実は何も書かれていない白紙だったらしい!!
 長文ではあるし、どうしようか迷ったのだが、
今でも印象に残っているので、全文を引用させて頂きたい。

 最後の「私もあなたの数多くの作品の一つです。」という言葉は、
私ならば、「私たちは神の作品です。」と言うところだけど・・・・・

  「私たちは神の作品であって、良い行ないをするために
  キリスト・イエスにあって造られたのです。」
                                 聖書(エペソ2:10)


 タモリさんの弔辞は以下の通り:

続きはこちら
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2009-07-29 12:26 | その他

セミの一生

 先日ラジオを聴いていたら、夏休みの子ども電話みたいな番組で、
専門の先生に質問するコーナーがあった。

 ある小学生が、こう質問した。
 「どうしてセミは7日間しか生きられないんですか?」
 電話で応対した先生の答えは、こうだった。
 「地上に出てからは7日間だけだけど、卵からだと
7年間位生きていることもあるんだよ。

 そして、地上に出てからの7日間は、セミにとっては、
結婚して、次の世代を生むのにはちょうど良い期間なんだ。
 生き物というのは、この命をつなぐためだけに
生きていると言っても過言ではないからね・・・・・」といった内容だった。

 「えっ!!命をつなぐためだけに生きているの・・・・・?????」
 私は一瞬、耳を疑った。
 そうなのだろうか・・・・・?
 もしそうだとしたら、結婚しなかったり、子どもを持たなかったら、
生きている意味が無いって言うことなのだろうか・・・・・?

 生放送の急な質問で、急に回答したから、
言葉が不十分だった点もあるのかも知れない。
 しかし、何だか、少し違うと思う回答だった。



 クリックしていただけると感謝です
    ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2009-07-28 11:18 | その他

“1年目の手紙”

 たいへん遅ればせながら“1年目の手紙”というのをやってみました。
“1年目の手紙”

  (あらかじめお断りしておきますが、やや長文です。
  あと、まったくのお遊びです。読み飛ばして下さい。)



 スズランさんの恋人からお手紙が届きました。・・・・・


今日で付き合ってちょうど1年だね。
節目だし、最近はろくに話し合えたりもしていないから、
今日ぐらいは真面目に思ったことを伝えるよ。

さて、何から書こうかな。
あー、前から思ってたんだけどさ、
スズランっておれ以外の男と話すときは声がかわいいよね…凹。
ってわざわざ記念日に書くようなことじゃないか。
この話はナシ。

そうそう、最近思うんだけど、スズランってすぐ
「私のこと好きじゃない気がするから別れる」とか言うよね。
おれは何も言ってないのに。
電話すると、いきなり思い詰めててびっくりするときがあるよ。
おれってそんなに信用されてないかね?
この一年間で別れたいと思ったことなんか一度もないけど、
「別れたそうだから…」ってのは10回は言われたと思う。
もう少しどんと構えていてほしいんだけどな。

ぶっちゃけ、ここのところ、あまり一緒にいても楽しくないよね。
それはスズランも感じていると思う。
いつもスズランの顔が不満そうだしね。

寂しいのは分かる。十分にかまってやれていないとも思う。
だけどさ、一つ聞きたいんだ。
寂しいのはおれのせいなのか、
おれがいるから寂しさが増えてるのか、って。
いるのといないの、どっちがいいんだって。
おれはおれなりにスズランを理解しようとしているし、
正直もっと感謝されたいし認められたいんだよ。
それは分かってほしい。

…って結局は文句ばっかり言ってる自分…。
もっと前向きなこと書くね。
記念日だってことを忘れてた。

ここまでひどいことを書いてきたけど、
なんだかんだ言って、おれはスズランに感謝してるんだ。
おれは性格がキツイし人に優しくないから、
スズランみたいな性格がまるで仏様に思えたし、
正反対の人間だと思った。
いろいろと批判したりしてしまうけど、
スズランの理解があって人に優しいところは、
おれは大好きなんだよね。
そこは変わってほしくない。

スズランが言ってくれた
「時間は止められないけど、私たちは変わらない絆を作ろう」
っていうセリフをおれは今でも大切にしているから、
これからも手探りながらに
少しずつ信じるものを増やしていけたらと思うよ。
スズランもあのときの気持ちのままでいるだろうか。
そうだったらいいけど。

これからも決して平坦ではないと思うけど、
お互いを信じて乗り越えていこう。
あ、それとそろそろ大根おろし以外の料理を覚えてくれ。

では、これからも末永くよろしく。
スズランがいてくれてよかったよ。
ありがとう。

P.S.誕生日にあげた指輪をオークションで売って、
かに道楽に行ったらしいな。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




【こんな問題ありませんか?】
◆アプローチが下手で、もじもじしてしまう。
◆付き合うと、やたらと泣かされる。
◆強くなりたいと思うが、なれない。

【分析と課題】
スズランさんは、まず付き合う前の段階では
かなり消極的な部類に入ると思われます。
アプローチという点でもそうですし、
恋愛以外のことでもわりと周囲に流されたり
自分の意見を言わなかったり、
ときに愚痴の引き受け役や
八つ当たりの引き受け役になってしまうなど、
消極性で損することも多いのではないでしょうか。

付き合った後も、我慢が続くかもしれません。
うまく気持ちが伝えられないこともあり、
またスズランさんとは正反対の、
気持ちをあまり分かってくれないタイプを好むこともあり、
スズランさんは彼氏ができてもなかなか理解されないかもしれません。
それによって我慢したり、重苦しいことを言っては
相手と喧嘩になるなど、泣かされる場面が増えそうです。

スズランさんは、自分の自信の無さや、
自分の弱さを呪うかもしれません。
したがって強くなりたいと思うかもしれません。
しかし大事なことは強くなったり
一人で生きられるようになることではありません。
それではスズランさんらしさが欠けてしまいます。
大事なことは「人に頼らない」「強さを獲得する」
ということではなく「頼っても大丈夫だった」
「弱さを受け入れてもらえた」という経験をすることです。

自分をどうすれば受け入れてもらえるか、
そこがスズランさんの最初の課題だと思われます。




クリックしていただけると感謝です
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2009-05-11 16:54 | その他
  私は、よく口ぐせで「すみません」といってしまうのだが、
うちの子に「そこを、『ありがとう』と言いかえた方がイイよ。」
と注意されたことがある。

 「すみません」は、どちらかというと、ネガティブな感覚のイメージ。
 「ありがとう」は、どちらかというと、ポジティブな感覚のイメージ。

 「すみません」という言葉には、何だか本当は自分でやりたいのだけど、
出来ないので、あなたの手を煩わせて申し訳ないという感じがする。
 どちらかいうと、自分に無いことを見ている。

 「ありがとう」という言葉は、相手がしてくれたことに対して、
その好意に対して、感謝する思いが感じられる。
 どちらかというと、相手に有ることを見ている。

 自分も、何かしてあげた時には、「すみません」と言われるよりは、
「ありがとう」と言われた方が、うれしいような気がする。

 ついつい、「すみません」と言ってしまうのだが、なるべく感謝なことを探して、
ポジティブな思考で、「ありがとう」を多く口に出来るようにしたいナァ。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-10-25 10:38 | その他
 昨日は、仕事で国府台という所へ行った。

 京成線の国府台駅を降りると、すぐそばを江戸川が流れている。
 教会のI君は、この江戸川沿いを、3年B組の金八先生のように、
風を切って走ってみたくて、Y高校に入ったと言っていた。

 駅の改札口を出た所に、地図があって、
国府台駅から市川歴史博物館や、矢切の渡し方面ヘ向かう
散策コースが3コ-スほど案内されている。

 近くには、今年の春にうちの教会のTちゃんが入学したW女子大や、
茂原のS姉妹の息子さんが通うC商科大などがあり、
今風の女子大生や青年がたくさん歩いている。

 しばらく行くと、このたび牧師の認証式をされた、
うちの教会のN先生が若かりし頃に通ったK高校もある。

 いつか時間があるときに、矢切の渡しの方まで、
ゆっくりと散策して見るのも良いだろうなと思った。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-05-10 11:46 | その他
  知り合いの方の影響で、このごろNHK朝の連続テレビ小説
「ちりとてちん」を見るようになった。

  ‘徒然亭若狭’という、女流落語家を目指す主人公を取り巻く、
人々の日々の生活の喜怒哀楽を描いたドラマだ。

  「ちりとてちん」と言うのは、「ちりとてちん」という
奇妙な食べ物に関わる落語のお題から来ている。

  落語という、言葉を扱う職業を取り上げているためか、
言葉の端々にもユーモアがあり、気が利いている。

  先週のサブタイトルは、「人の振り見て我が塗り直せ」だった。
その前は「出る杭は浮かれる」だったと思う。
今度は何だろう・・・・・?
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-01-20 22:50 | その他
 今日は、仕事で東京の千代田区役所へ行って来た。
地下鉄東西線の九段下駅で下車。
武道館の裏を、九段会館の側を通り、皇居のお堀に沿って、
内堀通りを竹橋方面に歩いた所に千代田区役所がある。

 昨年5月にオープンしたばかりという、23階建てのビルは真新しくて綺麗だ。
ガラスを多用した明るく開放的なロビーや、
落ち着いた色調の内壁など。
 この建物の中の、1~10階までが千代田区役所になっている。
2階の入口に総合案内があり、働いている区役所の職員さん達も親切だ。
各課をしきる壁が少ないため、フロアもすごく開放的な感じがする。

 9・10階には、平日夜10時まで開いているという、話題の「千代田図書館」もあり、
図書館内はもちろん、千代田区の地域を案内してくれるコンシェルジュもいる。

 遅めの昼食は、毎日新聞社の入っているパレスサイドビルの
地下のレストラン街で食べた。
 大手町付近は、以前少しだけ勤めていたことのある場所なので、
ちょっと昔を思い出した。

 帰り道を間違って、共立女子大の方向へ歩いて行ってしまった。
大学入試の案内の看板が出ていた。
 明日・明後日は、いよいよ大学入試センター試験だ。
うちの下の子も、来年は受験することになる。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-01-18 20:40 | その他

免許の更新手続き

 今日は、幕張の免許センターに免許の更新に行って来た。
更新時期が、年末年始のお休み前後にあたるためか、いつも混んでいる。

 今日も、まず駐車場に入るところから、もう並んでいた。
そして、建物の中に入ると、また行列が続く。

 それでも、係員さんは慣れたもので、次々と手続きの作業を進めて行く。
まるで、私達はベルトコンベアーに乗せられた部品が流れていくようだ。

 “申請書の受け取り”→“収入印紙の購入”→“視力検査”→“写真撮影”→“講習”
“講習”では、いくつかの改正点の説明があった。

 ☆新たに中型免許というのができたとか、
 ☆後部座席でも、6月からシートベルトの着用が義務化されるとか、
 ☆携帯も使っていると、罰金を取られるようになったとか・・・・・

 優良講習だったので比較的早く済んだが、合計で1時間半以上はかかった。
そして、ようやく免許の受け取り!!

 チョット、写真の出来上がりが気になった(^^ゞ
ゴールドカードだから、あと5年間は手続きに来なくても大丈夫だ。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-01-10 18:45 | その他