千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:手話( 47 )

 今年の4月から始まった、手話の講習会の‘入門講座’が
昨日で最終回を迎え、全18回を無事に終了した。
 途中で体調を崩された方や、いろいろご都合があって、
25名だった参加者が、最終回では20名だった。

 いつもの授業の後で、一人一人が短く手話で名前と感想を述べた。
 まだ‘入門講座’を終了したばかりの、つたない手話だけれど、
どの人も、この講習会が楽しかったこと、これからも引き続き
頑張って行きたいことなどを一生懸命に表現した。

 それは、K先生がよく言われる、まず伝えたい気持ちが第一という、
どの人もその気持ちがこもった挨拶だった。
 K先生は、あふれる思いをこらえて、一人一人の手話を見ていらしたが、
順番が半分位の人まで来た時に、こらえきれずに泣き出してしまった。
 手話通訳の先生も、つられて涙されていた。

 1回1回いつも心のこもった授業をして頂いて、本当に感謝だった。
 また、皆も言っていたように、多くの良き仲間に恵まれて、
助け合って、ここまで来られたのだと思う。

 最終回の講座終了後は、皆で近くの和食のレストランに打ち上げに行った。
 いつも、お母さんに連れられて講習会に来ている5才の女の子がいて、
授業の間は託児の先生に預かってもらっていた。
 この子が、打ち上げの時は、お母さんと一緒に座っていて、
自分の名前を手話の指文字でK先生に教えてあげていて、とても可愛かった。

 この後、8月はお休みして、9月からたぶん‘基礎講座’に進む予定。



 クリックしていただけると感謝です
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2009-08-08 09:16 | 手話

映画『ゆずり葉』

 昨日は、浦安市民会館という所で、
全日本ろうあ連盟創立60周年記念の『ゆずり葉』
という映画を観て来た。
 良かった!!

 上映される会場の数が限られていて、私の参加している手話講習会では、
11月8日(日)に船橋市の宮本公民館という所で上映予定との案内だった。
 けれども、その日は都合で行けないので、別の場所を調べて行って見た。

 浦安駅から乗った市役所を通るバスの車内では、
手話で会話をされるふたりのご婦人の姿があった。
 会場に到着し、ロビーでお茶を飲んでひと休みしていると、
手話で雑談しているグループの人たちをたくさん見かけた。

 映画の始まる前に、実行委員長さんと、浦安市長さんのご挨拶があった。
 浦安市長さんも、お名前と挨拶を少しくらいは手話でされて、じょうずだった。
 ‘浦安’という表現が、ミッキーの耳の形を頭の上に作るのだが、
浦安市長さんもこれをやっていて面白かった。

 客席の左前方に、OHPの装置があって、筆記での通訳も行われていた。
 映画の方は、正直言うと、あまり期待していなかった。
 この辺の気持ちからして、私自身に障害者への偏見があるのを感じる。
 そんな思いが恥ずかしくなるような、素晴らしい映画だった。

 感動的だったストーリーは、まだ見ていない方のために話さないでおくが、
上映中に涙が止まらずに困った。
 聴覚障害者の方々の通って来られた苦労と、たゆまない努力を思う。
 それによって、今の生活が多少は改善されたのだろう。

 現実の苦労は、映画に描かれているもの以上だったかもしれない。
 この映画を、もっと広く一般の方々に見て頂き、
聴覚障害者への理解を深める助けになればと願う。

 エンド・ロールで流れていたお名前の中に製作委員会の顧問として、
日野原重明〔聖路加国際病院名誉委員長〕先生のお名前があった。



 クリックしていただけると感謝です
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2009-08-02 23:30 | 手話
 今日は、手話の講習会の第16回目だった。
 4月から始まった‘入門講座’の全18回も、あと2回を残すのみとなった。

 この次の段階の‘基礎講座’では、別の先生になるそうなので、
今まで教えて下さったK先生に、何か感謝の気持ちとして、
最後に、みんなで歌でも劇でもやろうということになった。

 今回は、比較的やさしい「小さな世界」という曲をやることになり、
今日から、講習会の始まる前の時間に練習が始まった。


 そういえば、息子のS君が中3の時に、手話の選択授業で
「世界でひとつだけの花」を歌ったことがあった。

 S君に尋ねてみたら、今でも結構その曲と手話を覚えていた。
歌いながら身体を動かすと、知らず知らずのうちに手話が身に付くようだ。


 あと、先日の日本プロテスタント宣教150周年記念大会の時に、
会場の右前方で手話通訳が行われていたのを思い出した。

 初心者の私から見ると、皆さんとても上手で、遠くからでもよく読み取れた。
 特に、ある女性の手話通訳者の手話がきれいだった。

 ただ手話がスムーズだというばかりではなく、語り手と心が一つになって、
主に向けられているように思った。
 お話の内容や思いも良く伝わって来たし、その姿が美しかった。

 いつか私も、あんな風に手話で表現が出来るようになりたいナァと思った。


 
 クリックしていただけると感謝です
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2009-07-17 18:54 | 手話

手話の自己紹介

 昨日は、手話の講習会の第10回目だった。
 今まで学んだ表現をつかって、一人一人が自己紹介をした。
 名前・家族・年令・誕生日・趣味・仕事・住所・・・・・など。
 みんな、結構じょうずに手話で自己紹介が出来るようになった。

 年令の部分は、秘密の人もいた。
 私は、いちおう正直に言った。
 もう少し若かった頃は、本当の年令を言えなかったが、
この年になると、もう開き直ってしまった感じがある。

 あと、私は数字が苦手だ。
 特に、手話の数字の8は難しい。
 片手の指をそろえて開いて、小指だけを内側に曲げるのだが、
どうしても薬指もいっしょに曲がってしまう・・・・・

 来週は、指文字のテストがある予定。
 くだものの名前から出題されるらしい。
 家に帰って、「イチゴ」とかを練習していたら、
子ども達に笑われてしまった・・・・・



 クリックしていただけると感謝です
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2009-06-06 19:34 | 手話
  歌手で“SPEED”のメンバーの今井絵理子さんの
息子さん(4)は聴覚障害者だそうだ。
 生後3日で長男に聴覚障害があることがわかり、最初は泣き続けたが、
あるとき寝顔を見て「この子は私を選んで生まれてきた。
耳のことで泣くのは息子に失礼だ。母の私は笑顔でいる」
と誓ったという。

 昨日の手話講習会で配られた全日本ろうあ連盟製作の
『ゆずり葉』という映画の案内のチラシに載っていた。
 今井絵理子さん自身も、昔の恋人の早苗という役で出演している。

 昨日で8回目になる金曜日の手話講習会は、毎回の実技の学習の他に、
月に1回の講演会がある。
 前回は、「全国手話通訳問題研究会(全通研)」の
千葉県支部の方のお話で、『手話を学ぶにあたって』の概論だった。

 今回は、3名の聴覚障害者の方が、『聴覚障害者の生活』について、
困ったことや、うれしかったこと等の体験を、手話で語って下さった。
 聴覚障害者の方にも、いろいろな方がおられて、それぞれ個性があるの
が感じられておもしろかった。

 チラシにあった今井絵理子さんの言葉で、
「息子を通して障害は個性だということがわかった。
障害は不便だけど不幸じゃないよ、
ということを多くの人に伝えたい。」
というのが心に残った。


   「ですから、私は、キリストのために、弱さ、侮辱、
   苦痛、迫害、困難に甘んじています。
   なぜなら、私が弱いときにこそ、私は強いからです。」
                             (コリントⅡ 12:10)

 


 クリックしていただけると感謝です
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2009-05-23 10:37 | 手話

手話の講習会

 4月から始まった手話講習会に参加するようになって、
今日がその第6回目だ。
 この年になって始めた習い事は、覚えが悪くて大変だが、
新しいことにチャレンジするのは楽しい。

 そもそも、手話を学ぼうとしたキッカケは、
お隣に聾唖者のご夫妻が住んでおられたからだ。
 回覧板などを持って来て下さっても、何も会話が出来ず、
少しでもお話が出来るようになれたら良いなと思った。

 これまでにも、テレビの「みんなの手話」の番組などで、
自分なりに勉強しようとしてきたのだが、
自己流だと手の形などがよく分からなかった。

 今回、たまたま3月初めに市の広報で募集の案内があり、
応募したら、70人中から抽選で25人が選ばれたとのことで、
ラッキーだったなあと思っていた。

 ところが、先日そのお隣の聾唖者のご夫妻が引っ越して行かれた。
 せっかく、手話を学び始めたところだったし、ちょっと寂しい。
 でも、引っ越し先は、そんなに遠い所では無いようなので、
またいつか会えたら、手話で会話が出来るよう頑張ろう!!




 クリックしていただけると感謝です
      ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2009-05-08 08:55 | 手話

手話の会話ができた!!

おとなりに聾唖のご夫妻が引っ越して来てから、しばらくたった。
チョットづつだけど、「NHKみんなの手話」とかで勉強してきた。
今日は、町会のごみステーションのお掃除当番だった。
バッタリおとなりの奥さんに出会ったので、
「来週、お掃除当番できる?」と手話で聞いてみたら、
「わかりました。」って言ってくれた!
めっちゃ、うれしかった(*^^)v
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2007-05-09 17:23 | 手話