千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:手話( 47 )

 5月17日から、平成23年度F市の手話通訳者養成講座がスタートし、
昨日はその3回目だった。

 2月21日に中級コースを終了し、4月23日に次ぎのコースの面接試験があり、
ドキドキしながら結果を待っていたが、何とか全員無事に合格。

 これから2年間の講座となるが、私達は第7期目になるそうだ。

 新しく入った人も含めて、合計で22名での開講となった。

 2年前の入門講座の時からずっと一緒に学んでいる仲間は、
いろいろな事情で、次ぎのコースには進まなかった人もあり、今は5人だけ。

 そのうちの二人の友達が、たまたま同じように、
現在いずれも高齢の母が入院している。
 
 3月には東日本大震災があったり、
それぞれに母の入院などもあって、正直言って、
手話どころではないという気持ちもあった。

 けれども、毎週火曜日だけは、何とか頑張って、
以前どおりに、手話の勉強を続けて行きたいと思っている。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-06-01 10:37 | 手話
 先日、教会に来ていたトム君が、下北沢に行ったと聞いて、
「私も、このごろ下北沢行くんだ。
マジックスパイシーっていうお店があるよね?」と言うと、
「マジックスパイスじゃないですか?
うちの近くにもあるんで・・・・・」と言われてしまった。

 調べてみたら、確かに“マジックスパイス”だった。
 そして、なるほど、トム君の実家の近くの札幌に本店がある。
 かなり有名な、スープカレーの専門店らしい。

 今日も、その近くに用事があったので、
“マジックスパイス”がどこだかチョッと見に行った。

 小田急線の下北沢駅を降りて、線路沿いに商店街の中を、
本多劇場のわきを通って、北沢タウンホールの方へ歩いて行く。
 やや広い道路を渡って、ちょっとした路地を入った所に、
真っ赤な“マジックスパイス”のお店があった。

 今日は、すごい行列だったので、また今度にすることにした。
 店内から、おいしそうなカレーの香りが漂っていた。

e0123206_20505862.jpg


e0123206_2052416.jpg
 

e0123206_9243089.jpg

[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-02-26 20:53 | 手話

手話の中級コース終了

 昨日は、手話の中級コースの最終回だった。
 昨年5月から始まったコース、全35回が無事終了した。
 長いと思った1年も、過ぎ去ってしまえばあっという間。

 一人一人、この1年間の感想や抱負を手話で語り、
後半は閉講式があった。
 市役所等からの来賓のご挨拶の後、修了証書の授与、
そして、受講生のうち3名の手話による発表もあった。

 この後、手話通訳者養成講座に進む人・ 手話サークルで活動する人・
また別の道に進む人などあって、 今後はいろいろだけど、
この手話講座で知り合った仲間は 大切にしたいと思った。

 最後に、お世話になった講師の先生方に、花束の贈呈をし、
みんな名残を惜しみながら帰った。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-02-22 13:39 | 手話

“手話旅ツアー”

 今通っている手話の中級コースも、月曜日で最終回ということで、
手話の自主勉強会のお友達と、昼食会をした。
 いつもの勉強のあと、近くのポトフというお店に行った。

 スープとサラダ、メインディッシュとデザート・コーヒーまで付いて
ランチは千円ほどでうれしい価格。
 中級コース終了のあと、みんなどうしようか等、
いろいろな話に花が咲いた中で、ある旅行社の企画した
“手話旅ツアー”というものの話題が出た。

 海外旅行を手話の出来る添乗員さんが案内してくれて、
参加者もろう者が多いようだ。
 その旅行社で、ご自分もろう者である社員さんが、
この“手話旅ツアー”を担当しているようなのだが、
お客様の人気も高く、評判も良いらしい。

 私達も、この旅行の添乗員をやろうとか、
みんなで旅行社を立ち上げようとか冗談を言って笑った。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-02-18 13:41 | 手話

手話の交流会 第2回

 昨日は、昨年の12月20日のあと3週間の冬休みがあり、
久しぶりで、新年初めての手話講習会だった。
 この手話の講習会では、全部で30回の通常の学習のほかに、
3回の講演会と2回の交流会が含まれている。

 今回は、2回目の交流会だった。
 ろうあ者のゲスト2人をお迎えした。
 そのうちのお一人は、一昨年に最初の入門コースで
先生をして下さったK先生のご主人だった。

 まず、お二人から、手話による講演があった。
 Mさんは、「ヘルパーの体験」というタイトルで、
Kさんは、「私と陸上競技」ということでお話をして下さった。
 以前、1回目の交流会の時と比べると、
少しは読み取れるようになったが、やはり難しいと思う。

 その後、2つのグループに分かれて、ゲストを囲んで
お正月の過ごし方や、日常のことについて手話で会話をした。

 私が、1月10日に下の子の成人式をお祝いしたと言うと、
Kさんの次男もそうだったとのこと。
 成人式のあと、中学の同窓会に行って、朝の4時ごろ帰り、
そのまま仕事に行って、家に戻って来たら、
目の下にくまが出来てしまっていたそうだ。

 確か、Kさんご夫妻はお二人ともろうあ者だが、
息子さんは3人とも健聴者だったと思う。
 どこの家庭でも、子育てで経験する苦労や、
また逆に喜びは同じなんだなあと思った。

 手話の講習会も、残りあと5回だけになった。
 2月21日が閉講式の予定。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-01-18 12:02 | 手話
 昨日は、手話の自主勉強会のお友達と一緒に、
焼き立てパンの美味しいレストランへ新年会のランチに行った。

 私の住んでいる千葉県のF市では、
あちこちから富士山の見える場所がある。
 先日の、下の子の成人式の朝にも、
東京へ向かう高速道路の上から、
真っ白な富士山がくっきりと見えた。

 うちの近くだと、ある小高い交差点を通る時に良く見える。
 その近所のマンションの3階に住んでいるというお友達の話によると、
見晴らしの良い日には、そのわきの方に、東京スカイツリーも見えるそうだ。

 仕事帰りの駅から、夕日の中に富士山が見えると言う人もいた。
 そういえば、私が結婚する前に住んでいた駅前のマンションからも、
お天気が良いと、遠くに富士山が見えたなあ・・・・・
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-01-15 17:54 | 手話
 先日参加した手話サークルで紹介された、
東洋ローア・キリスト伝道教会の
関東地区のクリスマスの集いというのに参加してみた。

 少し早めに着いたら、2~3人のろう者の方がいらした。
 会場が、まだ開いていないみたいだから、
ちょっと銀行へ行って来ると手話で話しかけられた。

 私も、レストランで軽食をとってから、会場に入った。
 会場の中には、ほとんど音が無い。
 けれども、たくさんの人が集まって、みんな手話で話している。
 最初は慣れなくて、何だか異世界に入ったような気がした。

 手話による賛美や証しやメッセージがあった。
 読み取り通訳と、パソコンによる要約筆記がついた。
 私は、“メサイア”のハレルヤ・コーラスをパート別に分かれて、
次々と合唱した賛美が、特に印象深かった。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2010-12-20 10:35 | 手話
 先週の土曜日に、初めて参加したクリスチャン手話サークル“ぶどうの木”で、
キリスト教とは関係ないのですが、今夜NHK総合テレビで
「心の糸」というドラマが放送されますとのお知らせが最後にあった。
 家に帰って、夜そのドラマを見てみた。

 松雪泰子が演じる耳が聞こえない母と、複雑な母子家庭で育ち、
母からの期待に押しつぶされそうになりながらも、
やがて自分自身で夢に向かって歩み始める息子を描いたもの。

 松雪泰子の手話もきれいだったし、いろいろと勉強にもなった。
 そして、一昨日の手話の講習会でも、お友達とこの話題が出た。

 私と、そのお友達が印象に残ったのは、ろう者の母が、
市から派遣された手話通訳を断ったというシーンだった。

 ろう者の母は、自分達の住宅が立て替え建設の話が進む中で、
自分の気持ちをちゃんと伝えてほしいと強く思っている。
 そして、市からの通訳は下手だから断ったと、息子に頼む。

 手話通訳というのは、そこまで要求されるのだろうか?
 私達は、いくら頑張っても、コーダ(children of deaf adultsろう者の親をもつ聴者)
のようには、音声言語を手話にバイリンガルで訳せない気がする。

 今いっしょに手話の講習会に参加している人達は、
だいたい昨年の4月から始めて入門・基礎を終了し、
今年の5月から始まった中級が来年の2月で終了予定だ。

 この後は、手話通訳養成講座になるのだと思うのだが、
通訳にそこまで要求されるとしたら、とても自信がない。
 この後のコースに進もうかどうしようか迷う。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2010-12-01 10:10 | 手話

東大の銀杏並木

 大手町の紅葉が、今日、例年より1週間遅れで見ごろになったと、
先程ニュースで放送していた。

 今日は、手話のお友達と一緒に、本郷の東大の銀杏並木を見に行った。
e0123206_19561083.jpg

 その美しさは、国内外に広く知られているのか、
赤門のあたりから、修学旅行生らしい若者達の姿や、
ツアー風の団体、それに外国人旅行者などもいた。

 一通り構内を散策し、中央食堂で昼食をとった。
e0123206_1956482.jpg

 午後は、喫茶店でコーヒーを飲みながら、
みんなで、先日の手話の授業の復習をした。

 最後に、近くの旧岩崎邸庭園を見学して帰った。
e0123206_19571163.jpg

[PR]
by suzuran-no-nikki | 2010-11-26 20:03 | 手話
2010年「こひつじクラブ」(クリスチャン要約筆記サークル)主催
クリスチャン要約筆記体験講座【手書き編】 書いて伝える+伝わる=喜び!
日時:11月23日(火・休)10:00~15:00
会場:東京都・北沢タウンホール11階 
(下北沢駅南口より徒歩5分)

 今日は、日曜日の午後にT教会の特別聖会でお会いした、
Tご夫妻が参加されている「こひつじクラブ」という
クリスチャン要約筆記サークルの体験講座に行って見た。

 千葉からだと電車で約1時間半。
 久しぶりの東京は、住んでいた事があるので、
少しなつかしい気がした。

 その要約筆記体験講座には、
難聴者と健聴者と合わせて十数人が参加していた。

 午前中は自己紹介をOHPで流してもらった後、
耳栓をして、聞こえないという体験をしたりした。

 お昼のランチも、声は出さずに筆談でしたり、
いろいろと初めての体験が出来て新鮮だった。

 午後からは、難聴者や要約筆記者の証しがあったり、
ノートテイクをして見たりと盛りだくさんのプログラムだった。

 手作りの筆談ボードを、おみやげに買って帰った。
e0123206_10505094.jpg

e0123206_10512881.jpg

[PR]
by suzuran-no-nikki | 2010-11-23 19:29 | 手話