千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「民数記」でも恵まれる

 今日の祈祷会の帰りの車内で、またI君が良い話をしてくれた。
 いろいろあったのだが、その中の一つを紹介したい。

 最近、I君は、聖書の「民数記」を読んでいるそうだ。
 そして、その「民数記」で恵まれたとのこと。
 「レビ記」・「民数記」・「申命記」あたりは、
正直言って余り面白くない所だ。

 「民数記」は、読んで字のごとく、部族の人数を数える所で、
何部族が何人で、何部族が何人で・・・・・とズらズラ書いてある。
 「そんな箇所で、いったい何が恵まれるんだろう・・・?」と私は思った。

 I君によると、
大きい部族でも、小さい部族でも、それぞれに与えられた土地があった。
 私たちの教会は小さいけれども、あの有名な大きな教会と同じように、
私たちにも与えられた土地がある。
 この話を、牧師のN先生にしたら、「それ良いね!!」と言われたそうだ。



クリックしていただけると感謝です
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2009-02-11 23:52 | 教会