千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

『オバマ大統領就任演説 』(The Inaugural Address of Barack Obama)

生声CD付き[対訳] オバマ大統領就任演説
CNN English Express編
価格:¥ 1,050 (税込)
朝日出版社     2009年1月  
http://www.asahipress.com/bookdetail_lang/9784255004570/

 前回に続き、またある方から、この1月30日に初版が出版されたばかりの
『オバマ大統領就任演説生声CD付き[対訳]』をプレゼントしていただいた。

 これも、前回プレゼントしていただいた『オバマ演説集 生声CD付き [対訳] 』と同じように、発売されてから間もないが、爆発的に売れている本だ。

 リンカーン大統領とケネディ大統領の演説も一緒に収録されている。
 さすがに、リンカーン大統領の演説は、生声ではなくナレーターが朗読している。

 リンカーン大統領の「ゲティスバーグ演説」(1863年)は、
「that government of the people, by the people, for the people
(人民の、人民による、人民のための政治」が有名だ。

 「ケネディ大統領就任演説」(1961年)の中では、
「ask not what your country can do for you;
ask what you can do for your country
(祖国があなたに何をしてくれるかを問うのではなく、
あなたが祖国のために何ができるかを問うのです。)」という箇所がある。

 そして、今回「オバマ大統領就任演説」(2009年)の中では、
うちの教会のN牧師先生は、以下の箇所が印象に残ったとのことだ。

「a man whose father less than 60 years ago
might not have been served at a local restaurant
can now stand before you to take a most sacred oath.
(約60年前には地元のレストランで
食事をだしてもらえなかったかもしれない父親の息子が、
この上なく神聖な大統領就任の宣誓をするために
今皆さんの前に立つことができる)」

 オバマ大統領は、史上初の黒人大統領だが、
就任宣誓において、かつてリンカーンが用いた聖書に手を置いた。

 ケネディ大統領の演説にも、オバマ大統領の演説にも、
聖書から引用した言葉が出て来る。

 やはり、この国は聖書がバックグラウンドにある国なのだなあと思った。

  「真理によって彼らを聖め別ってください。
 あなたのみことばは真理です。 」
                         (ヨハネ17:17)


 クリックしていただけると感謝です
      ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2009-02-05 13:13 | 読書