千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

“その時歴史が動いた”「マザー・テレサ」

 この間の教会のクリスマス・メッセージの中で、
先日放送された、NHK“その時歴史が動いた”
「マザー・テレサ」の話題が出た。

 私は、その番組を見られなかったので、残念に思っていたが、
その後、たまたま上の子がまた38度を越す熱を出し、
おまけに今回は胃腸炎まで併発して、
病院の待合室にいた時に、ちょうどその再放送をやっていた。

 シスターとして修道院にいたマザーテレサが、神の導きにより、
インドの路上で誰からも見捨てられて死んでいく人々を、
引き取り、心を込めてお世話し、その最期を看取る働きを始める。

 大海の一滴のような、目立たなくて無力だと思われたその働きが、
やがて人々の心にも感動を呼び、全世界的な働きとなって広がって行く。

 1979年12月10日、ノーベル平和賞を受賞したマザーテレサは、
その授賞式のスピーチで、「聖フランシスコの平和の祈り」を唱えた。

  主よ あなたの平和をもたらす道具として 私をお使い下さい
  憎しみのあるところには 愛を
  争いのあるところには 許しを
  分裂のあるところには 一致を  (ここまで番組内にて引用)
  誤りのあるところには 真理を
  疑いのあるところには 信仰を
  絶望のあるところには 希望を
  暗やみには 光を
  悲しみのあるところには 喜びをもたらす者として下さい
  慰められるよりも 慰めることを
  理解されるよりも 理解することを
  愛されるよりも 愛することを求める心をお与え下さい
  忘れることによって 自分を見いだし
  許すことによって許され
  自分を捨てて 死に永遠の命をいただくのですから

  *原文*
  Lord, make me a channel of Thy peace that,
  where there is hatred, I may bring love;
  that where there is wrong, I may bring the spirit of forgiveness;
  that, where there is discord, I may bring harmony;  (ここまで番組内にて引用)
  that, where there is error, I may bring truth;
  that, where there is doubt, I may bring faith;
  that, where there is despair, I may bring hope;
  that, where there is error, I may bring truth;
  that, where there is doubt, I may bring faith;
  that, where there is despair, I may bring hope;
  that, where there are shadows, I may bring light;
  that, where there is sadness, I may bring joy.
  Lord, grant that I may seek rather to comfort than to be comforted,
  to understand than to be understood;
  to love than to be loved;
  for it is by forgetting self that one finds;
  it is forgiving that one is forgiven;
  it is by dying that one awakens to eternal life.

 番組の中で、マザーが語った言葉で、心に残った言葉があった。

 「私は決して助けた人を数えたりしません。
ただ一人、一人、そしてまた一人」

 キリスト教の伝道もそうだと思う。
 何人を導いたとか数えたりすることはせず、
ただ一人、一人、そしてまた一人・・・・・



クリックしていただけると感謝です

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2008-12-26 11:20 | 教会