千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

義姉の入院  

  義母が約2ヶ月入院して、ようやく退院となった頃、
主人の次兄から、義姉さんが胸にしこりがあって、
近くの病院を受診したという話を聞いた。

 ほかでも何回か、同じような話を身近に聞いていたので、
最初は、ありがちな話だと思っていた。

 ところが、検査の結果、柏の癌センターを紹介されたとのこと。
 乳がんで、明日から入院して手術することになった。

 義姉さんといっても、私と同い年だ。
 次兄夫婦もクリスチャンだが、3人子どもがいて、一番下はまだ中3。
 手術がうまくいくように、家族が守られるよう祈っている。
[PR]
トラックバックURL : http://suzuranblg.exblog.jp/tb/8156283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by martha2nd at 2008-06-19 10:30
スズランさんの義理のお姉さまの手術が成功するようにお祈りします。乳がんは早期発見されれば治る確率が高いですし、みなさんのお祈りが聞かれますように。私の親類も、息子がまだ高校生ですが、最近胃がんが見つかり、来月全摘手術とのことです。こんなとき、なぜ?と思ってしまいますが、信じる者のためには全てのことを善となしてくださる主に期待します。
Commented by スズラン at 2008-06-19 14:51 x
>マーサさん☆
お祈りありがとうございます。
義兄も義姉もチョット落ち込んでいるようです。
ただ、みなクリスチャンですから、
共に祈りあえることが感謝です。
ある牧師先生が「この世の最上のわざは祈り」
と言っておられました。
マーサさんのご親戚の方の胃がんの手術も
成功しますようにお祈りします。
Commented by さんび at 2008-06-19 22:18 x
実は何回もこの日記にアクセスし、書き込みをしかけては・・
きっと心に思っていることが書けない思いで、日記を拝読しながら
お祈りをしつつ・・・でした。
私は病者本人ですが・・・そして「現状」
生かされている事が本当に不思議な難しい病気との共存
ですが・・・
キリスト者としての深い平安と同時に
人間としての不安・・・

イエス様がゲッセマネで、
もだえ苦しまれたという記事は病者である私には
大きな慰めです。あのイエス様が「わ~い・・・!!
嬉しいなぁ。十字架だぁ!」とは祈られなかった事。
血の汗を流しながらもだえ苦しまれた事。

最善以下をなさることがけっしてない、イエス様にお祈りします。
Commented by スズラン at 2008-06-20 06:37 x
>さんびさん☆
コメントとお祈りをありがとうございます。
本当に病者の思いは、病者本人にしか
分からないものがありますよね。

私はこの3年ほど、ある肺がんの末期の患者さんと
関わりを持たせて頂き、その喜怒哀楽を間近に
見させて頂いて来ました。
この方は、クリスチャンではありませんが
いつも誠実で前向きな姿勢を持っておられます。
私は、この方を通して、たとえ末期のがんだとしても、
人間としての尊厳を保って生きて行けるのだ
ということを感じています。

義姉がどんな所にいても、どんな時でも、
主が共にいて慰め励まして下さるように、
改めてお祈りしました。
by suzuran-no-nikki | 2008-06-19 08:40 | 家族 | Trackback | Comments(4)