千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

義父の病床洗礼のこと

 義母の入院しているF中央病院は、 義父が入院していて召された病院でもある。
 だから、ほんとうは義母も、F中央病院には入院したくなかったようだ。
 今回、近くの病院がどこも満員だったため、 やむなくこの病院に入院した。

 義父は、私たちが結婚して間も無く、心筋梗塞で倒れ入院した。
 もともとは、気管支鏡の検査を受けにF中央病院へ行ったのだが、
検査中に心筋梗塞の発作を起こした。
 そのまま入院となり、半年間ほどして、天に召された。

 主人は兄弟3人ともクリスチャンだったので、
みんなで心をひとつにして、毎日お祈りしていた。
 そして、何とか意識のある時に、義父の意思を確認して、
次兄が通っている教会の牧師先生から洗礼を授けて頂いた。

 今から20年ほど前のことだった。
[PR]
トラックバックURL : http://suzuranblg.exblog.jp/tb/7263514
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さんび at 2008-02-15 09:50 x
お義母様のお具合は、
その後いかがでいらっしゃいますか?
確かに人間って「なんとなく、心地よい思い出」と「そうではない思い出」があるとするながら、「あまり・・心地よくない思い出」の
所とは必要以上に関わりたくない・・という思いが(クリスチャン
であっても)走りますよね・・。

ご主人様のご兄弟皆様クリスチャンでいらしたのですね。
20年前のお義父様のご受洗~ハレルヤ!
Commented by スズラン at 2008-02-15 22:55 x
おかげさまで、義母の具合もだいぶ良くなってきました。

20年ほど前に、義父が倒れたのは、検査に行った病院
でだったこともあり、あまりの突然の出来事に義母は
未だに受け入れられないでいる所もあるようです。
でも、最終的に、主を信じて、洗礼も受けられたのですから、
良かったのかもしれませんが・・・・・

主人の兄弟は、みな主人が通っている教会に、
一度は導かれたのですが、いろいろと事情があって、
それぞれが別々の教会に行っています。
by suzuran-no-nikki | 2008-02-14 21:14 | 家族 | Trackback | Comments(2)