千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

K兄弟の婚約式

 まだまだ寒い日が続く中、
3月13日(日)の礼拝後に、K兄弟とS姉妹の婚約式が行われた。
 K兄弟の大学時代の塾の講師仲間5人や、
S姉妹のお友達のNさんご夫妻と4人の男の子などの、
お客様も何人か出席された。
 
      <婚約式次第>         
                  司式 N牧師
                  奏楽 K姉妹

讃美歌312番「いつくしみふかき」     会衆一同
聖書朗読(=コリントⅠ 13章4~8節)
祈祷
式辞
誓約
記念品交換
祈祷
頌栄                       一同起立       
祝祷

  「愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。
  愛は自慢せず、高慢になりません。
  礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、
  人のした悪を思わず、不正を喜ばずに真理を喜びます。
  すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。
  愛は決して絶えることがありません。」
             (コリントⅠ 13:4~8)

 午後のお祝いの食事会では、
いつものような愛餐会の形式でたくさんのご馳走が並んだ。
 S長老の涙の乾杯の挨拶に続き、お二人の写真スライド付きのプロフィール紹介、
K兄弟がわさび寿司やペットボトルつぶし、アツアツおでん等の試練をクリアして、
S姉妹のもとにたどり着くゲームなど楽しい趣向が盛りだくさんだった。
 塾の講師仲間のM君のあたたかい祝辞も、心に残った。 

 K兄弟のことは、30年位前から知っており、ほとんど息子のように思っていたので、
結婚のため九州に行ってしまうのは、言葉に表せないくらい寂しいけれど、
さらなる主の祝福があると信じて見送った。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2016-03-18 10:36 | 教会