千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

第二礼拝

 このごろ教会では、毎月1回、午後に第二礼拝が開かれている。

 10月6日の日曜日、私は用事があって、
午前の礼拝に出席できなかった。
 それで、この第二礼拝というのに出てみた。

 ちょうど、上の子の職場の知り合いのS先生も参加された。
 若者の多い集会だったので、まず軽いアイスブレイクのゲームがあった。
 それから、讃美の歌を何曲か歌い、N先生のメッセージや、
A姉妹の献金のおすすめ、R姉妹の新曲披露などがあった。

 私は、礼拝の最初に話されたI君の証が心に残った。
 I君は、母子家庭で苦労して育った。
 お母さんは、いろいろな新興宗教に行っては、大変な思いをしていた。
 そんな中で気持ちの荒れていたI君は、中学の時に、
同級生のS君に誘われて教会に来てクリスチャンになった。

 そのI君が、まだ教会に来る前、何も知らない小学生の頃の出来事だった。
 いつものように、さびしい気持ちで歩いていると、ある教会の入口の所で、
「わたしの目には、あなたは高価で尊い。」(イザヤ書 43:4)
という聖句が目に入った。
 その意味は、よく分からなかったが、自分は尊いという言葉に、感動した。

 それから、小学校6年生になって、卒業式で“仰げば尊し♪”という歌を歌った。
 「あおげば~とうとし~・・・・・♪」と歌っている時、
ふと、「ん・・・・・?!・・・・・『とうとし~・・・?!』
この『尊し・・・・・』っていう言葉、知っているぞ!!」と思ったそうだ。

 この式典の、いつもとは違う、厳かな雰囲気、
何か敬うような感じ…これが尊いなんだ!!
 その時、まだキリスト教のことは何も知らなかったけれど、
すでに、神さまに出会っていたような気がするとのこと。
[PR]
トラックバックURL : http://suzuranblg.exblog.jp/tb/21173932
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by suzuran-no-nikki | 2013-10-09 10:25 | 教会 | Trackback | Comments(0)