千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

東日本大震災から1年

 明日で、東日本大震災から1年になる。
 あの時の地面の揺れ、建物の軋む音を思い出す。

 テレビでは、いろいろな特集番組が放送されている。
 先日見た番組では、津波にのまれる直前に、
地方の放送局のテレビが取材した映像だった。

 近くの高台に避難して、とりあえずホッとした表情の人々。
 その人々の、その後を追って取材したところ、
そこに映っていたある男性は、
直後に、すぐ下にある家に母を迎えに行って、
そのまま帰らなかった。

 弟さんが、だいぶ経ってから、離れた場所で、
お母さんと近くにいたお兄さんの遺体を確認した。

 また、別の男性は、実家が金物屋さんで、
ご主人が、お母さんと、この足の不自由な男性を先に逃がし、
ご主人自身はお店のシャッターを閉めようとしていて、
津波にのまれたという 。
 こうした、心やさしい人たちの死に、胸が痛い。

 道徳の教材にもなるという、
最後まで、避難のアナウンスを続けていた、
‘天使の声’の南三陸町の市役所の職員のEさん。

 もう一人の亡くなった職員のMさんは、
直前まで交際していた男性とメールをやりとりしていて、
「ぜってー死ぬなよ!」と呼び掛ける男性に
「死なない!愛してる!」と応えていたそうだ 。

 東日本大震災の、その後は、まだまだ終わらない。

 昨年、母が入院していた病院で、同じ部屋に、
福島から来たというおばあさんがいた。
 「あそこで、まだ見つからない人が、
たくさんいるんだ・・・・・」と言っていた。
[PR]
トラックバックURL : http://suzuranblg.exblog.jp/tb/17495010
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by suzuran-no-nikki | 2012-03-10 11:45 | 家族 | Trackback | Comments(0)