千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

DoingとBeing

 先日の日曜日の礼拝のメッセージは、宣教師のS先生だった。
 新約聖書のルカの福音書10章38節~42節の箇所からで、
“マリヤとマルタ”のお話だった。

 忙しく客のもてなしをしているマルタに対して、
主の足もとに座って、みことばに聞き入るマリヤの
ふたりの姉妹の対照的な姿が描かれている。

 私も、この箇所はちょっと疑問に感じていて、
一生懸命働いているマルタよりも、何故
ただ座っているマリヤが評価されるのだろうと思っていた。

 教会では、いろいろな奉仕をする人々がいる。
 礼拝の奏楽や賛美をする人、パワーポイントで歌詞等を映す人、
音響の人、受付の人、お昼の食事を作る人、お掃除をする人・・・・・

 もちろん、このマルタのような働きもとても重要なのだが、
まず、一番に大事なのは、その心だということ。

 心から主の愛に触れて、その喜びに満たされて奉仕をするなら、
他の人を非難したり、不満を持ったりする発言は出て来ない。
 このマリヤのような心が、最も大切だということ。

 以前、N牧師先生がメッセージで語られた、
DoingとBeingというのがあった。
 N先生はアメリカに留学されていたせいか、
時々英語が出てくることがある。

 その時は、その内容が、あまりピンと来なかったが、
Doing=行動とBeing=心の在り方のことで、
こういう内容のことを言いたかったのかと思った。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2012-03-07 14:36 | 教会