千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

野田新首相

  「えっ?野田さん・・・・・?」
 街頭インタビューでは、そんな反応が多かった。
 私も、ちょっと驚いたが、以前から
わりと近くで見てきた人だったので、少しうれしかった。

 新首相になった野田さんは、千葉県出身で、
うちの子供達と同じ、N中学校の卒業生だ。
 N中→県立船橋高校→早稲田大学・政経学部→松下政経塾の1期生。

 毎日、JRの津田沼の駅前に立って、街頭演説をしていた。
 うちの主人も、その姿を通勤の途中で目にして、感心していた。

 29日に行われた民主党代表選の両院議員総会での演説が印象に残った。

 まず、「貧しい農家の末っ子同士の間に生まれた子どもが、私です。
選挙区が都市部なのにシティーボーイに見えないのは、
そのせいかも知れません。」といった生い立ちから始めた。

 初めて政治を意識したのは、昭和35年、
日本社会党の浅沼稲次郎委員長が日比谷公会堂で刺殺された時。
 母に理由を尋ねると「政治家って、命がけなのよ。」と言われたそうだ。
 その後、保育園に通っているときに、
アメリカのJ・Fケネディ大統領の暗殺のニュースもあった。

 学生時代は柔道部。
 読書家でもあり、時代小説が好きで、そこから政治の素養を学んだ。
 司馬遼太郎から「夢と志」を、
藤沢周平から下級武士の凛としたたたずまい「矜持」を、
山本周五郎から「人情」を学んだとのこと。血の通った政治。
 今の政治は、これらが足りない。

 
 相田みつをの言葉が好きだそうだ。
 「どじょうが、金魚のまねをしてもしょうがねえじゃん。」
 自分は、見ても分かるように、ルックスからしても、金魚にはなれない。
金魚ではなく、どじょうとして泥臭く、汗をかいて政治をする。
どじょうの政治をする。・・・・・と言っていた。

 私は、政治のことはよく分からないし、
いろいろな批判的な意見や、短命で終わるといった予測もある。
 でも今回、地元F市から初めて誕生した首相なので、
しばらくの間、できたら頑張ってもらいたいなあと思う。
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2011-08-31 11:16 | 家族