千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Yさんの快気祝い

 先日、Yさんの快気祝いとして、
おいしいF堂のゴーフルセットが送られてきた。

 クリスチャンのMさんとYさんのご夫妻とは、
以前、Mさんご一家がアメリカから帰国されて、
社宅でご一緒して以来、
もう10年以上のお付き合いになる。

 奥様のYさんは、2006年6月のある土曜日の朝に、
ご自宅で、突然、くも膜下出血で倒れた。
 すぐに救急車で運ばれて、6時間以上もかかる
大きな手術をされた。
 そして、奇跡的に命拾いをして、 半年間ほど入院された。

 あれから、5年が過ぎ、リハビリのかいあって、杖をつきながらだが、
ご自分の足で歩くことが出来るようになった。

 リハビリ病院に入院された日に、看護士さんから、
「いつか、ここを退院するころ、
どんなことができるようになったらいいなと思いますか?」
と聞かれて、
とても無理だとは思ったが
「ピアノをまた弾けるようになりたいです。」と答えたそうだ。

 そして、2010年からピアノのレッスンに通い、
11月にはコンサートにも出ることが出来たとのこと。

 この5年間、ご主人がされてきたYさんへの献身的な介護には、
頭が下がる思いがする。
 そして、お嬢さんの家事全般のサポート、
ニューヨークから飛んでお見舞いに来た息子さんなど、
このことを通して、思いがけず確認した家族の絆もあったようだ。

 何より、ここまで共にいて、守り励まし、
回復させて下さった主に感謝する文で、
同封されたYさんのお手紙は締めくくられていた。
[PR]
トラックバックURL : http://suzuranblg.exblog.jp/tb/15119610
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by suzuran-no-nikki | 2011-07-15 16:34 | 家族 | Trackback | Comments(0)