千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

S姉妹の最後のクラス

 昨日は、10月初めに結婚して、この教会を離れることになる
S姉妹のユースのクラスでの最後のメッセージだった。

 大きく分けて、二つのお話だった。
 一つ目は、ユース・スタッフをしてきた恵みについて。
 二つ目は、今回の結婚について。

 「ですから、兄弟たちよ。ますます熱心に、あなたがたの召されたことと
選ばれたこととを確かなものとしなさい。」(ペテロⅡ1:10)

 ①10年間ほど前に、頼まれてユース・スタッフになった。
最初は、もともと人前で話すことも得意ではないし、
自分のようなものはふさわしくないと思っていた。

 けれども、何年か前に、出エジプト18:1~3のみ言葉を通して、
自分は、「先に送り返されていたモーセの妻チッポラ」のようにではなく、
苦しくても、この手や足が汚れても、
モーセと共に荒野を旅した民のように、
このユース達と共に歩みたいという思いが与えられたそうだ。

 ②結婚については、回りの人達から、何かと言われることもあったが、
自分の人生に常に最善をなして下さる主に信頼して焦りはなかった。
 今、いろいろと考えているユース達もいると思うが、
独身時代に出来ることはたくさんあり、それは将来のために無駄にならない。
 一人一人が、自分の明確なビジョンが与えられるように祈り、
二人が出会った時に、そのビジョンが一致しているのが良いと思う。

 最後に、お二人を祈りつつ導いて来られたN牧師先生より一言。
S姉妹の言葉で、一つ印象に残っていることがある。
 それは、S姉妹が「この結婚が、ユースのモデルになれるようになりたい。」
と言われたことだそうだ。
 まさに、「ユースのモデル」のような結婚だと思った。



 クリックしていただけると感謝です
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2009-09-14 07:02 | 教会