千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

手話講習会(入門)の最終回

 今年の4月から始まった、手話の講習会の‘入門講座’が
昨日で最終回を迎え、全18回を無事に終了した。
 途中で体調を崩された方や、いろいろご都合があって、
25名だった参加者が、最終回では20名だった。

 いつもの授業の後で、一人一人が短く手話で名前と感想を述べた。
 まだ‘入門講座’を終了したばかりの、つたない手話だけれど、
どの人も、この講習会が楽しかったこと、これからも引き続き
頑張って行きたいことなどを一生懸命に表現した。

 それは、K先生がよく言われる、まず伝えたい気持ちが第一という、
どの人もその気持ちがこもった挨拶だった。
 K先生は、あふれる思いをこらえて、一人一人の手話を見ていらしたが、
順番が半分位の人まで来た時に、こらえきれずに泣き出してしまった。
 手話通訳の先生も、つられて涙されていた。

 1回1回いつも心のこもった授業をして頂いて、本当に感謝だった。
 また、皆も言っていたように、多くの良き仲間に恵まれて、
助け合って、ここまで来られたのだと思う。

 最終回の講座終了後は、皆で近くの和食のレストランに打ち上げに行った。
 いつも、お母さんに連れられて講習会に来ている5才の女の子がいて、
授業の間は託児の先生に預かってもらっていた。
 この子が、打ち上げの時は、お母さんと一緒に座っていて、
自分の名前を手話の指文字でK先生に教えてあげていて、とても可愛かった。

 この後、8月はお休みして、9月からたぶん‘基礎講座’に進む予定。



 クリックしていただけると感謝です
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2009-08-08 09:16 | 手話