千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

驟雨(しゅうう)

 昨日は、第4金曜日だったので、毎月1回、
幕張で行われている、中国語の自主研修会に参加して来た。

 体調不良ということでお休みされていた
大学の大先輩に当たるF氏も、何ヶ月ぶりかで出席された。
 昭和18年の卒業だから、もう90才近いお年だと思う。

 私が大学生の頃に、まだ若い講師だったY先生が、
この春、大学を定年退職されたということで、時の流れを感じた。
 F氏は脊椎を痛められたそうで、杖をついて歩かれていた。
 しばらくお会いしない間に、少しやせて年をとられたような気がした。

 途中まで一緒に歩いて帰り、分かれてから、
ある駅のホームで電車が来るのを待っていた。
 近くの木立で、セミが鳴いている。
 蒸し暑い午後の昼下がり、どこからともなく涼しい風が吹いて来る。
 ふと空を見上げると、黒い雲が広がり始めている。
 にわか雨でも、ザーッと降って来るのかも知れない。

 こんな風に、自然の移り変わりや、季節のお天気のことなど、
 若い頃は気にも留めなかったなあ・・・・・。
 自然の移ろいに心が向かうのは、私も年老いた証拠だろうか・・・・・?

 流れて行く空の雲、風にそよぐ緑の木々、草の上を歩む小鳥。
 この次、F氏と、お会い出来るのはいつだろう・・・・・?



 クリックしていただけると感謝です
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2009-07-25 15:59 | 中国語