千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

一笑懸命

  昨日は、ある和食のレストランに食事に行った。
 入ってすぐの席には、子供連れの家族客が座っていた。
 子供は二人かと思ったら、お母さんの脇にもう一人小さな子の姿があって、
合計三人の、五人家族のようで、楽しそうに食事をしていた。

 その隣のテーブルに、たった一人で食べているおばさんというか、
もうお婆さんと言って良いくらいの年配の女性がいた。

 食事が終わって、会計をする時にその女性が、お店の人に何か言っていた。
 その女性が帰ってしまって、しばらくすると、入口に近い家族連れの席に、
料理が追加で一品運ばれて来た。

 先程の女性が、「自分にも孫がいるのだが、良い家族を見させてもらったから・・・・・」
と言って、一品差し入れを頼んでお金を置いていったようだ。
 こんな人もいるんだなあと思った。

 そのお店のカウンターに「一笑懸命」(笑う門には福来る)
と書いた壁掛けが飾ってあった。
 「一笑懸命」=一つの笑いに命を懸けるか・・・・・
何だか、I君とかに聞かせたいような言葉だなぁと思った。



 クリックしていただけると感謝です
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
トラックバックURL : http://suzuranblg.exblog.jp/tb/10668437
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さんび at 2009-07-22 16:32 x
素敵なエピソードのご紹介ありがとうございます。
そして、「一生懸命」の漢字の組み合わせもすてき!!・・・(^.^)

現時点(22日)最新の日記(真珠湾関連の)ももちろん
拝読させて頂いています。イニシャルにはしていらっしゃるものの
なんとなくプライベートトーンな日記が多くていらっしゃるので
コメント差し控えつつ、されど、
更新なさると必ず!!拝読させていただいて
おります(^.^)
Commented by スズラン at 2009-07-22 23:37 x
>さんびさん☆
そういえば、さんびさんは笑い上戸なんですよね。
チョット、意外な気もしますが・・・・・(*^_^*)
いつか、笑いには、NK細胞を増やして、
免疫力を高める効果があると聞きました。
それから、私も、なるべく笑顔を心がけています。
聖書にも「いつも喜んでいなさい。」(テサロニケⅠ5:16)
と書いてありますものね(^^ゞ

このブログは、MIXIの日記をそのまま転載しているので、
このところプライベートトーンの日記が多くなっています。
個人的に、Rさんの救いを祈りつつ日記を書いているためです。
ほんとうは、別の記事を書けば良いのでしょうが、
すみませんが、今しばらく我慢してお付き合い下さい。
Rさんのことも、覚えてお祈り頂けたら感謝です。
Commented by さんび at 2009-07-23 13:27 x
拙い書き込みにいつも、お優しいお返事をありがとうございます。
DMにしようかな?とも思ったのですが、お話の?流れの?
続きとして、あえてこちらに再び書かせて頂きますね。

どなたかの救いをお祈りしながら・・・日記を綴って
いらっしゃる(*^.^*) 私も、共にお祈りさせて
頂きます。過去、私、まったく別のハンドルネームで
綴っていた日記(あちらの方が、証し専門だったかな?)・・・
私はクリスチャンの方が2-3名お読みくださるのかなぁ?という
意識でいわゆる信仰用語もばんばん使って(滝汗)書いていましたら結果的には求道中の方が一番多く読んでくださり・・・
北陸地方の方が、わざわざ会いに東京まで見ず知らずの私を
たずねてきてくださり~教会でお逢いしたのですが当日!救われたり。ネットは色々面倒なことも(滝汗)ありますが、思わぬ方々と
手と手をつなぐことができるツールでもありますね。
コメントを書く・書かないなんてこちらはどちらでも良いのです。
拝読・心を共にさせていただき感謝します!
Commented by スズラン at 2009-07-23 18:12 x
>さんびさん☆
いつも、お心遣いにあふれたコメントをありがとうございます。
わたしもDM にしようかなとも思ったのですが、こちらに
書いてしまいます。

そもそも、私が日記を書き始めたのも、
少しでも証しになればという思いもありました。
ただ、力不足で、むしろつまづきになっているのではと
不安になってしまうことも時々あります。

さんびさんのように、読んでくださった方の中から救われる方が
起こされるようになったとしたら、なんと素晴らしいことでしょう。
さんびさんを用いて下さっている主を崇め感謝します。

そんな、さんびさんのようなブログを目指して、
私も未熟者ですが、がんばりたいと思います。
これからも、どうぞよろしくお願いしますm(__)m
by suzuran-no-nikki | 2009-07-21 22:47 | 家族 | Trackback | Comments(4)