千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

手話の‘入門講座’終了間近

 今日は、手話の講習会の第16回目だった。
 4月から始まった‘入門講座’の全18回も、あと2回を残すのみとなった。

 この次の段階の‘基礎講座’では、別の先生になるそうなので、
今まで教えて下さったK先生に、何か感謝の気持ちとして、
最後に、みんなで歌でも劇でもやろうということになった。

 今回は、比較的やさしい「小さな世界」という曲をやることになり、
今日から、講習会の始まる前の時間に練習が始まった。


 そういえば、息子のS君が中3の時に、手話の選択授業で
「世界でひとつだけの花」を歌ったことがあった。

 S君に尋ねてみたら、今でも結構その曲と手話を覚えていた。
歌いながら身体を動かすと、知らず知らずのうちに手話が身に付くようだ。


 あと、先日の日本プロテスタント宣教150周年記念大会の時に、
会場の右前方で手話通訳が行われていたのを思い出した。

 初心者の私から見ると、皆さんとても上手で、遠くからでもよく読み取れた。
 特に、ある女性の手話通訳者の手話がきれいだった。

 ただ手話がスムーズだというばかりではなく、語り手と心が一つになって、
主に向けられているように思った。
 お話の内容や思いも良く伝わって来たし、その姿が美しかった。

 いつか私も、あんな風に手話で表現が出来るようになりたいナァと思った。


 
 クリックしていただけると感謝です
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
トラックバックURL : http://suzuranblg.exblog.jp/tb/10638091
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by suzuran-no-nikki | 2009-07-17 18:54 | 手話 | Trackback | Comments(0)