千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

『主の山に備えあり』

 今日のH姉妹の‘証し’は、ユースの集会の時間でのものだった。
 良い‘証し’だったらしいのだが、残念ながら、私は聞けなかった。

 それで代わりに、I君から聞いたチョットいいお話。
こんどの夏の学生キャンプで、ユース達が歌うスペシャル賛美の
“Mighty to Save”という曲の中に
「He can move the mountains」という歌詞がある。

・・・・・
 My Saviour, He can move the mountains,
 My God is Mighty to save,
 He is Mighty to save.
 Forever, Author of salvation,
 He rose and conquered the grave,
 Jesus conquered the grave. ・・・・・

 それは、主には山をも動かす力があるという意味だと思うが、
自分には、主が、山を乗り越える力をも与えて下さると感じられるという。

 山のような問題がある時、それを動かしてもらおうとするなら、
また、問題が起きた時には動かしてもらわないといけない。
 そうではなくて、その問題を解決する力を下さるという場合もあるだろう。

 そして、その力は主が備えて下さる!!

  「そうしてアブラハムは、その場所を、アドナイ・イルエと名づけた。
   今日でも、『主の山の上には備えがある。』と言い伝えられている。」
                               (創世記 22:14)


 クリックしていただけると感謝です
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2009-07-05 22:46 | 教会