千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

“JAF Mate”(ジャフ メイト) 7月号

 毎月、家に届くJAF(=Japan Automobile Faderation)
日本自動車連盟の“JAF Mate”(ジャフ メイト)という雑誌がある。
 
 表紙を開けた所のページに、
星野富弘さんの素敵な絵と詩が載っている。

 星野富弘さんは、24歳のとき、体育教師として指導中に頚椎損傷。

 首から下の運動機能を失う。入院中にクリスチャンになる。

 絵や詩は筆を口にくわえて描く。

 JAFの理事をしておられるT氏という方が、
星野富弘さんの高校時代からの親友だそうで、
いつも何か一言、コメントがしてある。

 このあいだ届いた“JAF Mate”の7月号には、
星野富弘さんのチトニアの花の絵と詩が掲載されている。

  「 憎らしいあの人も  見飽きた風景も

  もしも今日で終わりだとしたら  たまらなく愛しい

  だけど今日で終わりなんて  想うだけでも淋しい

  憎らしい人がいていい  退屈な毎日でもいい

  明日が来てほしい 」


 T氏の投語: 
  「 明日が来なくなる日まで、
  あの人も、山川草木も、みんなみんな愛しましょうか 」

 星野富弘さんの答語: 
  「 そうですね。私もこの手足大切にします 」
  
e0123206_1339353.jpg


 クリックしていただけると感謝です
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
by suzuran-no-nikki | 2009-06-24 13:45 | 祈り