千葉在住のクリスチャン。中国語やゴスペルや手話が趣味のスズランが感じたり思ったりしたことの日記。


by suzuran-no-nikki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

“SPEED”の今井絵理子さん

  歌手で“SPEED”のメンバーの今井絵理子さんの
息子さん(4)は聴覚障害者だそうだ。
 生後3日で長男に聴覚障害があることがわかり、最初は泣き続けたが、
あるとき寝顔を見て「この子は私を選んで生まれてきた。
耳のことで泣くのは息子に失礼だ。母の私は笑顔でいる」
と誓ったという。

 昨日の手話講習会で配られた全日本ろうあ連盟製作の
『ゆずり葉』という映画の案内のチラシに載っていた。
 今井絵理子さん自身も、昔の恋人の早苗という役で出演している。

 昨日で8回目になる金曜日の手話講習会は、毎回の実技の学習の他に、
月に1回の講演会がある。
 前回は、「全国手話通訳問題研究会(全通研)」の
千葉県支部の方のお話で、『手話を学ぶにあたって』の概論だった。

 今回は、3名の聴覚障害者の方が、『聴覚障害者の生活』について、
困ったことや、うれしかったこと等の体験を、手話で語って下さった。
 聴覚障害者の方にも、いろいろな方がおられて、それぞれ個性があるの
が感じられておもしろかった。

 チラシにあった今井絵理子さんの言葉で、
「息子を通して障害は個性だということがわかった。
障害は不便だけど不幸じゃないよ、
ということを多くの人に伝えたい。」
というのが心に残った。


   「ですから、私は、キリストのために、弱さ、侮辱、
   苦痛、迫害、困難に甘んじています。
   なぜなら、私が弱いときにこそ、私は強いからです。」
                             (コリントⅡ 12:10)

 


 クリックしていただけると感謝です
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
トラックバックURL : http://suzuranblg.exblog.jp/tb/10293422
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by suzuran-no-nikki | 2009-05-23 10:37 | 手話 | Trackback | Comments(0)